2017.9.5 07:25

 ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。化合物の作用で神経細胞の増殖が促され、ダウン症の症状が改善されるという。

 将来、出生前診断をした人の胎児を対象とした薬剤の開発につながる可能性がある。ただ、人の胎児で臨床研究を行うことの是非など、早期の実現には倫理面で課題がある。
続き
http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n1.html



2017.9.5 08:10
新化合物「アルジャーノン」、出生前のダウン症改善に光 現状は94%が人工妊娠中絶 ただ実用化には「社会的ハードル高い」

 現状では根本的な改善方法がないダウン症。京都大の研究グループが発見した新たな化合物「アルジャーノン」は、将来的には胎児期にダウン症を改善できる可能性がある。だが、妊婦への投薬やダウン症の“治療”には倫理的課題もあり、実用化には時間がかかりそうだ。
続き
http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050015-n1.html