(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

2018/10

「宏洋」対「幸福の科学」動画・記事リンク

教団職員がヒロシ居宅を訪問したというビデオはまだ見ていない。
そのほかもざっとしか見ていなくてよくわからないが、最後にヒロシが、これ以上何か言ってきたら、職員の不祥事をばらすぞと脅迫して終わっているようだ。理事長・副理事長をやってきたので、隠し事を知っているという。

ヒロシも職員や信者さんたちを長年だまして高額のお布施を奪ってきておりながら、あくまでも自分だけはキレイだというスタンスであるw 僧衣を被ったナンチャラは本人のことでもあるブーメラン発言。
教団としてはこれまでの彼への反論はすでに終わっているし、公式発表はもう無いみたいだ。あとは内部でこの件がどう説明されるのか。



2018/08/23  HIROSHI宏洋
宏洋です。youtube始めました!


2018年10月2日 HIROSHI宏洋 
宏洋の人生ゼンツッパ!! ※炎上注意!!※宏洋は幸福と決別したのか?!
https://www.youtube.com/watch?v=pF1r0EpljJc
(後日、ARI Production株式会社 による著作権侵害の申し立てにより削除された)

2018/10/23  HIROSHI宏洋
【再掲】【炎上注意】宏洋は幸福の科学と決別したのか!? 宏洋の人生ゼンツッパ!!



2018.10.05 | 広報局
「大川宏洋氏のYouTube動画」についての幸福の科学グループ見解


2018年10月5日 ニュースタープロダクション
弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の動画配信映像について


2018/10/07 HIROSHI宏洋 
【炎上確定!!】幸福の科学の公式見解に対する宏洋の公式見解  宏洋の人生ゼンツッパ!!


2018.10.09 | 広報局
「宏洋の公式見解」についての幸福の科学グループ見解


2018/10/15 HIROSHI宏洋
【恐怖映像】なぜバレた!?「幸福の科学」の職員が新居に突撃してきた 【宏洋の人生ゼンツッパ!!】


2018.10.16 | 広報局
大川宏洋氏動画「『幸福の科学』の職員が新居に突撃してきた」についての幸福の科学グループ見解 


2018.10.19 | 広報局
大川宏洋氏動画「『幸福の科学』の職員が新居に突撃してきた」についての幸福の科学グループ見解(その2)


2018年10月19日 ニュースター・プロダクション
弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の代表取締役解任の経緯について


2018/10/23  HIROSHI宏洋
【謝罪】「幸福の科学と決別したのか!?」動画が削除されてしまった件について【宏洋の人生ゼンツッパ!!】

HSの大川裕太・雲母夫妻は離婚していたの?

ツイッターのほうで、「幸福の科学」教祖の子息大川裕太さんと雲母さんが離婚しているという話が上がっていた。本当だとしたら、結婚は1年ほどしか持たなかったということかな? すると大川家は父親の隆法氏、長男宏洋氏とともに3組が離婚経験者になる。長女も以前論文コピーでひと悶着あったし・・・ゴタゴタが多い家族だ。
HSの教え、親子が霊界で約束して生まれるというのを私は信じないし、教祖の子として育つのは大変なプレッシャーだったと思う。せめて末娘さんくらいはおだやかに暮らしてほしいものだ。




その他
http://spiruna.blog.fc2.com/blog-entry-3013.html
「幸福の科学」教祖三男 大川裕太さん雲母さんが離婚? [きゅーちゃん]

港区・児童相談所反対の声から浮かび上がるこの国の「分断」の巻 -  雨宮処凛

BLOGOS  2018年10月24日 12:05
 東日本大震災が起こる直前まで、この国で話題になっていたニュースを覚えている人はどれくらいいるだろうか。
 それは「大相撲の八百長問題」。もうひとつ、ワイドショーを賑わせていたのは「タイガーマスク」運動だ。(中略)

