アーカイブ

2016/02

カテゴリ:
★うちのブログタイトルを盗用・乱用している非常識な「幸福の科学」信者がいます。ご注意ください。
と、警報出したばっかりなのだが、あの偽装へのへのグループが早々に看板取り替えていた。前から2度ほど警告して無視されていたのに、今回はめずらしく素直である。非常識という言葉が効いたのか? (なぜか私を攻撃していたトンヌラくんはすごく非常識な幸福の科学信者だが、自覚がない人だから聞く耳ないらしい。いつか耳キーーーンするような爆竹ならそうかな。)

ぽん吉くんの今までのブログ
(ΦωΦ) へ(のへの) 2 http://henoheno-2.muragon.com/
(ΦωΦ) へ(のへの) 3 http://ameblo.jp/nzkbreaker/
(ΦωΦ) へ(のへの) 4 http://blog.livedoor.jp/nzkbreaker/

↑ これが全部 ↓

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

になっていた。 
面倒だったのか意識的にか全部統一されて、キタ挑戦化しておる。
もしや核兵器を隠し持ち、我がへ(のへの)砦にもついでに打ち込まれると太刀打ちできないかもしれないし、このように宣伝して懐柔を試みている次第である。

  

カテゴリ:
以前ここのコメント欄にソフィアさんが書いたものを自サイトにまとめたというので、ちょっと見てきた。そしたら他にこんなタイトルを見つけた。

ぽん吉つあ~ん、遊びましょ♪  2014.01.05
http://sakurakaory.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

ちょうど2年ほど前のトピックで、すでに「ぽん吉合戦」が行われていたようだ。そして「ぽん吉=ソフィア」という疑いをもたれて困惑している様子などが書かれていた。今年はなおかつそこに、勘違い信者トンヌラ氏によって私まで組み込まれてしまったわけだ。深入りはしないけれど、これは何かの役に立つかもしれないので、一部引用しておく。

*あとアンチに間違われたってのもアマミが言い出したんだが、どういう感性してるんだか、ひといちばい信仰に対して真剣な、ぽん吉さんをアンチの成り済ましと断定するなんて、アンチなおいらもビックリだぜ

*変な誤解してるのがいたら、おいらも訂正してまわるからさ

*IPが0000って、それIPじゃねえだろ~。それはアメブロの整理番号か何かで携帯ユーザーは、全部0000になるらしい

アマミの頭ん中で勝手に脳内変換して、携帯から来たひとを全部「ソフィア=ぽん吉」にしてしまったんだろう。俺もデマ流されて困ってんだ

*話を戻すと、会員内のあの変なやつらを「あれは、おかしいだろ」と言って指摘している ぽん吉さんや コウちゃん、ピッポちゃん、菊の花さんの存在は、見てて正直ほっとしたよ。まだ理性が残っているひともいたんだと思ってね

もう、どんどん言ってやったらいいよ。ぽん吉さんたちの声は、前に2ちゃんや、やや日刊カルト新聞コメント欄とかに実況中継されて、アンチ諸氏にも評価されていたよ

そのような話題は全く知らなかったので、自分が2ちゃんねるを見ていた時期ではないらしい。それに『やや日刊カルト新聞』のコメント欄は分かりにくいし荒れ放題だったので、読んだのは創刊初期くらいだったかもしれない。だから知らないんだろう。
【追記= そういえば、ブログ村で信者が対立していると言われていたのは知っていた。関心が無いから読んでいなかっただけかな?】

私がブログ村「幸福の科学」カテゴリに登録したのは、ウソつきアンチ(反HS)について記録しておきたかったからだった。なのにさっさと飽きてしまって中途半端なままではないか。続けるのが面倒なんだもんなあ。頭も鈍っているし。
でもうまくできなくても、ある程度かたちをつける努力はしておこうと思いなおした。こう書いておけば、渋々でも後でやる気分になるだろう。・・たぶん、・・そうかもしれない。



追記 
コメント欄にあったのを、ここにも張っておく
リンク先ページで下へいくらかスクロールしないと本文が出てこない。まちがったかなと思ってしまうので読みやすくしたらどうかいな。

2014年8月10日日曜日
【今更だけど】 「ぽん吉=ソフィア」の誤りとエルカンファイト
http://sawayakana0kazenogotoku0justice.blogspot.jp/2014/08/blog-post_10.html
  

