アーカイブ

2017/09

カテゴリ:
初回放送 2017年9月10日(日) 
45年前の本土復帰までアジアにおけるアメリカ軍の“核拠点”とされてきた沖縄。これまで、その詳細は厚いベールに包まれてきた。しかし、おととし、アメリカ国防総省は「沖縄に核兵器を配備していた事実」を初めて公式に認め、機密を解除。これを受け、いま「沖縄と核」に関する極秘文書の開示が相次ぎ、元兵士たちもようやく重い口を開き始めた。そこから浮かび上がってきたのは、“核の島・沖縄”の衝撃的な実態だ。1300発もの核兵器が置かれ、冷戦下、東西陣営の緊張が高まるたびに、最前線として危機的な状況に置かれていたこと、さらには、「核」の存在こそが、沖縄への米軍基地集中をもたらす要因となっていたという新事実・・・。
続き http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170910
  

カテゴリ:
馬鹿アンチが下記トピックにコメント入れてきた

HS教祖を詐欺という元信者種村修氏も詐欺行為を続けていたんだよ
1. 人間 2017/09/07 21:07
あんたバカなん?
正常な思考回路を有している人間ならば、大川が仏陀ではないことは一目瞭然。
てか、人間としても極めてレベルの低い種類に属してるって気付けよ( ´△`)
私はHS(幸福の科学)の教祖・教義に対して批判的な人間である。その私に向かって、この馬鹿アンチが何をほざいているんだろう? (下らん内容でわざわざコメント入れるほどだからアンチとみなす)
当該記事程度しか読んでいないのだとしても、そこで私はHS教祖が仏陀であるようなことは書いていないし(書くわけ無いが)人間性についても触れていない。ただ元HS職員だった種村修氏もカウンセリング詐欺をしていたと、その方法などを書いただけだ。
こういう理屈の分からない馬鹿アンチが偉そうに口を出して間抜けぶりを発揮する。コメント入れてきた当の本人が「正常な思考回路を有していない」と「一目瞭然」。
  

カテゴリ:
アンチHS=反幸福の科学
◆性犯罪者で偽善者のポンキチがブログ村に登録しているサイト
 I LOVE RAKUTEN AFFILIATE !!
http://zapqil8du4rjmt85t.blog.fc2.com/


発狂したアンチのポンキチが、2ちゃんねる(BBS)のアンチHS情報交換の場を破壊し続けるという迷惑行為を続けていた。その様子を以前は時々チェックしていたので、そのときの短いメモを下部に貼り付けておく。

最近は2ちゃんねるを見ていない。何年も嘘と誹謗と醜い画像のコピペを続けてきたサイコパス・ポンキチのことだから、現状はたいして変わっていないと思う。自分が憂さ晴らしできれば良いという暴力的な精神異常者なので、アンチたちの邪魔になることなど一向に構わない。他人へ迷惑をかけることを何とも思っていない。悪行を指摘されても、それで自分が注目されていると思って喜ぶクズ人間だ。これも同様だろうが、キチガイのことだし、どうでもよい。

部外者の私としては、HSスレッドがまともな意識を持つアンチたちが正論を述べ、普通に意見や情報交換できる場であれば良いと思う。それがほとんど頭のおかしなクズやヤクザのような暴力的なアンチが少数残る場となっていた(アンチだけではなくウォッチャーもいた)。その先にあったのがサイコパス・ポンキチの荒らしだった。

思い上がったアンチたちが偉そうにふるまうだけのゴミスレならば、ポンキチが暴れてもなんということは無い。だが教団や信者を誹謗するための偽情報もあるので、倫理的に許せない。たまには真面目に話をしたいという人たちもいる。それがキチガイポンキチに邪魔されて寄り付けないとなれば気の毒だった。
それで2ちゃんねるの荒らし報告スレッドに半月ほど報告を入れ続けたことがあるが、ポンキチの投稿を規制してもらえたのは一日(24時間)だけだった。あいつは毎日たくさんのコピペで荒らしているため、それを一々拾って報告するのは疲れる。自分のフィールドでもないのに荒らしから守ろうとするのは無駄だと分かって報告はやめた。それから見なくなった。