 さて、そんな話がある一方で、最近、悲しいニュースを目にした。
 それは、南青山に児童相談所が建設されることに対して、住民たちが反対の声を上げているという報道だ。
 建設されるのは、児童相談所だけでなく、DV被害者を一時保護する母子支援施設など。どちらも貧困の取材をしていればよく耳にする施設であり、また、その数の足りなさが問題となり続けている施設でもある。子どもと女性の命を守るために、そしてその後の生活立て直しのために、とても大切な役割を果たす場所だ。

赤ちゃんが泣いてしまって、めっちゃ周りに謝ってるママに男性が「うるせーなはやく黙らせろよ」「電車乗るなよ」って



続き  https://twitter.com/dendename/status/1052875027446550529

大山古墳:仁徳天皇陵の発掘調査始める 宮内庁と堺市  毎日新聞

2018年10月23日 10時11分
 宮内庁と堺市は23日、日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(仁徳天皇陵)=同市堺区、全長約500メートル=の発掘調査を始めた。歴代天皇や皇族の陵墓で、宮内庁が外部機関と共同で発掘するのは初めて。
 大山古墳は宮内庁が仁徳天皇の墓として管理するが、学術的には確定していない。調査には、堺市の学芸員1人が発掘や報告書作成に参加。墳丘周囲の三重の濠(ほり)で、最も内側の堤(幅約30メートル)の南東部に計3カ所、調査区を設定し、幅2メートルの溝(トレンチ)を掘る。遺構や堤の状態などを把握し、将来の護岸工事に活用する。



「幸福の科学」期待の女優・雲母(きらら)を排除し潰したのは、大川宏洋の虚栄心か? 

HS教団・大川隆法氏の長男ヒロシ(宏洋)氏による教祖・教団批判が原因で、できるだけ穏便に解決しようとしていたヒロシ本人の悪行を公表せざるをえなくなった教団と関連事務所。「教団は異常、自分だけは常識人」のふりをして名声を得たかったヒロシは、結局自分の首を絞めたわけである。


先日ニュースタープロダクションから「弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の代表取締役解任の経緯について」という声明が出ていた。自社タレントを守るために元代表の恥をさらさねばならなくなった事務所もいい迷惑だ。一連の騒動で、立つ鳥あとを濁さず、なんて言葉を聞いたが、宏洋はとんでもないことをしたもんだ。後足で砂をかけるってやつだな。

【弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏が、一連の動画配信において誤解を招く発言を一方的に繰り返しており、誠に遺憾に思います。これらの品性がなく破廉恥な動画が、弊社の社会的信用を著しく毀損するとともに、結果として所属タレントの営業活動に支障をきたしつつあるため、ここに同氏を代表取締役社長から解任せざるをえなかった経緯をお示しします。】


その中にこんな一文がある。
【「自分は霊能者で、女性タレントの生霊が自分に取り憑いている」との思い込みが激しく、その女性タレントを長期間地方に送ったが、間違った判断であることがその後判明した。】

宏洋は自分が優れた霊能者だという高慢さがあったと見える。女性タレントの生霊に憑かれたと言うので(こちらから見れば自意識過剰)、そのタレントを結果的に排除した。ではそのような被害を受けた女性は誰か?

 すでにタイトルに入れているように、もしかすると雲母(きらら)さんではないのか? 詳しい情報も無く思いつくのは彼女だけ、ニュースタープロダクションー後に同教団系列のARIプロダクションに移籍ーでトップポジションにいた雲母、教祖三男裕太氏の配偶者。一般人がほとんど知らないであろう小事務所の中では、彼女はそれなりに芸歴のある女優で期待されてきた。テレビのウルトラマンシリーズにも出演経験があるという。

先般の教団映画で、大川宏洋が知名度のある清水富美加を入れて主演を張った「さらば青春、されど青春。」が信者たちに大変期待されていた。当然これにも出演予定だった雲母だが、公開された映画には全く登場しなかったという。今はプロダクションのホームページからも消えてしまっている。