カテゴリ:
先日携帯電話で受信した意味不明なメールに、ZIPファイルが添付してあった。こういうのだな、ウイルスが仕込まれているというやつは。中がどうなっているのか興味はあったけれど、無知な自分は即感染するはずだから、未練ありつつも削除した。

Invoice 58696686

2016/02/24 20:00
1 個の添付ファイル (2.1 KB)
クリックするとオプションが表示されます
invoice_copy_58696686.zip
ZIP 形式でダウンロード
Dear +++(アカウント)+++++,
 
Please review the attached copy of your Invoice (number: IN58696686) for an amount of $618.75.
 
Thank you for your business  

英語知らないので自動翻訳してみるも、大雑把にしか分からず、それも忘れた。なんだか取引をしたので600ドルくらいを払うか、払えってことだったみたい。知らんがな。


2/26 追記
上のと同じところから、またメールが届いていた。
Scanned Invoice‏
23:39
添付ファイルあり Word

Dear +++(アカウント)+++ ,

Scanned Invoice in Microsoft Word format has been attached to this email.

Thank you!

Mohammad Perry
Sales Manager

添付ファイルがWordかどうかは確認せず削除した。


  

カテゴリ:
目が見えない、音も聞こえない、突然そうなったら、とんでもなく怖い。ヘレンケラーさんと同じ障がいだ。そういう大きなハンデがありながら、社会で明るく活躍している女性、荒美有紀さんが、NHKの番組で紹介されていた。

NHK ブレイクスルー File.48 “わたし”をあきらめない
―光と音をなくした27歳 荒美有紀さん―
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-02/22.html
放送日2016年2月22日(月曜)
再放送2016年2月29日(月曜)

彼女は大学4年生のときに病気で盲聾になる。生きる意味を見失い、恐怖の闇で毎日泣いて過ごした。だけど細い一筋の光は保てていた。すでに文字や言葉を知っていたということだった。お母さんが、美有紀さんの手のひらに文字を書いて話してくれる。
美有紀さんの再挑戦が始まった。まず大学に復帰したということで僕は唖然とした。なんちゅうスーパーウーマンなんだ、この子。強いーーーっ。

そして番組によると
「今は、同じ境遇にある“盲ろう”の人たちの世界をもっと多くの人たちに知ってもらおうと、支援を行うNPOの先頭に立って、雑誌編集などPR活動に奔走しています。“盲ろう者の若手リーダー”と“普通の女の子”という、二つのことを大切にしながら毎日を駆け抜ける荒美有紀さん」だそうである。

僕は昔病院に入院して、そのうち最初の1か月ほど寝たきり生活だった。寝返りを打つこともできない。食事から排便の世話まで家政婦さんにやってもらわないといけない。とても不自由ではあったけれど、体の痛みが和らげば本も読めるしテレビも見れる。それに治るのが分かっているから気持ちはさほど落ち込まない。

体が不自由になるとしたら何がいやかって、自分にとっては目が見えないのが一番つらい気がする(両手が使えないのもつらいな)。突然そうなったら、たまったものではない。だけどそれでもラジオやテレビの音声聞いて楽しむことはできる。これが耳まで聞こえなかったら、ほんと絶望的な気分になるぞ。
それが介助を受けるだけでなくて、人のためにもなる活動をしてるんだからスゴイ。
うーーむ、チョコレートを添えた表彰状をあげたい。

  

カテゴリ:
日本民間放送連盟 第11回日本放送文化大賞 テレビ・グランプリ
山口放送/奥底の悲しみ ~戦後70年、引揚げ者の記憶~
全国で5番目 に多い41万人の引揚者を迎えた山口県仙崎港の引揚援護局の記録にある「特殊夫人」の文字。この見慣れない文字は、旧満州でソ連軍の性暴力を受けた女性被 害者を意味する。当事者の記憶の奥底には、70年間、家族にすら打ち明けられなかった、深い悲しみが沈んでいた。
http://www.j-ba.or.jp/category/awards/jba101616


gooテレビ番組 内容紹介
奥底の悲しみ〜戦後70年、引揚げ者の記憶〜
(日本放送文化大賞グランプリ受賞) 2015年12月31日放送回
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ytv/61552/444610/


