2021.01.03(Sun) 渡辺 陽

大阪府内のある町のゴミステーションに回収されなかったゴミ袋があった。猫ボランティアのAさんが偶然発見して中をのぞくと、4匹の子猫が入っていた。まだへその緒がついていて、生後間もない子猫だった。〔中略〕

その日は月に2回ある資源ゴミの回収日だった。おばあさんと立ち話をしていたら、ゴミの回収が終わったあとなのに、ゴミステーションに緑色のビニール袋が残っていた。不審に思って中をのぞくと、紙袋が見えて、何か黒いふさふさしたラビットファーのマフラーかぬいぐるみのようなものが入っていた。しかし、次の瞬間、Aさんは、それが子猫だということに気が付いて慌てた。
続き https://maidonanews.jp/article/13995574