私は古いことはよく知らなかったし、下にメモしている分はまだましなほうだろう。勢いが衰えてきていたようだ。何か月か前のスレッドを見ると、ポンキチが大量のけがらわしい性的コピペを続けていた。HS信者たちやアンチ側をも侮辱して、連続レイプ犯なみの荒らしをしていたのだ。まさに性魔である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記は「心と宗教板」でチェックしたログの一部。調べれば他にもニュース・芸能系など色々な所でコピペしている。投稿者名に (ΦωΦ) へ(のへの) とあるのは当然に私ではなくポンキチがなりすましているログ。



心と宗教 > 2017年07月11日 > MAppjiZq
書き込み順位  1 位/421 ID中 書き込み数 89


心と宗教 > 2017年07月14日 > 6FMK0uG4
書き込み順位 1 位/393 ID中 書き込み数 159


心と宗教 > 2017年07月15日 > yWzxc74z
書き込み順位 1 位/363 ID中 書き込み数 82


心と宗教 > 2017年07月16日 > F+lLnDDv
書き込み順位 1 位/378 ID中 書き込み数 124


心と宗教 > 2017年07月17日 > MII7Pk2o
書き込み順位 2 位/385 ID中 書き込み数 71


心と宗教 > 2017年07月18日 > B9CKIvFG
書き込み順位  2 位/397 ID中 書き込み数 70


心と宗教 > 2017年07月19日 > WPX9DkcC
書き込み順位  1 位/394 ID中 書き込み数 210


心と宗教 > 2017年07月20日 > sZD7I6SG
書き込み順位 1 位/393 ID中 書き込み数 111


心と宗教 > 2017年07月21日 > Xjq7/Cxc
書き込み順位 1 位/426 ID中 書き込み数 178


 心と宗教 > 2017年07月22日 > FTZiPMTd
書き込み順位 2 位/451 ID中 書き込み数 83


心と宗教 > 2017年07月23日 > TDeb8Mhb
書き込み順位 12 位/432 ID中 書き込み数 29


心と宗教 > 2017年07月24日 > n27NnXMV
書き込み順位 6 位/424 ID中 書き込み数 54


心と宗教 > 2017年07月25日 > d58LfAdM
書き込み順位 3 位/420 ID中 書き込み数 88


心と宗教 > 2017年07月26日 > kMOrOpEn
書き込み順位 10 位/420 ID中  書き込み数 41


心と宗教 > 2017年07月27日 > p7uACF6I
書き込み順位 9 位/396 ID中 書き込み数 30


心と宗教 > 2017年07月28日 > leAY6N2z
書き込み順位 7 位/399 ID中 書き込み数 33


心と宗教 > 2017年07月29日 > tLWWNjC4
書き込み順位 4 位/370 ID中 書き込み数 51


心と宗教 > 2017年07月30日 > aOAGBmgX
書き込み順位 4 位/361 ID中 書き込み数 44


心と宗教 > 2017年07月31日 > +YyikRll
書き込み順位 3 位/403 ID中 書き込み数 38

  

カテゴリ:
アンチHS=反幸福の科学
今は「I LOVE RAKUTEN AFFILIATE !!」というブログを使っているアンチのくず・ポンキチについて

ネットで性犯罪者となって暴れ続けていたサイコパス・ポンキチのことは、汚らしいのでしばらく放っておいた。妄想コンビのピアケンが彼との連帯解消を宣言したのは1か月か2か月ほど前だったろうか。くだらないペンジュラム遊びで異界と通信できている気のピアケンが、使いっぱしりポンキチの正体を「ルシフェル本体」だとブログに書いた。そこまでを以前こちらで記録している。
ルシフェルとは堕天使とされたり、地獄で悪魔となったと信ずる人もいる架空の存在だ。馬鹿馬鹿しいことだがピアケンによると、このポンキチ=ルシフェルは自分が作った護符の力で、世界から消滅したという。本気でそんなスゴイ能力を持っているつもりだから呆れるほかない。

ピアケン信者であったポンキチは、自分がルシフェルだと言われたことを真に受けたかのようだった。すでに消滅したと言われているのは意に介せず自らルシフェルと名乗り、それまでのネット荒らしを継続した。まだ信じるピアケン教の妄想が土台にあった。その後の変化は知らないが、9月4日現在ブログで「ビリケン Billiken」と名乗っているのを見た。ブログもハンドルネームもころころ変える人間なので、ここでは以後もポンキチと呼ぶ。