そのころネットでは、雲母さんが魔に入られ、どこかの精舎で修行されているという話もあった。もしこの情報が本当であったならば、生霊として主役の宏洋に取り憑く(設定)女性タレントととの符号が見えてくる。

俳優としてそれなりに実力のある雲母の存在を、宏洋は邪魔になったのではないかと、彼の腹黒さが判明した今は思うのだ。ヒロシは主役である自分と清水富美加の二人のみに注目してほしかった。それで信者たちに人気のある雲母の存在が邪魔になり、生霊としてとり憑いてくるという設定を考え、排除し、彼女の活動の場を潰したのではないだろうか。もちろん単なる直感(思いつき)でしかなく、事実は不明だ。しかし被害にあった女性タレントは実在する。そのショックから復帰できるのだろうか。


私は対立する双方の声明をごく大雑把に読み聞きしただけなので、分析できるわけではない。それでもヒロシには奇妙な面がいくつもあるのは分かった。教団の批判される部分も分かるが、それは昔からのことだ。今は、元教団幹部級の人間でありながら自分だけ良い子ぶっりこしたい彼のことに触れたのみ。

「幸福の科学」と縁を切りたい教祖の長男「宏洋」氏の化けの皮がはがれていく。教団を脅迫してみたもののジワリジワリと。

ユーチューブの「宏洋」(ヒロシ)チャンネル、適当な嘘をよくあんなにベラベラまくし立てるもんだなと思い、次の動画では彼の醜さに驚いた。HS教祖の長男、ヒロシ君と呼ぼうと思ったが、あんな人なら今後は呼び捨てで良いな(たかが爺さんの独り言ブログだしw)。まともにやり直そうというのなら応援する気にもなるが、腹黒すぎる。

ヒロシは教団の世間ずれした部分を叩くことで自分の問題を隠そうとしてきた。ネットで見るに、宗教にうとい多くの人がいとも簡単に騙されている。なんと、反カルトの弁護士たちまでもだ。なんだこの尻軽ぶりは。ヒロシに共感している世間の人たちはたいてい信者たちを馬鹿にしているようだが、「そういうアンタらも信者を笑えないよ」という気持ちがふつふつと湧いてくる。思うことがいくつかあるのだが、文章にまとめるのがしんどい。

ヒロシは教団の闇を知っているんだと脅迫して、自分の悪事を隠そうとしてきた。そのまま逃げ切れるつもりなんだろう。しかし、だんだんと化けの皮が剥がれている。今日は、前に代表やっていた芸能事務所からも抗議的な声明が上がっていた。今はこのリンクだけはっておこう。

弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の代表取締役解任の経緯について
https://newstarpro.co.jp/2018/4097/


反幸福の科学(アンチ)のポンキチは「連続殺人未遂犯」だ。教団関係者を次々と狙ったカルトな狂人。

反幸福の科学・性犯罪者ポンキチのツイッターアカウントは現在【心、悠々。@pFERUReF6b07nim】https://twitter.com/pFERUReF6b07nim/ 2019/03/04 <アンチHS=反幸福の科学 >

先日、アンチのポンキチがピアケンと仲間割れをして殺し合いをしていると書いた。それ以前に彼がやっていたのが、幸福の科学教祖や教団・幸福実現党職員などを殺す暗殺計画だった。ポンキチは幸福の科学をカルトだと言っているが、そのポンキチのほうがもっと邪悪なカルト体質なんである。

で、その独りカルトのポンキチがやっていたことは(以前何度か書いてきたが)、常識人ならだれでも驚くバカ丸出しの「呪殺」であった。彼はネット掲示板やツイッターで延々と呪いの図を投稿し続けていた。何百回、もしかしたら千回を超えたかも(知らんけど)。「5ちゃんねる」にもその片鱗が残っている。もちろん自宅でも必死に死ね死ねと念じていただろう。

