2020/10/17
太古のロマンが生み落とした異形の駅舎
「駅に土偶がめり込んでいる!」。そんな感想を抱かざるを得ない、謎の構造物が生まれた秘密に、巨大物写真家・半田カメラさんが迫ります


敷地内に巨大な「土偶」がそびえている――。そんなエピソードで、全国的に注目を集める駅が青森県にあります。地元から出土した遺跡が由来という、ロマンあふれるルーツを持ちながら、かつては周辺住民から「怖い」と恐れられました。しかし、その存在を愛する人々の手によって管理されるうち、観光資源として欠かせなくなったそうです。30年以上、古里とともに発展してきたモニュメントの魅力について、大きな物を撮り続ける写真家・半田カメラさんにつづってもらいました。
続き https://withnews.jp/article/f0201017000qq000000000000000W0eq10801qq000021949A