(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

2018/06

認知症の母と車イスの弟 “W介護” の果ての悲劇、容疑者となった兄の献身愛


「お兄さんはとてもいい人でね。世の中にこんないい人がいるのか、というくらいお母さん思いで、弟さん思いのとてもやさしい、温厚な人。弟さんを殺すなんて今も信じられなくて……」
 と同じマンションに住む主婦は声を震わせた。

「突発的にやってしまった」
 別の住人男性も、「認知症を患ったお母さんの介護をされていました。介護する側はついキツイ言葉遣いになったり、怒ったりしがちといいますが、お兄さんが怒っている姿は1度も見たことがない。ホントに素晴らしい方です」と話す。
 そんな、やさしいお兄ちゃんの犯行だった。
続き https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180605-00012523-jprime-soci

江戸時代の日本や北朝鮮で餓死者続出の理由 --- 八幡 和郎

6/5(火) 16:10配信 アゴラ
江戸時代を暗黒時代だとか北朝鮮に似ているというと、むきになって反論する人がいるが、そういう人は、明治維新による最大の成果の一つが餓死者がほとんど出なくなったことだということにどう答えるのかといったことを、『江戸時代の不都合すぎる真実 ~日本を三流にした徳川の過ち』(PHP文庫)(https://amzn.to/2LiyMke)で詳しく論じたので、そのエッセンスを紹介する。

日本の江戸時代は天明・天保・享保の飢饉などがあって、本当に何十万人もの「餓死者」が出ていた。天明の飢饉では、全国で30万から50万人の死者が出て、弘前藩では、人口の三分の一が餓死し、人口は半減した。地方分権が徹底していたので、特定の地方で食糧不足が起きると本当に死者が出た。
続き https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180605-00010002-agora-soci&pos=4

コーヒーの木、ほぼ枯れている 泣

5年ほど育てたコーヒーの木、昨年鉢の植え替えをしてから元気がなく、新しい葉も全く出なくなった。さらに今年になって古い葉が少しづつ落ちてしまった。一時は若芽が出てきたと喜んでいたもののそれだけですぐに成長が止まってしまった。いまや残る葉はあと3枚だが、これも茶色に枯れてしなびている。それでも復活を願っているのだが、無理だろう。ゆっくりと悪くなるばかりだ。

前に何かで植物の記事を読んだら、植え替えするときには根回りの土を全部崩して取り、すべて新しい土に入れ替えるように書いてあった。古い土をつけたままだと根腐れするからだという。でそれをやったのが間違いだった。自然に生えている草木だって、根回りの土は同じままじゃないかよ。庭の雑木の植え替えも、根回りしっかり固めて丸ごと移すじゃないか。自分はいったい何を読んだのだろう。

水や肥料の量変えたりしてみたけれど、だめだった。根回りを固めてみたけれど、それも遅かった。最初から植え替えのやり方がまずかったのだな。一時は元気出てきてたと思ったのだがなあ。私が悪かったのは間違いない。彼らは自分で動けないから、苦しくても何もできない。草木はかわいいけれど、もう買わないことにしようかな。申し訳ない。ごめん。

外を歩くと、ツツジ・サツキがおわり、今はアジサイなどが咲いている。枇杷の実も膨らんできている。

ブログ分けるとちょっとばかり面倒なんだよな

ずいぶん前に幸福の科学非難の悪質アンチについて書くために作ったへのへのブログ、すぐに飽きたけど維持するために他のメモ日記ブログなどをまとめて更新していた。それがだんだん邪悪なポンキチの悪行記録になってたまり、たくさんの過去記事を読んでくれる人があらわれた。それでまた自分のメモ日記などが邪魔になると思ってこっちのブログに移した。・・・と、あっちやったりこっちやったりしておる。

ブログを複数に分けても、カテゴリ変えるだけのようなつもりで続ければ良いと思っていた。でもやっぱり違う。あっちのブログでHS関係のこと書いていたら、こっちのブログのことはもういつの間にか気にとめなくなっていたのだ。何でも忘れていくから、ちょっとしたことでも書いて残しておこうとは思うのだが、気力がわかないなあ。