我々から見れば、そんなことで人を殺そうなんて愚かしい限りだが、本人は超真剣。大昔の人ならいざ知らず、ほんのしばらく前まで確実に殺す気でやっていた・・今も陰でやっているかどうかは不明。
ポンキチの「呪殺」は、ただのポーズではない。相手の首を締めるのと同然の行為で、念力で殺せると信じて実践しているのだから、これはもう連続殺人未遂という犯罪だった。現実的ではないと人は笑うだろうが、本人には強烈な殺意があってのことだ。
その呪符というのは、以前の仲間、悪魔主義のピアケンに教えてもらっていたらしい。洗脳されていたようなものだが、どっちもどっち、異常な人間はひかれあう。

気に入らない市井のHS信者を何年でも誹謗し続け、名の知れた信者は殺す。サイコパス・ポンキチのどす黒い魔性の一片だ。こんな屑人間たちに騙されて擁護し続けたアンチHSの楽山日記とソフィア。彼らは愚かなことにポンキチを高評価して持ち上げ、増長させた。だが何も反省などしていないだろう。自分たちがカルト人間に騙されて力を貸したという現実が理解できていないのだから。

邪教信者ポンキチの悪行 もくじ-13

邪教信者ポンキチの悪行 もくじ-12
http://0w.blog.jp/archives/75977253.html


清水富美加(千眼美子)さんが枕営業をしていたというガセネタ、西原理恵子さん本人が否定しているマンガ。

51%bot がつぶやいていたポンキチ退治のコメント

嘘つきアンチ4人を批判した「へのへの」を批判中傷し、嘘を書いた「楽山」。 そろいもそろって、何だね、こいつら。

『幸福の科学』への攻撃から「手を引く」と約束していたポンキチが、1週間でまた逆戻り。批判・誹謗の連投していた。

幸福の科学信者NZKを怨むピアケンが 彼女(たち)を皆殺しにするように、と また悪魔なことを考えた。相変らず妄想ひどいな。

悪質アンチのポンキチ、約束破っていまだに5ちゃんねるコピペ荒らしと小金儲け
2018-06-20  http://0w.blog.jp/archives/76052635.html

「相手にしつこく絡んで悪魔だとか犯罪者だとか言って貶し」ているアンチ(反幸福の科学)のポンキチがブーメラン・リツィート

悪魔信者のポンキチ爺さんが必死 正義の戦いをしているつもりの中二病爺さんよ、いい年して恥さらしなことで。

アンチHSのポンキチが言う。「サイコパス(キチガイ)は嘘が現実に移行してゆく、これ精神病患者に多く見られる傾向」だと、まさに彼自身の傾向なのだが。

反幸福の科学(アンチ)のポンキチが、また掲示板に男性器アスキー画を連続投稿。変態爺さんは止まれない。

アンチHSのピアケンが「私には幸福の科学滅亡計画の指揮権がある」と言っている。自分の手柄にしたいエゴイストの一人。


アンチHSのピアケンが「私には幸福の科学滅亡計画の指揮権がある」と言っている。自分の手柄にしたいエゴイストの一人。

アンチHS=反幸福の科学。

元幸福の科学信者でアンチのピアケンが、まだあきらめきれず寝言を言っていた。
以下は彼のブログから。

【祝】大川宏洋が覚醒したのはわたしのせいです 
ピア健 with ビリケン-ブエル軍団の魔術・異世界・パラレルワールド研究所

Q.大川宏洋の洗脳が完全に解け覚醒したのはわたしが仕掛けた魔術戦のせいでしょうか?
イシュタル→YES ビリケン→YES ブエル→YES バフォメット→YES ベルゼベブ→YES アガリアレプト→YES 女神ペレ→YES ノストラダムス→YES アブラメリン→YES 空海→YES 平行宇宙連合トップ→YES
 続き https://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12410450811.html

