(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

医療・健康

ネコ、イヌからマダニ感染症 12件確認、死亡例も : 毎日新聞 【むかしはダニ除けの薬なんて知らなかった】

2021/8/3 09:40
 ネコやイヌなどのペットから人に致死率の高い感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」がうつった例が少なくとも12件確認され、うち1件は死亡していたことが3日、国立感染症研究所などの調査で分かった。原因ウイルスを保有するマダニに刺されたペットがまず感染し、さらに人に広がったとみられる。SFTSに感染したネコの事例は300件超に上ることも判明した。
続き https://mainichi.jp/articles/20210803/k00/00m/040/052000c



厚生労働省  重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html



国立感染症研究所  2021年6月22日
関東地方で初めて感染が確認された重症熱性血小板減少症候群の1例
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrs/10449-497p02.html



マダニ感染症、関東で初確認 致死率6~30%、地域拡大
共同通信 2021/7/3 10:10 (JST)7/3 15:58 (JST)updated
https://nordot.app/783860690599624704




「有効な治療薬やワクチンはない」と…
何年か前、野良猫を保護しようとして噛まれた女性もこれで亡くなったんではないかな? と思って検索したら記事があった。せっかくの好意がかわいそう。

野良猫に触るのは危険!「死に至る病」感染の恐れも
読売新聞 2017/08/31 07:00
 関西在住の50代の女性が2016年夏、連れ帰ろうとした野良猫に 噛か まれて10日後に死亡していたことがわかった。女性は「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたが、主な感染源とされるマダニに噛まれた形跡がなかったことから、厚生労働省はマダニに噛まれていた野良猫から間接的にウイルス感染したとみている。
続き https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20170829-OYT8T50100/



感染は時々あるらしい。軽症で知らないまま治癒した人もいるんじゃなかろうか。
放し飼いの猫も自由に藪の中歩き回っているので、感染は犬より多いのかな。
犬猫がこれで死んだとしたら、遺体を検査しない限り、原因がわからない突然死で困惑するワ。


田舎で犬の散歩していたころは、草むらや藪がある自然の中なので、どこかで必ずダニがつく。あれがマダニだろうと思う。小さいうちはなかなか見つけられない。犬がかゆがっているところをかいてあげる時に見つけることが多い。
皮膚からむしり取ったら、ワンコが見せて見せて、と鼻を押し付けてきて熱心にそのダニのにおいをかぐw 好奇心でいっぱいなのだ。

ダニが血をたくさん吸えば豆粒ほどにも大きくなる。そうなると見つけやすいが、ワンコもかゆかっただろうな。ダニ・ノミ防止か駆除のシャンプーは使っていたけれど、ダニ防止の薬なんてたぶん知らなかったころ。[08/07 一部修正]

鼻腔内にスプレーする吸入型コロナワクチン、動物試験では有効性を発揮 : ダイアモンド・オンライン

〖これが効果あるなら助かる。ワクチン注射は長い針をブッスリ刺されてて、ニュース見るだけで痛そうすぎる〗


2021.7.31 4:25
 動物を用いた試験で、実験段階にある吸入型の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンが、感染予防に有効である可能性が示された。このワクチンは、動物から動物への感染も防御したという。米アイオワ大学小児科、および微生物学・免疫学教授のPaul McCray氏らによるこの研究は、「Science Advances」に7月2日掲載された。

 このCOVID-19のワクチンは、季節性インフルエンザ用の経鼻ワクチンと同じように、鼻腔内にスプレーを吹きかけるだけで接種できる。接種回数も1回で済む上に、通常の冷蔵保存で最長3カ月間、保管可能だ。
続き https://diamond.jp/articles/-/278168

『避妊リング』への偏見に、上原さくらがズバリ その想いに女性から「本当にそれ!」 - grape

grape編集部 2021-07-19

日本でも徐々に認知されてきた、子宮に装着する『ミレーナ』という器具。
避妊効果があるため『避妊リング』とも呼ばれていますが、月経困難症の改善を目的に導入されています。
しかし、男性間での知名度が著しく低いため、ピルと同様に『避妊をするためのもの=遊んでいる人』という偏見を持たれることも。