NNNドキュメント’16 奥底の悲しみ
2016/2/22 (月)00:55 ~ 01:50日本テレビ
第11回日本放送文化大賞のテレビ・グランプリを獲得したドキュメンタリー作品「奥底の悲しみ ~戦後70年、引揚げ者の記憶~」に、新たに取材した要素を加えた再構成版。敗戦後、数百万の引き揚げ者の中に存在した、「特殊婦人」と呼ばれる女性たちの思いに迫る。厚生省の引揚援護局に残された記録から、「特殊婦人」にまつわる悲劇をたどる。
NNNドキュメント「奥底の悲しみ」 - 16.02.21 MIO

  

矢文 10:01

カテゴリ:
http://0w.blog.jp/archives/55144540.html#comments
#1

ぽん吉くんは、メロンくまとかいう人にHS批判カテゴリ追い出されたんじゃないのかな?
私と同じメモ・備忘録のカテに並んでいるよ。
http://diary.blogmura.com/memo/ranking.html
あと、気づきってカテなどにも入っている
http://diary.blogmura.com/kiduki/

いま確認できているだけで三つ

(ΦωΦ) へ(のへの) 2 http://henoheno-2.muragon.com/
(ΦωΦ) へ(のへの) 3 http://ameblo.jp/nzkbreaker/
(ΦωΦ) へ(のへの) 4 http://blog.livedoor.jp/nzkbreaker/

4

ソフイアさんはお話し好きなんだな。
私ゃコメ欄で終わりの見えない世間話をするのも疲れるほど体力気力がないんだよ。
それに自分が人知れずぶっ倒れてた場合、コメ欄に私の成りすましも出るかもよ。
パスワード忘れたので記事更新できない・・とかなんとか言って。
あんたみたいに、コメント欄でこそこそ悪口言ってると受け取る人もいる。

  

カテゴリ:
※改編あり

我がへ(のへの)に一瞬で消されたソフィアのコメント、
ちょっとの間だけ掲示してやるから泣くな

この下のは、先日寝る前に気づいて速攻で消したコメント。
本人が二度と書けない内容だと悔しがっていたので、
きょう気が変わるまでの短時間だけ貼り付けておくよ。
たぶんぽん吉くんが気づいてコピーしてくれるんじゃないかな。

私は信者間の争いに興味はないので、あとはよそでやっておくれ。


2/21 00:30更新

コメントはピッポブログにコピーされていたのを確認した。
(2016.02.20 08:58:48)投稿分
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201602190000/#comment


このスレ下のコメント欄もどうするか分からないから、コピペしといた方がいいですよ。探すの大変だから、続きも含めて自分のブログに書くなりして、ここにリンク貼ればいいんじゃないの? うちもいつまで続けられるか分からないんだし。


2/26 更新
ソフィアさんが下部コメント欄に書いた内容を、自サイトにまとめていた。
それでここの書き込みは非表示として、リンク先の案内に変更する。
サイト内容については、うちでは関知しない。

Heart Earth レオちゃん育成講座
http://sakurakaory.blog.fc2.com/blog-entry-502.html


以下、当局で検閲して許可された部分だけ再録。

ソフィア
2016-02-19 23:51:20
 
わーい、わーい。
ひゅーーん、ちゅどーん。カンっ、どごー
にんにん忍者村も有名になったもんだ。
ガンレオ、アマミ、ひでも、●ピー への爺ぃ      
                                
                                

ん?というか巻き込まれたのは、うちらのせいじゃないぞ。
への爺ぃが自分で播いた爆弾が、巡りめぐって時限発火したんだよ。

●ピー ほんとは、                     
                                
                                
ウソウソ、ジョウダンヨ


よし、撒き餌をしとこう。
●ピー ア                          
                                
                                

よし、これぐらいでよかろう。
↓あっ、への爺ぃには●ピー 「袖の下」         

  

カテゴリ:
警告 (ΦωΦ) へ(のへの)

この元祖 へ(のへの) 設置以来、
よそ様のブログサイトには一切コメント入れていません。
(そう書いても信じない人がいるけれど)
手勢無く本丸のみに籠城中であり
このブログのコメント欄にすら書き込みません。
うちの名前を使って暴れている人とは無関係ですし、、
成りすましも横行する世界ですのでご注意ください。

