Sarah Zielinski 
for National Geographic News
May 14, 2014

 子ども時代のいじめによる影響は、被害者・加害者ともに一生付きまとうことがある。しかし、5月12日付けで発表されたデューク大学の研究報告によると、ある測定方法を用いたところ、子ども時代にいじめを受けていた人が長期的な後遺症に悩まされている一方、いじめた側は同年代と比較して健康的であることが分かったという。

続き >>  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140514001