2021/06/13
生まれつき肌や髪の色が薄い、遺伝子疾患アルビノのライター・雁屋優さん(25)には、忘れられない思春期の記憶があります。「ふつう」ではない見た目が、学校で「特別扱い」されたこと。自分は「髪を染めろ」と言われないのに、元々髪色が薄い他の生徒は、黒髪にするよう指導される……。そんな状況に違和感を覚えたそうです。13日はアルビノへの暴力、差別、偏見をなくすために、国連が定めた「国際アルビニズム啓発デー」。誰もが生まれ持った容姿を認められる社会をつくる方法について、雁屋さんのエッセーから考えます。
続き https://withnews.jp/article/f0210613002qq000000000000000W0f410801qq000023176A



備忘録・雑記_応援クリック