アーカイブ

2019/12

週刊文春 「韓国軍に慰安婦」記事は山口記者の捏造か ー週刊新潮 2017-10-26

カテゴリ:
週刊文春「韓国軍に慰安婦」記事は山口敬之の捏造か【検証1】
社会 2017年10月31日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/10310801/?all=1


山口記者の週刊文春「韓国軍にベトナム人慰安婦」記事はやはり捏造だった
社会 週刊新潮 2017年11月9日神帰月増大号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11170801/?all=1


 「韓国軍に慰安婦」記事は山口記者の捏造か 週刊新潮 20171026 (1)





  

カテゴリ:
〈アンチHS=反幸福の科学〉

しばらくこのブログの更新止めてしまっていたが、ネット上のぽん吉はちょこちょこ見ていた。こちらで相手にしなくなってから、次第に彼のネット荒らしが少なくなっていった。私がかまってやらないので、対抗心が薄れたのかどうか?

最近の5ちゃんねるでは、彼のHS誹謗コピペが日に数回でおさまっている。それらはどれも「反ぽん吉勢」の2人か3人から毎度突っ込みいれられて終わるので、馬鹿をさらしているだけという状態。私もたまに参加していたし、過去に私が書いたものが、ぽん吉コピペに対する反論用としてコピペされていることがよくある。


彼のツイッターの投稿は、いつのまにか止まっていた。最近はブログの方を日に数回更新しているようだ。彼の投稿内容は幸福実現党と付き合いのあったN国党立花氏を中傷するものとなり、次にはHSへの攻撃ではなく、様々な犯罪記事へのリンクに変わっていった〔タイトルしか見ないので不明だが、ブログには記事転載しているのかもしれない〕。元々犯罪が好きなオッサンで、以前から災害とか犯罪記事で一人盛り上がるという陰湿な人物ではあった。またTOCANAなどの胡散臭い記事を信じ込むことが多いようで、いつまでたってもカルト信者レベルのままだ。

そしてつい最近では、以前の攻撃コピペとは違った、抑え目な善人気取りの駄文を書くようになった。たまにではあるが、そうなると今後また彼のなりすましや多重アカウントに騙される人が出るかもしれない.
だからたまにはこのブログも更新しておきたい。うっとおしいんだけども。ずっと前から彼の嘘、でまかせ、ごまかしで触れていないものがたくさんあるので、それも残しておきたいのだが、実にめんどくさい。あんなのにかかわる時間がもったいないんだけど、仕方ない。



 追記 一部訂正した
ぽん吉のツイートが11月半ばで止まっていたのに今日気づいた。代わりにブログをちょこまか更新していた。そのタイトルをツイートだと勘違いしてた。
  

カテゴリ:
2019年11月19日 07:07
肉や魚、人によっては米や野菜も含むかもしれない。私たちが口にする食べ物は、“いのち”を犠牲にしたものも少なくない。命を食べて命は生きる――。〔中略〕

大阪府貝塚市に、牛の飼育から屠畜、さらには店頭販売までを家族ぐるみで行ってきた精肉店がある。「牛がかわいそう」「残酷だ」。そんな理不尽な言葉やいわれなき差別に苦しみながら、大切に飼育した牛を食用にするかけがえのない作業を担ってきた。

精肉店はドキュメンタリー映画の舞台ともなった。映画を追体験するように店を訪ねてみた。出会ったのは、差別に向き合いながら何よりも人や動物の命を大切にし続けてきたある一家の姿だった。
続き https://blogos.com/article/418170/



「にくのひと」上映中止事件 ストーン・リバー
大阪芸術大学の学生の満若勇咲さんが制作した「にくのひと」の上映会を豊中で行ったのは、2009年3月19日で、上映後、満若さん本人の話と参加者の意見交換をした。そのときのレポートで次のように書いた。〔中略〕

 「また、フィルムが作品として世にでたことによって、作品は彼の思惑や予想を越えて、作品として一人歩きをする。だから、『啓発映画にはしたくなかった』という彼の思いも越えて、啓発映画としての役割も持たされることにもなることも避けられない。作品が含んでいる問題は多様で、いろんな切り口からの議論を呼ぶことも必然だ。逆に言えばそれだけ、いい作品だということだと思う。」

ところが、「週刊金曜日」990号(5月9日)を見て驚いた。ノンフィクションライターの角岡伸彦さんの「にくのひと」の公開中止をめぐるレポート(全6ページ)があったからだ。

それによると、2011年春の一般公開に向けた準備のさなかの2010年10月中旬に、「地元の部落解放同盟S支部が『内容に問題がある』として『待った』をかけた」と言う。満若さんは、「部落解放同盟兵庫県連合会幹部の立会いのもと、食肉センターがあるS支部の支部長、書記長らに会った。
続き https://burakusabe.exblog.jp/20692978/
  

このページのトップヘ

見出し画像
×