『仏教聖典』 講談社学術文庫

仏教聖典

仏教聖典
著者:友松円諦
価格:1,350円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


友松氏が『阿含経』をもとにまとめられた旧著が文庫化されたもの。内容が充実している。文字が小さいのが辛いのだが、その分収録量が多いのでお買い得だと思う。文語体なので読みにくいという人もいる。自分は愛着があって好きだけど、集中力が衰えてしまった今では読むのが大変な量。

ウィキペディア 友松円諦(ともまつ えんたい)
1895年(明治28年)4月1日 - 1973年(昭和48年)11月16日)
日本の宗教家、仏教学者である。幼名は春太郎。全日本仏教会創立者。
商品説明より

苦悩に満ちた古代インド社会の中で、敢然として求道・布教に起たれた釈尊の姿を、最古の諸教典を素材とした格調高い文章で再現する。原始仏教のみずみずしい生命力が漲っている本書は、現代の人々に真の安心への道を説き示し、勇気と希望を与えるだろう。全日本仏教会の推薦を受け、広く各宗にわたって支持され、また篤信の人々によって全国津々浦々にまで普及せしめられた仏教聖典の決定版。まさに、万人のための座右の書である。
文庫: 441ページ 出版社: 講談社 (1981/8/6)

『アマゾン』なら中古本が 100円程度からある。