2021年6月24日 14時50分
 1998年に和歌山市で4人が死亡した毒物カレー事件で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した林真須美死刑囚(59)の再審請求で、死刑囚が最高裁への特別抗告を取り下げたことが24日、分かった。20日付。再審開始を認めなかった和歌山地裁の決定が確定した。
 これとは別に、林死刑囚の弁護人を務める生田暉雄弁護士が5月31日付で新たな再審請求を和歌山地裁に申し立てている。
続き https://www.tokyo-np.co.jp/article/112502


【娘さんやお孫さんが亡くなって大きな心境の変化があったようだ。弁護士は、ほかに真犯人がいると主張している】