追記 2021/07/15
悪質ぽん吉用ブログは別にしてあるので、このへんのメモ日記はへのへのに戻すことにした。放置ブログを残しているのが気持ち悪い。

私のことを批判する人物に批判的コメント返したら「外から見て批判できるものでは無い」と外から批判された。何だソレ。


横から出てきて、さらっとひどい批判封じをしてくれるアンチがいた。私のことを以前から批判している人物について批判的コメント入れ返したら、「外から見て批判できるものでは無い」と外から批判されたのだ(ややこしい?) 外から見て批判できるものでは無いなら、カルト宗教団体みたいだね。

まあ、この人に特に文句があるわけじゃないので、あまり気にしなくていいですよ。
信者の言う事なら、ちょっとしたことでも批判するアンチたち(全部とは言わん)。だがアンチ同士では逆になる。つまらないことでも庇いあったり、ヒドイことを言っているアンチを見ぬ振りして言わせ放題ということがある。



先日、楽山日記の「いいね」についてちょっとコメント入れていたら、http://0w.blog.jp/archives/75850674.html
あとでアンチ同士でやりとりしていた(これ、ポンキチのリツィートで知ったという)。それが奇妙にド外れた対話で私を批判しているのでバカらしくなる。まあ、楽山日記じたいがもともとそうなんだけれどね。



@hinacoccoro氏はこういう。
「いいね というのは、そのように、他からはわからない、人それぞれの思いがありますから、外から見て、それを批判などできるものではないですよね。」

・・・これは自分勝手な批判封じだよ。コメントをそのまま当人や同意者にお返しする。
どんな事でも、言葉・行為一つに人それぞれの思いがあるのは当然(例外もあるだろうが)。それを「外から見て批判できるものでは無い」などと分かった風なことを言っていたら、どんなことに対しても、何一つ意見は言えない。私だって、楽山日記が私を批判している空想とは全く違う意味でトピックを上げている。その理由を分かりもしないで、@hinacoccoro氏こそ外から見て批判などできるものでは無いだろう。裏バカターレも「またおまえか」と突っ込んでいるが、君こそ掲示板でヒドイことを色々していたのに何言ってるんだ? いいなあ、裏の顔持っててw


楽山日記2 @jiyuu2018
こりゃあ、徹底的に嫌われてしまってるなあ。
・邪悪なポンキチを純粋だと評していたソフィア=ブリュンヒルデが、楽山日記を紳士だと。それによろこんで食いつく気持ち悪さ。

ひなこ@hinacoccoro 返信先: @jiyuu2018さん
私だって、この場合はいいねボタン押すと思いますよ。そんなのにいちいち気持ち悪いとか言ってたら キリがないですよね。ツイッターは気軽にいいねを押したりするものなんですから。楽山さんは紳士だと思います。気にされませんように。*^-^*🍀

・・・へのへの
「そんなのにいちいち気持ち悪いとか言ってたら キリがないですよね。」って、いちいち言うはずがない。私を批判している人物である楽山日記の、この場合のやり取りに気持ち悪いと書いているだけだよ。話をオーバーに広げてはぐらかさないで欲しい。


@hinacoccoro氏のコメントに楽山日記はこう答える。
楽山日記2 @jiyuu2018 
ありがとうございます! 自分としては、「楽山は紳士」ではなく、「への爺、そこは見誤り」という方を意識してたんですよね。私は誹謗中傷コピペは支持してないぞ、へのへのさん見誤ってるぞという感じで。でもへのへのさんには、紳士と褒められて有頂天になってると解釈されたみたいですね。

・・・へのへの
有頂天になっているって、なんで私がそんな馬鹿げた解釈をするのかね?  楽山日記には、このように、へのへのは馬鹿げた解釈をする愚かなヤツだと発想する高慢さがある。前にも私の思いもしないことを空想したあげく、それをトンチンカンに批判していた。見下しているからこういう事をするわけだ。どうせ、そんなことは思っていないと言うのだろうが、見てのように発言に現われている。

だいたい私は彼が紳士かどうかなんて特に問題にしておらず、全体的なやり取りの無神経さをわらっているだけだ。有頂天になっていたら「いいね」だけで済ませるはずがなかろう(hinacoccoro氏にも紳士だと言われて、そうでも無いけどありがとうと言うような謙虚さは無いが)。悪質なポンキチを純粋だと判断したソフィア、ホラ吹きだったソフィアの軽い言葉に、どこに正しさがあるのか。長い馴れ合いもあったにしても、そのような人の言葉になぜ軽くつながれるのか。

