2018年05月22日 15:58
 アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、22日、加害者の宮川泰介選手が都内で会見を開いた。
(中略)
井上コーチに「お前をどうしたら試合に出せるか監督に聞いたら、"相手のクオーターバックを1プレー目で潰せば出してやると言われた。"潰しに行くんで僕を使って下さい"と監督に言いに行け」との指示を受けたという。井上コーチはさらに「関学との定期戦が無くなってもいいだろう。クオーターバックが怪我をして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう。これは本当にやらなくてはいけないぞ」と念を押され、「髪型を坊主にしてこい」とも指示されたという。
続き http://blogos.com/article/298859/