竹野内崇宏 2020年1月13日 18時10分

 沖縄本島に生息する絶滅危惧種のオキナワトゲネズミなどの希少種が、ネコに捕食されていることが、琉球大学や国立環境研究所などの研究チームによる調査でわかった。ネコのふんを分析して判明した。同チームは、ネコが本来いない地域であるため、人間が捨てたネコが希少種の存在を脅かしているとみている。
続き https://digital.asahi.com/articles/ASMDW6FF6MDWTIPE01M.html