この夏、AV出演強要被害を防ぎたい。プロモーション動画「あなたがいやなら断ることができます」を公開。 伊藤和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長 8/11(金) 12:26 https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20170811-00074409/





◆動画は見ていないが、だまされた女性たちには、恐怖で断れなかったという事情がある。
・タレントやファッションモデル等の契約をし、撮影現場へ連れて行かれる。
・現場でほぼ監禁状態にされ、AV撮影を強要される。
・断れば契約違反として数百万の損害賠償などと脅される(AV撮影をする契約は無いのに)
・撮影をどれだけ拒否しても、承諾するまで何時間でも監禁状態に置かれる。洗脳状態にされる。
・複数の男性に囲まれて逃げられない。断ると集団暴力を受ける恐怖。
・後日警察等に被害を届けると、撮影グループ側はこう主張する。
 「本人から問題なく撮影の承諾を受けている」
 「暴力行使はしていない」
 「鍵をかけるなどの監禁はしていないから嫌ならいつでも出て行けた」など。