「紳士」なんて凡人同士でその呼称を使うことは気持ち悪いが、先日の画像にコメント入れているように、楽山日記というのは「大概はふつうの人間」なんだよ。良くも悪くも。そして人なら誰にもあるのだが「そこに時折臭うもの、ソレ」。そこが高慢だ、偽善者だと言っているわけ。HS関係限定であり、他は知らない。
繰り返そう。楽山日記というのは「大概はふつうの人間なんだよ」。良くも悪くも。


前から私が悪質アンチや邪悪なポンキチを批判していることで、楽山が付き纏うように私に対してあげ足取りの批判をイチイチコソコソ続けているのを何度か知った。しつこい人物のようだから他にも色々書いているのだろう。このカマッテチャンにいつもかまってあげる時間は無いにしても、まとわりつかれてウルサイからたまには私も払ってみるというだけ。ほかのアンチのように、普通に教団批判でもしていればこっちも何も言うことはない。



@hinacoccoro氏への返事
楽山日記2 @jiyuu2018
これは確かにそうですね。いいねは、内容に共感したというだけじゃなくて、返信ありがとうという挨拶的なものとか、いろいろですね。

・・・へのへの
そう、いろいろあるさ(自分はあとで読み返すためのブックマーク代わりにも使っていた)。その上で私は先日のコメントを書いていたわけだ。私を批判し続ける楽山であるがゆえに、あの場合では、気持ち悪いと。


それと、楽山がポンキチの誹謗中傷コピペを支持していないぞって書いているが、そりゃそうだろう。私はそんなことを言ったつもりは無いし、あんなのを支持していると分かってたら、とっくに砲撃目標に入れている。予想外に斜めの妄想する人だわ。ソフィア=ブリュンヒルデもそれについての言及はしていなかったのに。



最初から関与する気が無かったことで、わずかに分かることをざっと書く。ソフィアやHS信者側の伝聞も入れると、ブログ村であるHS信者たちとポンキチ側は対立していて、「楽山はポンキチ支持」の側である・・・そういうことだよ、支持とは。自分がやってきたことだから、普通分かると思ったけどね。
楽山はHS信者に対する批判も自ら続けてきたようだ。自分では正当な批判行為だと言論の自由を主張したらしい。しかし相手の信者側から見れば、ストーカー的な中傷だった。これは各個人の感想であり、どっちも引かないだろう。楽山自身による中傷とはそういう所かな。で、ブログ村論争の元凶はピアケン・ポンキチの虚言癖などだった、と。




ブリュンヒルデ へ
女子のコスプレ画像で私を買収するつもりかw 私ゃ別にセーラームーンが好きとかではなくて、古くて珍しい放送だったから録画して見たという話だぞ。
乃木坂46というグループは、バナナマンとの番組「乃木坂工事中」をたまたま見て、面白くてそれからよく見ているよw バナナマンさすがベテランの腕前ですごいもんだし、出演する女子メンバーもなかなか楽しい人たちだと知ったよ。

06/06 一部修正

思うにこれ、HS信者「アマミ」に対するポンキチの嫉妬やライバル心から再燃しているようだな。


ブログ村HSカテゴリに登録してあるアマミブログを時々見てきた。以前敵対していたピアケン・ポンキチなどの事をたまに書いてあったからで、それが目当てだった。信仰とか霊の話などは、真偽不明で私はあんまり関心が無いのでほぼ読まない。時には気になるのがあれば読んでみるんだが、だいたい内容は忘れるw

いまはもうピアケン・ポンキチのことはめったに出てこない。でも何となく習慣みたいにアクセスする。もしかして書いてあるかも、あるいは興味を引かれることがあるかもしれないと。彼女のスレッドはタイトルが大雑把すぎて、その日に思ったことなど本文にいろいろ詰め込んである。だからとにかく開いて見ないと内容が分からないので、上から下まで飛ばし読みする。

それでなんだけれど、最近アマミブログは彼女の霊感的(第六感みたいなの?)な経験のメモが多くなっている。
ポンキチは以前から彼女のその霊感?-直感?に対してライバル心を持っていた。だからアマミに対抗して自分も悪魔の使い手、自称大超能力者としての力を発揮すべく、自問自答の「イエス・ノー」ゲームをやり始めたと思うのだ。はたから見たらバカみたいだけど、本人はマジ俺って最高ーby PNKCと思っている自惚れさんなのである。