未公認「へのへの?」サイトが増殖して間違えられるので、
やむを得ず 元祖へのへのと主張しておる次第であります

  

カテゴリ:
Sさんへ

あのコメント後半はそのまま公開していいものかと迷ったので、ひとまず非表示にしたよ。
ベッドは まな板だと観念しておとなしく寝てなさいね。やんちゃすぎるでしょ。
大丈夫だ。だけど今はしっかり休んで、このさい思い切ってタバコもやめたらどうですかね。
僕も昔は歯の裏が真っ黒ぴかぴかエナメル状になるまで吸ってたけど、何とかやめられた。
昔は好きなものやめるより、早死にしてもかまわんから吸うとか飲むとか思ったこともあったけど、それってただの依存症なんだから。吸わされているだけであって、健康と引き替えにする価値ないし。
と言う僕は貧乏神さんの助けもあってやめられたのかもしれない。
ついでにニコチン依存の治療もしてもらったら良いと思う。今は健康保険が使えるんじゃないですか?



  

カテゴリ:
まったくもって天邪鬼には話が通じないようである。
またぽん吉か? 看板下ろせって言えばへの4上げておったし
武装解除しろっつったら、
爆撃して盛り上げるぞーーひゃっはーーーーとかなってるし・・・・
アホめが。私は上島竜平ちゃんじゃないんだぞ。

ソフィーによると、私は知らんうちに全方位砲撃してるそうだし、
どうにかしないと、ついでに、にんにん忍者村も砲撃すっぞ
                       
                       


追記(改)
ぽん吉がすぐに食いついて騒いでいたので、最後の2行は消した。
どう読み変えるか分からん輩には、危険であろうとのささやかな配慮。?

あのねえ、への4くん、
私はトンヌラ・すいふとに攻撃されたから反撃しただけなの。
その他の人は関係ないから巻き込むなって。


追記2
ソフィアさんのコメントには個人の名前つき顔写真がリンクしてあったので、
非表示にしている。それと餌まきも過ぎると環境汚染になると思う。

  

カテゴリ:
にんにん忍者隊とかへの3とかいう人のコメント

疲れるだけだから キチガイ相手にすなとか
アホはほっとけやww
って言ってくれてる

そういう君らこそあちこち爆弾落としまくって忙しいくせに
何だよそれw

俺たち、にんにん忍者隊!!とか
笑かすなww 誰やねん


ところで、
トンヌラさんが狙っているのは我がへのへのであり、
君ら?んとこが勝手にへのへの使っているのは支障がある。
彼は同一人物だと思っているだろうが、
ほかの人からは私らが仲間に見えるかもしれない。
いらぬ勘ぐりされるとまた疲れる。

うちはトンヌラさんと一騎打ちするので、
お宅のへのへの看板おろしなよ。
もう天邪鬼の気は済んだろうし、自分の看板に戻して、
読みやすいブログを立てた方が良いと思うぞ。

数日前、ためしに
「七の日日記」と同時に「へのへの3」ブログ登録を削除するようにと、通報してみたw 
だけど変わらんw 

だからここで再度忍者隊に告ぐ
装甲看板を外して我が前に投降せよ  へ(のへの)

  

カテゴリ:
IT伝道とかブログ布教みたいな言葉を、ブログ村登録サイトで見たことがある。
それで不思議なんだが、
「日本ブログ村」には、本来は以下のような規定がある。
運営スタッフの手や頭が回らず、規制がいい加減になっているようではあるが。

■サイト削除に関するブログ村の姿勢

▼ ご利用規約
「ブログ村の禁止行為」に該当する内容や表現を含むサイト


・宗教関連、布教目的の内容・表現

http://help.blogmura.com/policy/guideline.html
  

私のプロフィール? ふだん匿名でごちゃごちゃ言ってるやつらが何を? 阿呆らしき「すいふと」

カテゴリ:
ソフィアさんが、すいふとのブログにコメント入れてきたと、そのコピペをしてくれた。
http://0w.blog.jp/archives/54821246.html#comments
だったらもうあっちのブログ見る必要ないなと思ったが、いちおう見てきた。