タレントの上原さくらさんは、ミレーナの導入を公表したことで心ない言葉を受けたといいます。
長年、月経(通称:生理)の症状に悩まされてきたという上原さん。第1子の出産を経ても生理痛が改善されず困っていたところ、医師からミレーナの装着を提案されたといいます。
そして、生理に関する悩みを持っている人や、ミレーナの装着を迷っている人に向けて、公表することを決意しました。
しかし、ミレーナの導入を公表すると、ネット上で批判や中傷を受けたそうです。
続き https://grapee.jp/986414


月経困難症で苦しんでいる人を知っているし、ホルモンバランス悪くて病気になる人もいる。その改善のためにピルだけでなく器具もあることは知っていたが、「ミレーナ」とは何か知らなかったので、検索してみた。最初に目についたクリニックのサイトが分かりやすかったので引用しておこう。

https://mizutori-clinic.com/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%81%A8%E3%81%AF
医)産科・婦人科 みずとりクリニック 水鳥 真和

ミレーナについて

<どんな人にお勧めですか?>
経腟分娩をご経験された方で、
・月経痛がつらくて困る方、
・月経の痛みが増してきている方、
・月経の量が増えてきた方、
・月経前に調子が悪くて困る方、
・不正性器出血がある方、
・避妊が心配な方、
など、お困りの方に「ミレーナ」をお勧めします。


<ミレーナとは?>
「ミレーナ」はレボノルゲストレルという女性ホルモン(黄体ホルモン)が5年間、体の中で続けて維持されるようにした薬剤徐放システムです。
4年前に厚労省が過多月経、月経困難症の治療法として保険適応を認めた、保険診療としては比較的新しい治療法ですが、ミレーナそのものは1990年にフィンランドで開発され、日本では避妊用として2007年から自費で採用されていました。
続き https://mizutori-clinic.com/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%81%A8%E3%81%AF

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

【海外】自分で瞼にピアスをした15歳少女、感染症で死亡 / 鼻ピアスやタトゥーで感染症

海外発!Breaking News 2021.07.11 05:00
自分で瞼にピアスをした15歳少女、感染症で死亡(ブラジル)
インパクトのあるボディピアスだが、穴を開けた部位が炎症を起こしたり化膿したりとトラブルが尽きない。このほどブラジルで、自分で瞼にピアスを開けた15歳の少女が感染症に罹り死亡した。『Agora São Paulo』『The Sun』などが伝えている。
続き https://japan.techinsight.jp/2021/07/ac07101804.html


海外発!Breaking News 2021.02.28
鼻ピアスからB型肝炎ウイルスに感染した女性、重症化し目覚めたら肝移植が終わっていた(米)
鼻に付けた60ドル(約6400円)のピアスによって、38歳の女性が命の危機に晒された。女性は鼻ピアスが原因でB型肝炎ウイルスに感染し、それが重症化して劇症肝炎を起こしていた。『CBS New York』『Mirror』などが伝えている。
続き https://japan.techinsight.jp/2021/02/ac02272244.html


海外発!Breaking News 2018.10.05
胸にタトゥーを入れた16歳が感染症で車椅子生活に お腹の子も流産(コロンビア)
タトゥーやピアス、美容整形については感染症のリスクが常にあり、それが原因で取り返しのつかない事態に陥ることも少なくはない。このほどコロンビアに住む女性が、妊娠中にタトゥーを施術したことから感染症にかかり、悲劇を招く結果となってしまった。『The Sun』『Metro』などが伝えている。
続き https://japan.techinsight.jp/2018/10/ellis08441003.html

抗がん作用期待できる成分、植物の茎から発見 高知の植物園 ー毎日新聞

6/10(木) 13:45配信
 高知県立牧野植物園は9日、名古屋市立大学の研究グループと共同で、キョウチクトウ科の植物の茎から抗がん作用が期待できる成分を発見したと発表した。川原信夫園長は「園が保有する植物資源が研究に貢献できたことは大きな意義がある」と喜んでいる。
続き= https://news.yahoo.co.jp/articles/4d9b414f5e10c12399118f250eafb5510704a953



