9/24(火) 11:24配信
犬猫「殺処分ゼロ」 その裏に隠されたボランティアらの苦悩や模索
〔中略〕
 2013年に動物愛護法が改正され、殺処分をできる限り減らして最終的には「ゼロ」にする目標が盛り込まれました。そして自治体が取り組みを強化した結果、2007年度に犬猫あわせて30万頭近かった殺処分が、17年度には約4万3000頭にまで減少しています。

 ところが、「殺処分ゼロ」の裏には、それぞれの自治体やボランティアらの苦悩と模索があります。動物愛護週間(9月20~26日)に合わせ、その実態から今後を考えてみましょう。
続き https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010000-wordleaf-soci