もともとポンキチは超越者であるかのように自惚れてきたので、自分が持つと信じるルシフェルの力で別の勢力である悪魔(彼にとっては大川隆法・幸福の科学等)を叩き潰すという意欲が沸いていたらしい。昔の漫画「デビルマン」が好きだったと嬉しそうだったが、彼の性格は漫画で言えば「人間の皮をかぶった悪魔」、暴力的な偽善者であり、デビルマンの敵にあたる。自分が悪魔的・性魔的醜悪な行為を繰り返していながら、他人を悪魔だ性魔だと罵り続けていた異常人格者だった。

話はずいぶん前のことになるが、ピアケンから「ルシフェル」と悪魔扱いされたポンキチは反撃に出た。今度はピアケンこそが悪魔・性魔バフォメットの分身だとして攻撃し、絶対に倒すとほざいていた。いまだにGLA・大川隆法の教えである「本体・分身論」を信じているこの妄想コンビは、今度はお互いを悪魔だと認定して対立した。・・・と言ってもピアケンにとってポンキチ=ルシフェルはもう存在しないから、相手にしていないだろう。

ポンキチはそれまで必死になって一人でこの仲間を信じ擁護してきた張本人のくせして、ピアケンのダウジングはデタラメ・妄想・幻覚だから信じるなと言い出した。二人とも揃って自己本位で奇怪な妄想をしているだけで、まともな人は初めからどっちも信じやしないだろう。ただネットで他人を誹謗中傷し続けてきただけの愚か者が、いっぱしの超能力者気取りでいる。

性魔バフォメットなんて者がいるのならポンキチもその性魔だ。気色悪い地獄的妄想・幻覚は同類であり、逆恨みと嫉妬でHS信者への無茶苦茶な誹謗中傷を続けた性犯罪者だ。すべてピアケン・ポンキチという自我の強い変態オッサンたちの自己顕示合戦にすぎなかった。逆恨みされたHS信者たちは、そのようなクズ・アンチなんかとっくに相手にもしなくなっていた。

彼らキチガイ同士二人の救世主ごっこは、これで終演だった。あとはポンキチが一人進歩の無いコピペの多重連投を続けているだけのようだ。

  

カテゴリ:
  

カテゴリ:
敷き布団を買った。六つ折で持ち運びやすく軽かったので(2kg)。何年も布団なしで暮らしてきけれど、これならいいだろうと思い切った。敷布団代わりに毛布をふたつ折りにして使っていたが、今日から少しやわらかい布団で眠れる。

一昨日値引きされているのを見て買おうと決めていた。それで出かけたところ、マンションの共同玄関前に分厚いマットレスが捨ててあるし、公園を通りかかったらそこにも大きなマットレスが捨ててあった。変な偶然が重なった。ひどいことするな。

新しく買った敷き布団は値段なりの品であまり厚みは無いけど、自分には贅沢は無用。大きいのは邪魔だし、これで良い。ぺったんこになっても毛布よりましだろう。残りの一生使えるんじゃないかな。何年も前はもらった布団セットを使っていたけれど、自分にはもったいないと思って越冬用倉庫に寄付してある。あれは分厚かったから、コンクリートの上でも大丈夫だろう。元気に頑張って野宿者の人たちを守ってくれてれば良いな。ありがとうよ。
  

カテゴリ:
今日もちょっと自己嫌悪している。うー。
スーパーへ行ったら、先日すれ違った女性らしき人たちを見かけた。ベビーカーを押していた母子たち3人だ。赤ちゃんは思ったより大きめで健康そう。おとなしくしている。お母さんとお祖母ちゃんとで笑顔で買いものをしていた。

顔はちらっと見ただけで覚えていなかったのだが、雰囲気から、たぶんあの人たちじゃないかなと意識したのがまずかった。数秒間彼女らをじっと見てしまったのだ。そのときちょうど若いママさんと目が合ってしまい、向こうはさっと目をそらした。変なオッサンが見ていると思って、気分を害されただろう。きっとそうだ。