奄美在住アマミ氏の実力がどういうものなのか私にはピンと来ないものの、お客さんたちとのコミュニケーションは感謝されているようだ。リアルでうまくいっているのだ。HS会員内には賛否あるらしいし、彼女が正しいかどうかは自分には分からない。・・私がHS教義を認めない点は別として。

対するポンキチはアマミを評して、「あいつには霊感があるといってもリアルでは活動できない程度の女」みたいな見下した発言をしていたはずだ。それで実際はと言うと、アマミはリアルな暮らしで順調に能力を使って活動しているが、ポンキチは一人「○○ですか?」と自問し、自分の右手を上げたから答えは「イエス」だ、なんてことやっているだけで、それのどこがリアルなんだ、と・・。何の役にも立たない茶番劇だ。誰が見たってその差は歴然としているだろうに、彼はそれを認めたくない。自分にはすごい霊能力があると思いたくて、思わせたくてむきになっているだけじゃないのか。

彼には進歩が無い。HS信者や教団をありもしないことで誹謗し続ける悪魔ぶりを発揮しているが、ただの性的変質者だし。幸福の科学氏ねー氏ねーと呪いをかけて呪詛画像貼り続けたり、わが霊感で突き止めた真実を見よー、とクルクルパーゲームやっているだけだし・・・。

彼が私のところにコメント入れ始めてから1年や2年はたっている。彼は悪質信者から悪質アンチに立場は変わったものの、あとは本人の性質が変わらないから日ごろの動きも変わらない。それで何年もおんなじことしているだけ。性的誹謗も続けるし、今後も特に大きな変化はないだろう。
私も気持ち悪いものをウォッチするのに疲れてきたぞww  だいたい手口は分かったし、あとは時間がもったいない。もうポンキチが今後どう名前を変えて嘘をついても、ばれるだけのことは記録していると思う。私が知らない何年も前の部分は、信者側でうまくまとめておいてくれたら良いと思うけどな。数年にわたるポンキチ合戦について、後は何かうまく締め切る、踏ん切りのつくようなことがあるかなあ? 

06/06 修正

悪質アンチの 暴れポンキチ(ポッピ)、幸福の科学と信者に対する性的な誹謗中傷から、今度は自作自演のオカルト問答で「電波」道驀進。

かつてブログ村「幸福の科学」カテゴリで、ガン・レオ、アマミたちなど別の信者相手に争いを起こしていたという、いんちきオカルトのピアケン・ポンキチ。そのあとふたりは敵対して分裂、お互いを悪魔呼ばわりするようになった(実際、悪魔的な自己流儀式をしているけど)。ポンキチはピアケンを潰してやるとも言っていた。ところが先日かその前あたりから、よりを戻しているような動きをしている。

何だったかな、かつてあのー、えーと忘れたな、クルクル回すやつ・・・
あ、ペンジュラム。それ使ったりしてイエス・ノーと自作自演のオカルト問答やって、これこそが真実だとやらかしていた二人。馬鹿ばかしったらありゃあしないんだけれど、それを復活して二人連携で電波ーしてるようだ。不気味だからざっと見だけど。

ポンキチは自分一人で霊界(異界)の誰かに質問して、自分の右手か左手を上げることでイエスかノーという答えだと判定することにしたらしい。Q.「○○ですか?」・・・A.右手「イエス」ということを始めたのだ。それですごいものが出てきたー、だれかサニワしてくれwみたいなツイート。かつてのインチキ仲間ピアケンが呼応して、またぞろペンジュラムの「イエス・ノー」ゲーム。それで同調し、隠れた真実が明らかになったぞーー、というようなことをしている。
読んでいると頭おかしくなりそうだし時間の無駄だし、ちらっとだけ見てこんな感じだったという話。だから細かい違いがあれば勘弁して。

