(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

幸福の科学(HS)

ジャーナリストの角田裕育さんが、数年ぶりに『幸福の科学』関連の記事を書いているのを見た。幸福実現党、大川隆法総裁へ捜査波及の可能性も 本部に家宅捜索ニュースソクラ 8月15日(月)12時0分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00010000-socra-soci教祖の大

幸福の科学 ザ・リバティweb 2016.08.05幸福実現党への家宅捜索 宗教の聖域に世俗権力がみだりに立ち入ってはならないhttp://the-liberty.com/article.php?item_id=11748やや日刊カルト新聞 2016年8月8日“幸福実現党本部は宗教施設” 幸福の科学機関誌が世迷い言 http://

当選確実ってこんなに早く出るものかと、びっくりした。午後8時、東京都知事選・投票終了したとたんに、もう決まっちゃうとは。自民党・公明党らが推薦した増田氏が2位、野党らが応援するジャーナリストの鳥越氏が3位。大差で圧勝みたいだな。まあ、裏の顔がえげつない鳥越氏
『東京都知事選 かつて「幸福実現党」と手を組んでいた小池百合子氏、投票終了直後に当選確実』の画像

先般、アンチHS側のS氏が脳卒中で入院され、現在のところは後遺症もなく退院して無事過ごされているという。場合によっては命にかかわる病気なので、いろいろ深く考えることがあったらしい。自分は以前、やはり脳卒中で手術された「幸福の科学」信者さんの手紙を偶然入手して
『脳卒中で入院したある「幸福の科学」信者さんの手紙』の画像

何日かぶりにブログ村「幸福の科学」カテゴリランキングページを見た。注目記事1位として、『アマミちゃんのお気楽にもほどがある日々』の「今更ながら一部にまだ転がってるとある疑問について(追記あり)」http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-12143299613.htmlというトピッ

産経ニュースでこんな記事が上がっていた。2016.2.29 14:00 【野口裕之の軍事情勢】安保法反対デモに見る若者の政治利用を憂う ナチス青少年部や紅衛兵にソックリではないか…http://www.sankei.com/premium/news/160229/prm1602290006-n1.html 東京・渋谷の繁華街で安全
『ほぼ対極のような「幸福の科学」青少年と「SEALDs」。ナチス・ヒトラーユーゲント化して見えるのはどっちか?』の画像

宗教法人「幸福の科学」の公式サイト http://happy-science.jp/いつの間にかまたリニューアルされていた。トップページが邪魔で重い画像だらけになってしまっていて、情報が大変見えにくい。こんなに見づらくなると、ニュース探すのもげんなりする。これでどんな人たちが喜

信者側からアンチと思われている中には、実際には信者、あるいはシンパがいる。今の教団体質・信仰形態を批判しながらも、「幸福の科学」初期の教えを信じている人たちだ。この人たちはいわゆる「アンチ」ではなく、分派みたいなものだが混同される。本来は正しい真理を説く

静かに世界に支部を作っている宗教団体「幸福の科学」である支部紹介サイトを見ると実態はどうあれ、そこそこ増殖しているようだ。webページに埋め込んであるグーグルマップをズームアウトしてみるとドドンと増えた。これは何次元くらいの地球マップだろうか?信者1億人くらい
『「幸福の科学」世界の支部を増殖させてみた』の画像

たぶんだけど、前田関男という人が日本で初めて「幸福の科学」を思いついた人で、書名にしている。ヤフオクにもずいぶん前から出品され続けている本だけれど、なかなか売れない。 農業の発展を求めた富民協会の本だから、副題通り、まさに「自然」に即した生活をして幸福であ
『はじめて「幸福の科学」と名付けた人』の画像

数年前に「日本ブログ村」というカテゴリ別登録サイトを知った(ほかにもブログランキングサイトがある)。 そこにHS(幸福の科学)信者ブログが集まっているカテゴリがあるので、情報収集に利用させてもらおうとしたことがある。だがいくつかのブログを見ているうちに面倒

あっという間に日々が過ぎていく。ブログ放ったらかしになりそうなので、 とりあえずこれでも載せておこう。 (2015/07/30 記) 世界の英雄・偉人の力を身につけて戦うという新キャラクター「仮面ライダーゴースト」が「幸福の科学」系なのか?と、ちょっとだけ話題になっ
『場面ライター・ゴースト(イタコ)』の画像

(2014/12/10 記)-更新 新宗教の教祖、大川隆法(改名前の戸籍では中川隆)の著書、『仏陀再誕』 初版は1989年。 幸福の科学出版 http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=175 2500-2600年ほど前、インドでダルマ(法)を説いていた釈迦・ゴーダマは、
『「仏陀再誕」 ラーマ・クリシュナ VS 大川隆法?』の画像

数年前に書いたメモが出てきた。 ネット掲示板(BBS)『2ちゃんねる』の「幸福の科学統合スレッド」では、どれだけの人がコメントを寄せているのか数えたときのもの。 その当時ネットで知り合ったある信者さんが、こうした掲示板でHS(幸福の科学)教団に対する誹謗中傷が

「HS」と記す場合は、新宗教「幸福の科学」のこと。英名「Happy Science 」の略称。その話題での「アンチ」とは、「反(アンチ)幸福の科学」として教団側を批判あるいは攻撃する側。適当に思いつきで書くので、文章はあとで訂正したりすると思う。 私は以前「幸福の科学

リバティwebにこんな記事が上がっていた。2014.11.23  http://the-liberty.com/article.php?item_id=8800幸福実現党は本格的な宗教政党だが、釈党首は講演の冒頭で、声を震わせながら、こう訴えた。「なぜ安倍首相は、靖国神社の参拝に行かないのか。(安倍首相自身も尊敬す

幸福の科学的「霊言」のネタ元b続き 「0w」変更の場合は http://0w.blog.jp/archives/65012060.html(更新2016/08/16)
『ヒル 第六感』の画像

昭和後期、「成功法則」系の出版が小さな流行となっていた。最初は洋書の翻訳が出て、それをまねた有象無象の国産本が出回ったように思う。若かった自分が何冊か買ってみて、いまだに記憶に残る書名は『成功哲学』。ナポレオン・ヒルの有名な著書だった。400ページほどあるそ

↑このページのトップヘ