2015年10月07日 東京夕刊

 ◇医師 正しい情報と寄り添う気持ち示し、信頼関係築く努力を
 ◇患者 病気と向き合う準備不足なら「時間がほしい」と伝える

 「すぐにがんは再発する」「この薬も効かない」−−というような患者の心に傷を残す医師や看護師らの暴言や態度は「ドクターハラスメント(ドクハラ)」と言うらしい。一方、医師の言葉で患者が治療に積極的になり、良い結果につながることもある。医師の言葉の重み、患者とのコミュニケーションについて考えてみた。【庄司哲也】
続き >>  http://mainichi.jp/shimen/news/20151007dde012040002000c.html