高知県立牧野植物園の植物コレクションから新たなメカニズムの抗がん剤として期待される成分の発見 名古屋市立大学 論文発表
 名古屋市立大学大学院薬学研究科細胞情報学分野の林秀敏教授、生薬学分野の牧野利明教授、高知県立牧野植物園の水上元園長(研究当時)、名古屋市立大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学分野の飯田真介教授らの共同研究グループは、高知県立牧野植物園が保有する植物ライブラリーの 小胞体ストレス応答1(unfolded protein response: UPR)抑制活性をスクリーニングした結果、Periploca calophyllaの茎から単離された「ペリプロシン」が、UPRを抑制することを世界に先駆けて発見しました。
続き= https://medical.jiji.com/topics/2161

「ゴミ捨て場」と呼ばれる"終末期病棟"での最期 漫画『お別れホスピタル』

漫画『お別れホスピタル』 東洋経済オンライン
沖田×華 : 漫画家  2020/05/02 7:45

誰しもに訪れる「死」を見守る――終末期病棟。
ガン患者と家族、認知症の老人、夫婦の姿――。

そこで働いて2年目の看護師・辺見が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生”をめぐる赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマでした。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代。あなたにとって、家族にとって「生きるとは?」 「死とは?」をストレートに問いかける問題作。『お別れホスピタル』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

(第1話)「ゴミ捨て場」と呼ばれる"終末期病棟"での最期
https://toyokeizai.net/articles/-/345122

(第13話)同時入院した「理想の夫婦」が迎えた衝撃の結末
https://toyokeizai.net/articles/-/380152



・・・・・・
沖田×華さんの作品を初めて見たのは何年も前で、産婦人科に勤めていたころを描いたものだった。そこはかわいらしい赤ちゃんの誕生をよろこぶ場所というだけではなく、数多く中絶され命を終える胎児たちの処置室でもあった。発達障害を持つ沖田さんの実体験をふまえた作品だが、学校を出たてではじめて看護に携わった主人公は自分の仕事に戸惑いながらも実直にはたらく。のちにNHKでドラマ化された。良い作品だった。

それが今回は、患者が必ず命を終える病院、終末期ホスピタルが舞台になっているとは驚いた。沖田さんにはホスピス病棟勤務の経験もあるのか、あるいは取材をもとにした作品なのか。またも考えさせられる状況が描かれている。

8/8 密になろう集会、全員マスクなしで衝撃  ー石山アンジュ



「はたらく細胞」 GYAOでも配信中

アニメ「はたらく細胞」
今年映画化されて上映予定となっている。いまテレビで再放送されているが、GYAOでも配信されるようになった。初回放送時は途中から見たような気がするし、見てても記憶がないのかもしれない。とにかく面白かったので再放送はありがたい。自分の体の中で働いている無数の人たちに、ありがたいなーと思ったり、すごいなーと感心したり。

https://gyao.yahoo.co.jp/p/00548/v12296/
はたらく細胞

『ツレがうつになりまして。』 宮崎あおい、堺雅人 7月1日(水) 00:00 〜 7月21日(火)

配信終了まであと16日
ドラマ版は見た。この映画版も見た気がしたが、予告編だけ見たのかもしれなくて分からなくなった。覚えていないんだから、あとで見たい。

GYAO 配信期間
2020年7月1日(水) 00:00 〜 2020年7月21日(火) 23:59

https://gyao.yahoo.co.jp/p/01029/v00476/

うちの家族は、私とツレとイグアナのイグのちょっと変わった家族だ。ツレは仕事をバリバリこなし、毎朝お弁当まで作っちゃうスーパーサラリーマンだった……。おまけに性格は超ポジティブ……。そんなツレがある朝、真顔で死にたいとつぶやいた! 何があったのツレ? 一体どうしちゃったのツレ?