あの御仁、下らんことでヒステリー起こしているらしい。
話の内容より、どうとでも勝手に書けるプロフィールが大事だとは。
詐欺師にだまされやすいタイプかもね。

とりあえずここでも見たらどうだね。
http://www.blogmura.com/profile/01396496.html

へのへのブログ村


なお、私の「ペテン師」という言葉が、ヘイトだとか言われているようだが(ざっとしか見てないので印象)、次から次へと嘘をついて人を攻撃し侮辱しているアンチに対して私は「ペテン師」と言っている。嘘をつき、弱い者いじめ等をしているアンチの実態を述べて批判しているのに、それが気にくわないとはねえ。
すいふとが犯罪者的気質を持っているのは、先日のトピック冒頭からでもうかがえるがね。

  

カテゴリ:
勝手にうちの暖簾を使ってバトルしている へのへの2世の動向を知る必要があり、
ぶろぐ村「幸福の科学批判・告発」カテゴリを見るようになった。
他の人たちはめったにブログ更新をしないのでわかりやすい。

先日そのページを見ると、珍しく他のアンチ人が新トピック上げている
「自称 一般人」というタイトル。
いま関わっているへの2やトンヌラブログなど、
そして「楽山日記」は、最近HS観察トピックの新しいところを読んでいるとしても、
他の人のブログにあまり興味がないので、基本ほぼ読まない。
でも私はタイトルに誘われると関心が湧くのだな

教団批判専門ブログでこういう妙なタイトルだということは、
何かあるんだろうなと関心を持った。
そこには、ほーー

「すいふと」と名乗る偉そうな態度の御仁が悪口を書いておられた。
どうも最近ブログ更新をしている私に嫉妬し、ひがんでおられるようだ。
明らかに私の悪口を書いているのだが、伏字にしたり名前を出さなかったりと
コソコソとみっともないことをしておられる。

(上記は、私が○○○に嫉妬をしている、などという
汚い言葉で中傷する「すいふと」氏の文章を模した内容である)

まあ、彼の悪口を読んであげてください
何が正しい道理かどうかよりも、自分を中心にものを考える人なのだな。
最近あっちこっちから火の粉が降ってくるなあ。
まあいいけど。

すいふとのブログ 自称一般人
http://swift2012.blog.fc2.com/blog-entry-98.html


このトピックは後日手を入れるか、新しいタイトルとして取り上げてみようかな。


関連記事追加
私のプロフィール? ふだん匿名でごちゃごちゃ言ってるやつらが何を?
http://0w.blog.jp/archives/54906113.html

  

「七の日日記」、幸福の科学の異常な信者が私を脅迫してきた

カテゴリ:
「七の日日記」と名乗っていたブログが反応を示した。
今度は「仏法を護持するために」というブログタイトルに変えて、
仏法に反する阿修羅戦を始めたようだ。

トンヌラ氏はおびえたのかブログタイトルは変えたものの、
ハンドル名は「匿名希望」などと設定して、
これまた姑息なことをしている。全くなさけない御仁である。
匿名であるハンドルネームも名乗れないとは。
もう才谷トンヌラでいいだろう。


トンヌラ0215


朝っぱらなのだ、軽くメモしておく。
たしか「へのへの=ぽん吉」というタイトルだったトピックに、
以下の部分が新しく追記されているようだ。
あとはどうも以前と同じ内容らしいので目は通していない。
仏法を護持するために#3ー100%の確率で「ぽん吉 = へのへの」です。ー

どうやら、ぽん吉(へのへの)さんは、私のブログを削除したくて仕方が無いようですね。

おそらく、ぽん吉さんが削除させたいと思っているのは、「仏法を護持するために#2ーぽん吉の方程式ー」に書かれているぽん吉さんの過去の悪行についてでしょう。
実は、この記事には、ぽん吉さんを刑事事件に持ち込める情報を書いておいたんですよね。
政党の公式チャンネルを著しく荒らす行為は、立派な刑事事件になりますので、ぽん吉さんも焦ったのでしょう。

先日、ぽん吉さんは、私を教団に通報したようですが、私たちが「刑事事件に持ち込める情報」を知っているということをよく考えた上で行動した方がいいと思いますよ。
もし警察沙汰になったら、ぽん吉さんの人生は破滅しますし、ぽん吉さんを産み、育てたご両親も悲しまれますからね。
また、私はにほんブログ村から徹底しますが、ブログ自体は防衛用に残しておきたいと思っています。
ぽん吉さんの汚い言葉はもう見たくありませんので、このような「撤退戦をしつつ、防衛戦もする」という方法を選びました。

確かにトンヌラ氏は、頭がおかしいようだ。


ハンドル名さえつけられない才谷トンヌラさん、
今日中にでも刑事事件にしてください。
というか、しなさい。
たぶんできないと思うけれども、
ぜひやりなさい。私はそれを楽しみにしているよ


抗争の経緯をしらない私なので、何のことやらわからんが
必ず今日、明日にでも実行すること。それで、いいね?
やらなければ、やはり口先だけで人を脅迫している卑怯者ということだね?

