【12月6日 AFP】国際移住機関(IOM)は6日、イスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)およそ2万1000人が、ミャンマーでの暴力から逃れるためにここ数週間で隣国バングラデシュへ脱出したと発表した。
  10月初旬以降、ミャンマー軍による弾圧が続く同国西部ラカイン(Rakhine)州から逃れるロヒンギャたちが押し寄せているバングラデシュでは、国境付近での警備が強化されている。
続き http://www.afpbb.com/articles/-/3110417