キャスト
宮崎あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、犬塚弘、梅沢富美男、田山涼成、大杉漣、余貴美子
スタッフ
原作:細川貂々 監督:佐々部清 脚本:青島武



追記 07/10
やっぱり一度見た映画だった。俳優さんや各シーンをあちこち思い出した。しんみりする。
ツレさんの回復と同時に、妻(はる)さんも立ち直っていくドラマだったな。日記を書いてたのは認知行動療法になるからだとは覚えていなかった。大鬱期だと数行のメモを書くことすらとても難しいだろう。

「世界仰天ニュース」という番組で体験談を捏造された人、柏木智帆さん














続き https://twitter.com/chihogohan/status/1265377771334721536

記事
『世界仰天ニュース』のVTR内容に「全然違う」出演者が抗議 「医師からも指摘はされていない」との説明に物議
2020年5月27日 12時20分 リアルライブ
 26日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で取り上げられた女性が、番組の編集に対して抗議している。
 この日、番組は「美を追求した落とし穴&顔面崩壊からの復活2時間SP」が放送され、美を追求した結果の世界各国のさまざまな体験談が取り上げられていたが、最後に紹介されたのが、現在ライターやコラムニストとして活動する日本の女性の体験談。番組では、女性が大学時代にした失恋をきっかけに、「痩せていたら嫌われなかった?」という思いから食に関する本を多く読み、日本の伝統的な食文化に触れ、自身が「良い食べ物」と思った白米ばかりを食べるようになったと紹介した。
続き https://news.livedoor.com/article/detail/18322675/

加藤大臣に過ち認め謝罪が筋と問うも、保健所や国民が悪いかの答弁。ー柚木みちよし


「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】 週刊文春

2020/03/25
「週刊文春」2020年3月26日号に掲載された大阪日日新聞記者・相澤冬樹氏による記事「森友自殺〈財務省〉職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」が大きな反響を呼んでいる。「週刊文春」編集部は完売により記事が読めない状況を鑑み、文春オンラインで全文公開する。真面目な公務員だった赤木俊夫さんに何が起きていたのか。森友問題の「真実」がここにある。
出典:「週刊文春」2020年3月26日号
◆ ◆ ◆

 2年前の3月7日、近畿財務局職員・赤木俊夫氏(54)が自ら命を絶った。安倍昭恵夫人が関与する小学校への国有地格安払い下げが国会で問題となる中、起きた決裁文書の改ざん事件。真面目な公務員は、なぜ公文書を改ざんし、そして死を選ばなければならなかったのか。「財務省が真実に反する虚偽の答弁を貫いている」「最後は下部がしっぽを切られる」。A4で7枚の痛切な「手記」やメモには、その経緯が克明に綴られていた。「隠蔽の安倍政権」の真実がついに明らかに――。

文:相澤冬樹〈大阪日日新聞記者〉

続き https://bunshun.jp/articles/-/36818

靴下でマスク作っている人すごい。簡単。



https://twitter.com/JayendrasPOV/status/1248129751882981376

コロナ感染の森三中・黒沢かずこは「検査してもらえない」大島美幸の夫・鈴木おさむ氏が経緯説明…ネットニュースの感染放置説は「大うそ」 ースポーツ報知

2020年4月5日 6時0分

 鈴木氏は黒沢が先月21日に体調不良を訴えたことから、ネットニュースで「感染していながら2週間も放置していたのか」と非難されたことについて「大うそです」と全面否定。
「病院に診察に行っても、コロナ検査してもらえず。自分で保健所に電話しても、その症状だけだと検査してもらえず。いくつめかの病院で、頼み込んで頼み込んで頼み込んで、ようやく検査してもらえました。やっとです」とつづった。
続き https://news.livedoor.com/article/detail/18072992/





「自分の『普通』嗤われるの嫌」命絶った20歳の女性 届かなかった支援、母の苦悩 ―西日本新聞

2019/5/27 11:55 (2019/5/28 9:00 更新) 
 ≪自分の中の「普通」がその社会の「普通」とズレていることを嗤(わら)われるのはもう嫌だった。突きつけられるのも嫌だった≫

