2019年3月4日(月) NHK
日本との親善に尽くした台湾の外交官が、去年9月、自ら命を断った。発端は、関西地方を襲った台風21号。空港で孤立した旅行者への対応を巡って、ある“情報”がネットに書き込まれ、SNSを通じて拡散。それを基に台湾の市民やメディア、政治家による厳しい批判にさらされたのだ。ところが、亡くなった翌日、拡散した情報は“フェイクニュース”であったことが公になった。外交官の死が、私たちに訴えかけるものを徹底取材した。
続き https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4256/index.html

出演者に森達也氏 (映画監督)、この人もちょっと危ないとこあるようだがな?



あっという間に日々が過ぎ去る。何にもできずに1日おわっていく感じする。予約録画したテレビ番組も見てないのが数十。政治関係は疲れてもう見なくなったけれど、あとの社会派ドキュメンタリー番組は見たい。けど真剣に見ると気力体力が持たなくなってしまい、だんだん後回しになってしまうのだ。
今月初め放送のこの番組もやっと見れた。日本と沖縄を愛してくれた大使さんが本当にかわいそうでショックだった。



備忘録・雑記_応援クリック