2016/5/31 18:30
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/05/31268224.html?p=all
眠れない、食欲がない、落ち込む......。ストレスの多い現代社会にうつ病患者は増えており、世界保健機関(WHO)が日本を含む先進17か国で実施した国際調査によると、10~20人に1人が生涯にうつ症状を経験するという。

そのうつ病の改善に、ウオーキングと呼吸法を組み合わせた方法が効果的であるという研究がまとまった。米ラトガース大学のブランドン・オーダーマン博士らのチームが米精神医学誌「Translational Psychiatry」(電子版)の2016年2月10日号に発表した。
続き >> http://www.j-cast.com/healthcare/2016/05/31268224.html?p=all