(分かりやすく書かねばなおさら混乱すると思って書いたけど、長ったらしくなっただけかもしれない。)


ブログ村のHS信者数名で長期対立があるようで、私にはどうでもよいことだから興味は無い。ただ何かっちゅーとうちに絡んでくるめんどくさいのがいたので、その対処をしてきた。

この前はアンチのソフィアから、批判するなら発端からの経緯を読め、みたいなこと言われたが、知らんがな、そんなこと。私は先般ソフィアが迷惑行為をしているのを実際に見たから、それについてはいけないことだと言ったまでだ。過去に何があったかなんて、そりゃ別の話だ。目の前で駐車違反しているのを注意したら、「他の奴らもやっているのになぜ俺にだけ言うんだ」と逆切れする奴がいる。人のせいにしたがる連中ってそんなものだろう。


正義感が何とかとも言われていた気がするが、何だ、その得体のしれない骨董品は。セイギカン?その缶詰はうまいのか?正と偽を誰が決めるの? ソ連の正義とアメリカの正義が対立して戦う、共産主義の正義と資本主義の正義が反発しあう、イスラム国の正義と欧米各国の正義が爆弾ばらまいて殺しあう・・・その正義って何なのだ? どこが旨味なんだ? 
前置きが長くなった。ともかく、幸福ブログ村の抗争はそんな感じで果てしが無かったんだろう。



何日も前の話。ソフィアによると、『平成松下村塾』(PHOENIX)ブログのエントリ「低級霊媒体質の母と共産主義者の弟と、共に生きてこそ、今の我あり」http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-1136.html コメント欄で、PHOENIXらが悪口を言っているという事だった。それで読んでみたんだが、全く悪口とは思えなかった。ただ迷惑受けたと思う人たちが連絡をとりあっているだけだった。私から見ればごく常識的なやりとりだ。しかし疑わしいところもいくつかあるので問い合わせた。

そして平成松下村塾ブログさんから長いコメントをいただいた。だが私が質問したのは単純なことなのに、その答えは無かった。だからざっと目を通しただけで今のところは再読する気にならない。気が向いた時にでも読み直す。うちへ来たソフィア側からのコメントでそのあたりについて何やら書いてくれている。

大雑把に見ての感想。
PHOENIX氏とレオ氏のコメントやり取りには一点大きな勘違いがある。アンチのソフィアと信者のポン吉を同一視しているところだ。これが何年も前からバカのいっちょ覚えで延々と引きずられてきたわけだ。ソフィア側が多重ハンドルでうろつきまわった迷惑行為の結果でもある。

同ブログのコメント欄には、最初に自称「めたぼふぁん」から意味不明なAAが投稿されている。それをPHOENIX氏は【嫌がらせ書き込み】と書いている。私でもそう思うが、問題は誰がその書き込みをしたか。だからコメント投稿者のIPについて問い合わせたのだが、彼は迂闊なのか答えたくないのか返事がない。ともかく犯人はポン吉であり、彼に迷惑しているという話の流れになっている。実際はソフィアの迷惑行為なのだが。

ソフィアの方では、「ポン吉が不当に悪口を言われている」と思っているが、相手側は「ソフィアの迷惑行為」に怒っているだけである。偽名を使って人のブログにいやがらせ書き込みをするからこういう面倒がおこる。


次、「ポン吉がPHOENIX氏の親族を巻き込んだ」という話。これにも明確な答えがなかった。それで実際にはどうかというと、「ご親族が勝手にポン吉と面談しようと考えているだけ」だった。そうでしょう? こういういい加減な話をブログに上げて、ポン吉が騒動起こそうとしているように断罪するのは『平成松下村塾』側の迷惑行為だと思う。


追記1
対立の原因はどうあれ、現在のポン吉氏本人による一部信者ブログへの批判文もなかなかに強烈だ。それなりに反撃を受けるのは仕方ない。


追記2 06/19 00:05
上の追記1は、文章がまずかったのか、誤解されているような気がする。ポン吉くんがコメント欄でやたらと張り切ってるやんか~~。私ゃポン吉くんの支持をしているわけじゃないからね。そうやって強烈な批判を続けていると、相手からもまた反撃があるかもよってこと言いたかったのだ。・・・逆に全く相手にされなくなる可能性もありそうだけどさ。