 福岡市で1月、そんな遺書を残し、20歳の女性が命を絶った。対人関係の難しさや感覚過敏などを抱え、短大卒業を前に社会に出る不安を深めていたという。発達障害を疑っていた母親(49)は相談機関を頼ったが、支援にはつながらなかった。生きづらさを抱える人たちに、社会は向き合えているだろうか。
続き https://www.nishinippon.co.jp/item/n/513530/

「お前は所有物だ」女性奴隷で人体実験 偉人の抱える闇 -朝日新聞

香取啓介 2019年6月8日16時00分

 米ニューヨーク・マンハッタンの北東イーストハーレムに面したセントラルパークに、空っぽの台座がぽつんとたたずむ。昨年4月、騒然とする中、台座に立っていたブロンズ像は、ロープがかけられ、撤去された。
 ジェームズ・マリオン・シムズ(1813-83)。南部サウスカロライナ州生まれの医師で、「現代産婦人科の父」と呼ばれる。

 当時の女性は、低年齢や栄養不足が原因で、出産で膣(ちつ)に穴が開く「膣瘻(ちつろう)」(フィスチュラ)という症状に悩まされていた。便や尿が漏れるほか、感染症にもかかりやすくなり、働くこともままならない。

 女性の尊厳や生活の質に関わる症状で、アフリカなど途上国では現在でも数百万人の女性が苦しんでいるが、当時は治療法がなかった。シムズは器具を開発し、フィスチュラの手術を確立した。〔中略〕

ところが彼の功績には、像では語られない負の面があった。
続き https://www.asahi.com/articles/ASM5T224XM5TUHBI002.html

屋外排泄ゼロー東ティモールの成果 ユニセフニュース 255_2017年

屋外排泄ゼロー東ティモールの成果 ユニセフニュース 255_2017年 (1)
続きを読む

”ほぼ失明状態”から…視力が改善!世界初の『iPS細胞を使った角膜の再生医療』 大阪大学が発表 ー関西テレビ

2019/8/29(木) 18:45配信
大阪大学は、iPS細胞から角膜の細胞を作り、目の病気の患者に移植したと発表しました。iPS細胞を使った角膜の再生医療は世界で初めてです。

発表したのは、大阪大学の西田幸二教授らの研究グループです。
レンズの役割を果たす「角膜」が濁り失明する恐れがある「角膜上皮幹細胞疲弊症」。有効な治療法は角膜の移植しかありませんが、移植後の拒絶反応や角膜を提供するドナー不足といった課題があります。
続き https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-18441803-kantelev-sctch

人工血液もうすぐ?費用課題も来年には人で安全性を試験 -朝日新聞

後藤一也 2019年7月25日10時57分
 人工血液を血管に流す――といってもSFのアンドロイドの話ではなく、実際の研究だ。奈良県立医科大学(奈良県橿原市)の酒井宏水(ひろみ)教授(52)は、いつでも誰でも使える人工血液の実用化を目指す。長く保存でき、輸血時に血液型も気にしなくて良い。研究を始めて25年以上が経ち、ヒトで安全性を調べる一歩手前まで来た。
続き https://www.asahi.com/articles/ASM7C3JLDM7CPLBJ001.html

横浜・寿地区「簡宿街」の医師が回る独居老人の看取り -Yahoo!ニュース 特集編集部

2/25(月) 8:00 配信
かつて「日雇い労働者の街」として賑わった横浜市中区の寿地区は、現在住民の約半数が65歳以上、その大多数が生活保護受給者という状況にある。そんな寿地区の独居高齢者に足掛け15年寄り添い、訪問診療や看取りに尽力してきたのが、総合内科の診療所「ポーラのクリニック」院長の山中修医師(64)だ。寿地区ではどのように看取りが行われているのか、その現場を取材した。
続き https://news.yahoo.co.jp/feature/1237
最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/