2019/9/3(火) 17:56配信
 中学校で剣道部の顧問の男性教師が稽古中、男子生徒に鼓膜に傷がつくケガをさせた上「もう片方も聞こえないようにしてやるぞ」などと暴言を浴びせていました。

 岐阜県の高山市教育委員会によりますと、今年3月、市立日枝中学校で剣道部の顧問の男性教師(31)が稽古中に当時2年の男子生徒に面を打ったところ、竹刀が生徒の左側頭部に当たりました。

 男子生徒は左の鼓膜に傷がつくケガをし後日、男性教師は「もう片方も聞こえないようにしてやるぞ」という趣旨の暴言を浴びせたということです。
続き https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00024158-tokaiv-soci