米山正寛 2019年8月29日02時00分
 エチオピア北部で、約380万年前のアナメンシス猿人(アウストラロピテクス・アナメンシス)の化石を、米独などの国際研究チームが発見した。顔がはっきり分かる状態のものは初めてという。英科学誌ネイチャーに29日、論文が発表された。

 この猿人はアウストラロピテクス属の中で最初期に出現した種とされている。人類進化の道筋への理解を進める成果だ。
続き https://digital.asahi.com/articles/ASM8X4K0YM8XULBJ011.html