幸福の科学滅亡計画の進捗状況 
ピア健 with ビリケン-ブエル軍団の魔術・異世界・パラレルワールド研究所

対コーフク魔術戦から、撤退した今でもわたしには、幸福の科学滅亡計画の指揮権があり、教団にとってわたしは、悪魔長になることをお忘れなく。
魔術戦の撤退は終わりではなく、教団滅亡カウントダウンの始まりです。
 続き https://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12410462919.html

自分が一番偉いんだぞ、と。教団滅亡するのは自分のおかげだぞと。
幸福の科学滅亡計画の進捗状況は、約94.2% だそうだw

このピアケンの使い魔みたいなことをしていたポンキチは、ネットに無数の誹謗や呪いの図を発信しつづけてきた。それで手は尽くしたから、HSがつぶれるのは時間の問題だと寝言いってた。現実的には何もできないくせに自分の手柄にしたい奴らが手を組んで、その後仲間割れして殺し合いとなった。・・・狂信者の二人だから、呪い合戦で真剣に殺し合っていたのだ。マンガではなく、現実にこんな愚かな人間がいるのだから驚く。でも、いつまでたっても生きている二人。そりゃあ人間いつかは死ぬけれど、それを自分の魔力だと思うんだろうな。自分を高次元な超能力者だと思いあがった二人は、閉じた空想の世界で発狂を深めていった。

宏洋さん、還俗前の最後の講話でも、強い強い信仰心を言葉に出し、涙まで流してました。

「宏洋」動画チャンネルにあったコメントを保存しておく。
誤字 ×講和→講話と訂正してある。
海姫 8時間前

幸福の科学の見解を見ました。
宏洋さんの以前の、講話の一部が出てましたね。

わたし、この講話だけなんですが、両方共、拝見したんです。
・・・宏洋さん、あの内容全部明かされたら、こんな風に言えるんでしょうか?
言論の自由はありますが、自由に伴う責任は取らなくてはなりません。
宏洋さんは、あの講話の内容、忘れたと言って責任逃れしてますよね。

教団は、なんで、ハッキリと信仰宣言をして、更に、聴いていた人達にも「信じてください!!!」と繰り返し訴えたことは出さないんでしょうか?
実に不思議です。
還俗前の最後の講話でも、強い強い信仰心を言葉に出し、涙まで流してました。
講話の最後には「必ず、ここに帰ってきます!!成長して戻ってきます!!待っていてください!!」と、沢山の信者に対して宣言してました。
 
あの言動は、ただの職員の仕事だなんて、全く思えませんでした。

宏洋さんだって、充分、嘘つきまくってるじゃないですか!?

わたしは、こんな嘘、平気でつきまくるなら、本当に、何もかも全部、公にして欲しいです。

全部、さらけ出して、本気で教団と訴訟でも何でもして、戦って欲しいです!!
〔以下略す〕


こちらでは事実確認はできないが、以下のようなコメントもあった。
pi te 14 時間前

【宏洋の元部下】より証言
あなたがクビになった理由は自社女性タレントに手を出して教団を私物化しようと画策したところが主な理由。あんた嘘ばっかりだね。心当たりないわけないじゃん。あんたこそ照魔の鏡に照らし合わせてみたら?言っとくけど電通やドコモの女の子とかもみんな知ってるからね?時間は守れない。撮影の仕事には酒の匂いがプンプン。仕事より女との都合を優先させる。こういった社会人以下の人間が世間で生き残っていく術はありません。こういった当たり前のことも出来ず、不平不満を募らせたのは宏洋。
今はともかく「宏洋が信者だった」という事実は映像として残っているので、かねてから信者でなかったというのは当てはまりません。嘘つき宏洋くん、次はぐうの音も出ない反論くるよ?
 