その家族がほほえましかったので、今日も僕はちょっとニコニコ顔になっていたのだ。あちらから見たら非常に怪しい、気持ち悪い奴である。帰り道、「おれは馬鹿だ、屑だ。いちいち女性の顔を見るな、人の顔を見るんじゃない・・・」と自己嫌悪しながら歩いた。

町で犬や猫を見かけたらかわいいから遠慮なく見たくなる。鳩の群れの中を、その顔を見合いながら笑顔になってそっと歩く。子どもたちや若い女性もかわいいから目が行きがちになる。この前は道端にすわって猫を帽子で扇いであげている子がいて素敵だった。自分はもういい年齢なので、女性を見たら不快に思われると心得ていて、普段はできるだけ意識して顔を見ないようにしている。だけど赤ちゃんや子どもを連れていたら、ついチラチラと見てしまっているんだなあ。

母子連れが多くて父子連れは少ない。どちらの親子もほほえましい。泣いている子どもを叱りながらもだっこしてあげる、そんな姿も良い。お祖父ちゃんが孫を連れていたら、ちょっとだけうらやましい。だからやっぱり、相手に気づかれ無いなら見てみたいというのが正直な気持ちだな。それは悪気は無いんだけど失礼だから、もっと気をつけよう。ちらっと見るくらいなら許して欲しい。ほかの人だって僕を見ることはあるんだから。ああ、僕はやっぱりお婆ちゃんになれたら良いかもなあ。

自分が生まれた家庭は嫌いな方だった。ほとんど思い出もない。自分自身の家庭なんか気持ち悪くて作りたくない。一人暮らしを続けたい。だけど平和に暮らしているよその家庭はほほえましい。家族の無い子、辛い家庭の子には、ほんのちょっとの応援をしてあげたいと思う。底辺の僕たちにできることはその程度で精一杯だろう。
  

カテゴリ:

幸福の科学出版リバティ8月15日の記事を今ごろ読んだ。
「終戦の日に幸福実現党党首らが靖国神社を参拝 英霊の御魂が望むこととは?」
https://the-liberty.com/article.php?item_id=13382


旧日本軍は自国の兵卒をも簡単に殺すカルト宗教的侵略軍だった。英霊は「幸福実現党」の間違った戦争認識に怒っているだろう。この記事には、
【大東亜戦争は、祖国の防衛と、欧米列強からアジア・アフリカの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くための"聖戦"だった。】と書いてある。

もちろん詭弁である。幸福の科学教団は認めたくないとしても、実際の日本は侵略国だった。欧米人から植民地を奪って日本帝国の植民地に作り変えていただけだった。八紘一宇というスローガンの元、宗主国を気取った日本帝国の軍隊がアジア各地で行ってきた残虐な仕打ちを見れば分かることだ。日本人優位の人種差別政策をアジアに拡大する戦争だった。アフリカのことなど大東亜戦争とは関係が無い。

ただこれらの国の奪い合いで元の支配層を破壊した日本軍までがほぼ全滅し、植民地国にも独立するチャンスがめぐってきたということなのだ。日本軍は解放した訳ではなく占領に失敗したのであり、新独立国家が自分たちで勝ち取った栄光だ。それを日本が救世主であるかのように自画自賛して正当化するような、恥ずかしい人間になってはならない。

日本の敗戦後も、植民地独立のために現地の人たちと協力する日本兵がいた例はある。それは捕虜になるより玉砕せよと洗脳された軍人たちが戦闘をやめなかったということもある。すでに日本に支配力は無い。それを分かった上でお互いの敵を相手として戦った。
また、日本軍の中にもごく僅かではあるが本当に植民地独立のために働きたいという人が存在したということである。日本の大本営としてやってきたことは始めから無謀な侵略であったが、軍隊には様々な人たちが召集されていたのだから、敗戦後もアジアの未来のためにと戦った人も中にはいた。それは稀有な存在だった。その人たち個人をほめるのなら理解もできるが、傲慢で残虐な侵略行為を繰り広げた旧日本軍そのものを聖戦の名の元で祀り上げてはならない。それでは自国民をも迫害した日本帝国という亡霊の宗徒となるだけだ。

悪しき自国の歴史を反省して更生しなければ、真の愛国精神は育たない。
(一愚人より)
  

このページのトップヘ

見出し画像
×