10/28(月) 18:17配信
哺乳類は急激に大型化、植物の多様になったタイミングと一致
 恐竜の時代を終わらせた大量絶滅の直後、生命はどのように復活したのか。その概略が、米コロラド州で見つかった数百もの化石から明らかになり、10月24日付けの学術誌「サイエンス」に論文が発表された。

 発掘された化石は、保存状態の良い少なくとも16種の哺乳類のほか、カメ、ワニ、植物など。大量絶滅から100万年後までに生息していたと見られる。
続き https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00010001-nknatiogeo-sctch