9月10日 10時17分

アルツハイマー病の原因とされる特殊なタンパク質が、30年前まで使われていた薬剤の投与によって、人から人に感染していた可能性があると、イギリスの研究チームが発表し、さらなる研究の必要性を呼びかけています。
これは、イギリスのロンドン大学などの研究チームがイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表しました。
研究チームは、子どもの頃、身長の伸びに問題があったため成長ホルモンの薬剤を投与され、その後脳の組織が破壊される難病、クロイツフェルト・ヤコブ病を発症して死亡した、36歳から51歳の患者8人の脳を調べました。
続き >>  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150910/k10010224521000.html