Pキチ20180604


邪悪なポンキチを純粋だと評していたソフィア=ブリュンヒルデが、楽山日記を紳士だと。それによろこんで食いつく気持ち悪さ。

アンチHS=反幸福の科学。


ツイッターでアンチのブリュンヒルデ(ソフィア)が名乗り上げてたんだね。私へのメッセージらしきものもあった。ポンキチ・ソフィア・楽山というストーカーみたいな3人組をこちらがどう思っていたのか、よく分かってなかったらしい。


https://twitter.com/Valkyria_bryhld/status/999266512086056960
VH20180603


私はずいぶん前にも楽山日記のことを「思い上がった勘違いアンチ」と書いたはず。もひとつ付け足せば、卑怯だ。たとえば話をすり替えて自分の都合の良いように組み立てる嘘など。彼のブログは前に少し読んだだけってのは覚えているかな?  必要ないからだけど、私の感想は単純な見た目がどうかじゃないんだよ。子どもじゃないんだから。
またポンキチだけでなく、ソフィア=ブリュンヒルデも、こちらから見たら高慢な悪質アンチだ。普段のんきな話しているのとは別の顔を言っているわけ。前に書いたように、ソフィア、君はHS信者に迷惑をかける嘘つきで、成りすまし常習犯だった。私のこともだましていた。君たちは自分が卑怯なことをしていながら、他人に卑怯だと言い、自分がカマッテチャンなのに、他人にそう言う部類の人だよ。

06/04 続き
私のことを批判する人物に批判的コメント返したら「外から見て批判できるものでは無い」と外から批判された。何だソレ。http://0w.blog.jp/archives/75868587.html


汚いポンキチのことを、心が純粋だとかイケメンだとか
異常な心理で評していたソフィア=ブリュンヒルデ参上か
楽山日記と合わせて高慢なる「3人のカマッテチャン」。
君らはあのHS信者たちを何年中傷し続けてきたのかね?


へ(のへの)   2018/06/03
どういうところが私の見誤りなのか不明だが、
ブリュンヒルデの目よりも マシだと思うぞ。
楽山日記は高慢な偽善者ってところかな?
紳士と言われ喜んで「いいね」しているアホ臭さ
馴れ合いの善人アピールは趣味が悪すぎる。
大概普通の人間だがそこに時折臭うもの、ソレ。

NHKの受信料を払わずに済む方法はあるか -掛谷 英紀 筑波大学システム情報系准教授

2018年6月2日 11時15分 プレジデントオンライン

公共放送を名乗るNHKの受信料は、テレビを置いていると強制的に払わされます。たとえば日本語の不自由な留学生でも例外はありません。それではNHKだけが映らなくなる「アンテナ線フィルタ」をつければどうなのか。(中略)

■商品名は「イラネッチケー」って何をする機械?
ご存じかもしれませんが、NHKだけ映らなくするアンテナ線フィルタというものが販売されています。「イラネッチケー」という商品名がついています。実はこの商品、私の研究室で開発したものです。商品名は開発を担当した学生がつけました。原理自体は非常に単純で、電気電子工学を専攻する大学2年生であれば理解できるレベルのものです。

現在、研究室の卒業生が経営するベンチャーがアマゾンなどで5000円前後で販売しているほか、いくつかの販路がありますが、今までに約2000本売れています。
続き http://news.livedoor.com/article/detail/14805487/

ビリギャル、北海道の高校でインターンとして勤務していた ーNEWSポストセブン

2018.05.24 07:00
・・ここは札幌新陽高校・2年8組の教室。朝のホームルームで教壇に立つのは、累計120万部のベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称『ビリギャル』)のモデルとして知られる小林さやかさん(30才)だ。今年4月からインターン(実習生)として同校で働いている。

 高校時代、教師から「人間のクズ」と罵られ、学校が大嫌いになったという彼女は、12年の時を経て、学校へと戻ってきた。そこには彼女の“新たな教育の一助を担いたい”という強い信念があった。(中略)

 彼女が教育に目を向け始めた頃に出会ったのが、同校の荒井優校長(43才)だった。もともと新陽高校は「札幌最後の砦」と呼ばれるほど、偏差値が低い子供たちの受け皿となっていた学校だ。数年前には廃校ギリギリにまで追い込まれていたが、当時ソフトバンクの社長室で働いていた荒井氏が校長に赴任。母子家庭など、経済的に苦しい家の子供たちも通えるように入学金を免除するなどの改革を断行すると、生徒数はV字回復。就任わずか2年で生徒数は大幅に増え、712人となっている。
 さやかさんが荒井校長との出会いをこう振り返る。

いくら否定しても“火のない所に煙は立たない説”を謳い、自分勝手な解釈でデマを事実のように邪推する。ースマイリーキクチ

私が生まれた地球には、私の属する場所がない。ロヒンギャ青年の証言 「無国籍」であるということ

こどものみらい古本募金

その他 https://twitter.com/natuoso/status/996277900046356480
最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/