2021年1月7日 木曜 午後0:30
福島県内で発掘された出土品としては、最高レベルとされる大発見があった。
全国的に注目されるそのワケとは!?

山の中では“あり得ない”人骨の発見
福島県文化振興財団 遺跡調査部・吉田秀享さん:
第一印象はウソ。ウソだっていうのが第一印象。あり得ないので

訪れた人が食い入るように見つめる、約4,000年前の遺物の貴重な展示。
2020年1月に限定公開された、縄文時代の出土品だ。

貴重な縄文時代の出土品の数々
全国的に珍しいのが、赤い漆が塗られた土器。
「第一印象はウソ」…これがその正体なのか?

発見されたのは、福島・川俣町の「前田遺跡」。

福島県文化振興財団 遺跡調査部・吉田秀享さん:
普通は山の中の遺跡ではあり得ません

山の中ではあり得ない発見、それが「人骨」。
前田遺跡では、40体以上が見つかったという。
続き https://www.fnn.jp/articles/-/123774