「殺したのはオマエだ」滑稽なる三島由紀夫、50年目の実像
『清義明』 2020/01/01


 美輪明宏が、ある日、何かの用事で都庁に出掛けた折、その当時都知事だった石原慎太郎と出くわしたときのエピソードがある。
 部下に囲まれて現れた石原は、美輪を見つけると近づいてきて、喰(く)ってかかるように
 「三島(由紀夫)を殺したのはオマエだ」と絡んできたという。
 美輪はこれに動じず、「ああそうよ、次はアナタを呪(のろ)い殺してあげるわ」と言い返した由。なかなか圧巻な話である。
続き https://ironna.jp/article/14059


〇三島由紀夫の評論や回想録で異彩を放つものに、石原慎太郎の『三島由紀夫の日蝕』(新潮社 1991年)がある。
 雑誌「新潮」に初出掲載時、サブタイトルには「その栄光と陶酔の虚構」とつけられていた。これが発表されたのは出版に先立つ1990年。三島の没後20年の三島の特集号で、今から30年前の話となる。


〇「三島を殺したのはオマエだ」と石原慎太郎が喰ってかかったのは、美輪明宏が肉体的虚弱をからかって、後の異様な肉体ナルシシズムへの道を開いたことと、もう一つある。それは、ある時美輪が三島に霊がついていると脅したことだ。その霊の顔が見えるという美輪に、三島はどんな顔だと尋ねると、軍服を着ているという。それを美輪は、天皇に弓引いた逆賊とされ刑死した2・26事件の首謀者の一人、磯部浅一と告げた。三島事件の前年のことである。