IRORIO  
  


 さまざまな事情で父親、もしくは母親のいない一人親の家庭で育つ子どもが増えているが、こういった子どもは一般的に“かわいそうな子”というレッテルを貼られがちだ。

ところが新たな調査によれば、例え親が1人欠けていたとしても、子どもたちが感じる幸福度は両親揃っている家庭の子となんら変わりがないことが明らかになった。

続き >>  http://irorio.jp/asteroid-b-612/20140425/130361/