「幸福の科学」大川教祖の長男「宏洋」くん、必ず教団に戻って来ると泣いていたそうだが、あの変わり身のひどさ。

「幸福の科学」大川隆法教祖の長男、宏洋(ひろし)氏がユーチューブで教団相手に強気の反論をしていた。自分が批判されたことを、嫌がらせだとか迷惑行為として「人に迷惑をかけるようなことをするな、幼稚園で習わなかったのか」と怒りの声をあげている。

だがその発端となったのは、宏洋氏が「職員を辞めている」等の発言だ。教団からしたら、それが虚偽であるというわけだから、迷惑をかけたのは宏洋氏だという認識なのだ。そのへんが生まれてこの方おだてられて育ったお坊ちゃんには理解できないのらしい。自分中心なのだ。(教団から見れば)さまざまな中傷を始めたのは宏洋氏なのだから、それに応じるのは当然の成り行き。原因あっての結果だ。


アンチ側で面白がっていて、ヒロシ君は憑き物が落ちたような顔になったというコメントも見たが、私の感想は正反対。魔物にとり憑かれたような醜い顔が印象に残ってしまった。怒りでおかしくなっているのだろう。あまりの下劣さにドン引きした。信者の反感を買うかもしれないが、蛙の子は蛙、親がアレなら、子もアレだわ、と思った。しかし両親はどぎつい人だが、人前で宏洋氏ほどの醜態さらす事は無かったろう(この「親」を両親どちらかに限定してもらっても良い。隆法か、きょう子か。そうすると私は信者とアンチのあいだの安全地帯にいられるかも、、無理か)。

宏洋氏による教団批判が含まれる動画はこれで2編めか?  彼が辞めたいというのなら、それはそれで決断を尊重すべきことだ。事実を語るのであれば批判も大歓迎だ。しかしデタラメなことをペラペラしゃベりまくってまで自分を正当化しては、教団を責めながらも自ら同じ穴のムジナだと証明しただけである。ああ言えば上祐かと思ったw

私が最初にひっかかったのは、今回の辞めた辞めないの話よりも、何年も前にいったん職員を辞めた事について。おそらく教団のコネで清水建設に入社したのだが、そのとき宏洋氏は信者たちの前で、泣きながら「必ず教団に戻ってきます」という意味の話をしたそうである。聞いていた信者たちがそんな作り話をしたとは思えない。彼は本気だったはずだ。

その当時は職員辞めたということでアンチたちが「よくやった」と喜んでいたような記憶がある。しかし私は違った。だって必ず戻ると泣いているんだから、ばかばかしいことだった。
それがここのところの動画で宏洋氏は、清水建設に入社して定年になるまで働こうと思っていたら呼び戻されたのだと言っている。軽薄な人だ。
今までエルカンターレ信仰をせよと説いていた側でありながら、自分は関知しないかのような横柄な態度。一度も信仰したことが無いというのならば、彼は信者をだまし続けた人間だったということである。その反省心が全く見られない。


・ここに動画サイトからコメントを引用していたが、次のトピックに移した。
宏洋さん、還俗前の最後の講話でも、強い強い信仰心を言葉に出し、涙まで流してました。http://0w.blog.jp/archives/77215555.html

「もうおねがいゆるして」5歳娘に反省文書かせて虐待殺人!捜査1課長も涙の発表会見

「ママ もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりももっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるして ゆるしてください」

わずか5歳の女児が覚えたばかりののひらがなで書き残した言葉だ。今年1月から死亡するまでの間に書かされたとみられている。
東京・目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が両親の虐待の末に死亡した事件で、警視庁は父親の無職、船戸雄大容疑者(33)を保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で逮捕した。

食事はスープ1杯、真冬のベランダに放り出し
結愛ちゃんは今年(2018年)3月2日、意識不明の状態で病院に搬送され死亡が確認された。体重は5歳児の平均20キロの約半分の12キロしかなかった。顔には殴られたアザがあった。
続き http://news.livedoor.com/article/detail/14830185/
記事検索
最新記事
当ブログのなりすましに注意。外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等のハンドル名を持つ醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続。(2016/11~)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク

http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
PVアクセスランキング にほんブログ村