  

カテゴリ:
幸福の科学信者グループ間の抗争で、無関係だった私まで迷惑している。
いいかげんに私や当ブログを巻き込むのをやめていただきたい。

おもしろがって信者たちを煽るのもやめなさいや。
当人が傷つくだけでなく、周りも迷惑している。

それと 元「七の日日記」のトンヌラ氏 http://bloggon.muragon.com/
何の関係も無かった私を誹謗したまま謝罪する良心もなく
逃走したということでいいんだろうね。
だったらブログを削除するべきだろう。
それとももうブログ村を顧みる勇気もないのかね?
信者として「幸福の科学」という名を汚しているのはあなたも同罪なのだよ。

もうしばらく様子を見るが、トンヌラ氏を探している人たちがいるようですね。
思いあがっていた自身を反省なさったらどうなのか。

  

カテゴリ:
ここ数日つい「2ちゃんねる」を見てしまうようになった。
また癖になってしまうといけないので、いい加減にした方が良いかな。

でも今日はひどいコメントを見たので、これは拾っておこう。
偉そうに、こんな事書いている人がいたんだ。

705 :神も仏も名無しさん:2016/02/13(土) 12:27:23.42 ID:96E7dN9W
    >>701
    格差社会っていうけど、ホームレスが栄養過多で糖尿病とかに
    なるのが日本という国なんだよ
    この現実を知ったほうがいいね


何を分かったような戯言ほざいてくれているんだろう。
自分こそが現実を知らないくせに知ったかぶりおって。

ホームレスの人たちに糖尿病がみられるのは、
食生活が貧しくて、栄養が偏っているからだよ。
健康に生きるために必要な栄養が足りていないからなんだよ。
食べられるものがほぼ炭水化物に偏ってしまい、血糖値が上がりやすいのだ。
そんな生活を長く続けていれば糖尿病になる率が高くなるそうだ。

糖尿病は、ホームレスだけでなく、貧困世帯にも多いという。
貧しくて食事が価格の安い素材に限られてくるからだ。
つまり炭水化物に偏った食生活になるというわけだ。

タンパク質の多い肉や魚、
ビタミンの多い野菜など
そういう食材は価格が高くて、なかなか買えないという家庭が日本で増えている。
バランスの良い栄養を摂れず、
せめて安い炭水化物でおなかを満たしたいという生活なんだ。

知らないのは仕方ない。
だが、偉そうに語るな。


BLOGOS  田中龍作 2014年12月30日
片山さつき議員バカ丸出し「ホームレスが糖尿病になる国ですよ」
http://blogos.com/article/102516/

  

カテゴリ:
数日前にテレビで「奇跡の人」という古い映画を放送していた。1962年製作、三重苦と言われたヘレン・ケラーさんと家庭教師サリバン先生のお話し。やっとその録画を見れた。以下はその映画だけの感想。

奇跡の人 [ アン・バンクロフト ]

奇跡の人 [ アン・バンクロフト ]
価格:1,749円(税込、送料込)


ヘレンが水に触って「ウォーター」と言おうとして、初めて言葉らしき声を発するという、その感動の場面は何となく見覚えがあった。だが、あとは全く記憶にない。昔その部分だけが放送されて覚えていたということだろうか?

