2018年1月5日05時00分
 「男性稼ぎ主モデル」から「女性活躍」への変化の波があります。取り残されていると感じる非正規シングル女性の内なる声に耳を傾けました。

 昨年12月上旬、関西地方の下町の一軒家。契約社員の女性(45)は夕飯後、食卓で母(78)が父(78)に漏らした言葉を偶然、耳にした。  「あの子、弁当袋を新しく縫ったんよ。まだ私に作らせる気やわ……」
続き https://digital.asahi.com/articles/DA3S13300356.html