2019年12月28日 土曜 午後5:00

フジテレビの梅津弥英子アナウンサーが向き合っていたのは、早稲田大学に通う19歳、飯田芽生愛(めいあ)さんだ。
長野県から上京し、現在ワンルームで1人暮らしの彼女は、日々、学業と部活のチアダンス、そしてアルバイトに精を出す普通の大学生だ。
しかし彼女は壮絶な“過去の経験”をもつ。
義理の父親からの虐待だ。
梅津の問いかけに、芽生愛さんは虐待の日々を静かに語り始めた。

飯田芽生愛さん:
雪の日とか普通に、雪の中を引きづられ、寝る場所も、冬にあえて玄関のドアを開けて、玄関に寝かされた。
水シャワーという罰があって、風呂場でずっと顔に水を当てられる。息ができなくなるが、逃げてもシャワーをもって追いかけられる。
続き https://www.fnn.jp/posts/00049525HDK/201912281700_primenewsSunday_HDK