2019年1月27日 19時38分
 「殺してやる」「黙れ」――。

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅マンションで死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、近くに住む複数の住民が1年ほど前から心愛さんの自宅の方から、男が怒鳴る声を日常的に聞いていたことが27日、朝日新聞の取材で分かった。

 心愛さんが遺体で発見されたのは24日深夜。近所の40代主婦によると、最近も「うるさいんだよ。お前は」「死ね」「殺してやる」という男の怒鳴り声が聞こえた。1、2週間前からそうした声を聞く頻度が増し、「バン、バン!」と何かをたたくような音が聞こえたこともあった。
続き http://news.livedoor.com/article/detail/15934561/