映像というのは、本では実感できないところも描いてくれるからすごい。脚色はあるとしても、暴れるヘレンをしつけようとするサリバン先生の労苦が、俳優たちの演技とその映像によって、どれだけ大変な仕事だったのかという理解の助けになる。

甘やかして育てられ暴君となった子供を教育するには、知識や愛情・根性だけでなく、体力が必要だった。サリバン先生が若かったのも幸いしていた。

「奇跡の人」というのは、もちろんヘレンさんのことだと思っていた。でも映画を見始めてすぐに、サリバン先生こそ第一の奇跡の人だと感心してしまった。

そしてこの奇跡というのは、まずケラー家が裕福な家庭であったから起こり得たこと。だから家庭教師をやとえたのだ。知識者たちとも縁があったから、専門の良い教師に巡り合えたのだ。資産があり、さらに愛情のある両親だったから、教師を探す努力も実ったのだ。それすらも運命的であったが。

サリバン先生は当時では運良く学べた学校で手話(指話)教育を受けていた。こうして専門的な教育法が発達していき、盲と聾という障がいがある人たちも、健常者に近い知識を得ることができるようになっていった。人間らしい暮らしができるようになった。

暗くて何も見えない、音もない世界だった。そこへサリバン先生が来て、身の回りのすべてに名前があるということを教えてくれた。それらを言葉として意思を伝えられることが分かった。その感動。暗闇が一気に光で満たされたようなその瞬間・・・ 

知識の伝達によって、広い世界を知ることができる。ほんとに奇跡的なその瞬間がまた現代の障がい児たちへ綿々とつながって、日常となっているんだよな。今もこれからも、もっともっと奇跡が起こる。

(マナーのしつけや手話(指話)教育をしたのは分かったけれど、発声の練習している場面はなかったようだが、どうだったかな? まずは口に手を当ててしゃべったりして、矯正していくんだろうな)



追記
邦題 『奇跡の人』の原題は the Miracle Worker(ミラクル・ワーカー)
だから家庭教師アニー・サリバンのこと。称賛された一方では批判もある。


ウィキペディア 奇跡の人から
この『奇跡の人』はアン・サリバンの記録をもとに書かれたものであるが、有名な井戸水を手にかけて「ウォーター」という言葉を理解し発した、というエピソードはこの戯曲における創作である(実際にはサリバンの著作では、ケラーはこの時「water」と綴っている。ケラーが発声できるようになるのはもっと後のことである)。


  

カテゴリ:
幸福の科学信者トンヌラ氏が何の関係もない私を突然誹謗攻撃し始めた件
教団から注意してもらえないか、幸福の科学公式サイトのメールフォームから問い合わせをしてみた。
https://contactus.happyscience.me/jpn/

今日思いついたまま文章を綴って送ったので、あまり熟慮した内容ではない。
私が熟慮したところで能力に限界があるからたいして変わらないだろうし。

フォームには500字以内しか書き込めなかったので、3回に分けて送った。

2016年2月11日

信者ブロガーの迷惑行為について(1)

私はインターネット上で、幸福の科学信者から謂れのない誹謗中傷を受けています。どこに苦情を申し立てたらよいのかわかりませんので、こちらから失礼します。

「にほんブログ村」というブログ登録サイトに「幸福の科学」カテゴリがあるのはご存知かと思います。信者専用ではありませんので、非信者である私のブログも登録しています。

これに対して「七の日日記」というタイトルをつけた幸福の科学信者のブログが、突然誹謗中傷をしました。書いていたのは元のハンドルネームが「才谷梅太郎」とか「トンヌラ」という人物らしいです。私が何度か抗議してからは、ブログ名もハンドル名も隠した上で、私の中傷を書いたブログは放置されています。一部の記事は消して証拠隠滅しているようです。

元々幸福の科学信者ブロガー間でグループ対立があり、何らかの紛争が長く続いていたらしいです。そのカテゴリに新しく登録した私は何の関係もないから事情も知らないし、また信者さんのブログに口出ししたこともありませんでした。そこに「七の日日記」ブログが私を「ぽん吉」という人物だと断定して、邪悪だとか嘘を書いているとか言って攻撃をしました。後で続きを送信します


信者ブロガーの迷惑行為について(2)
信者ブロガーの迷惑行為について(1)の続きです


「七の日日記」トンヌラ氏は、他の人にも同じようなことをしていました。そうやって自分が他人に迷惑をかけている立場のくせに、相手を「許します」など頭がおかしい人のような発言をしてきました。そうしていつまでも反省も謝罪もせずブログも放置されています。コメント欄は閉じられており、直接抗議することもできません。

そこでお願いなのですが、幸福の科学本部・全支部に対して、このブログを書いている信者は誰なのか調べていただき、厳重注意していただきたいと思います。
誰であるのか個人情報は当方に知らせていただかなくても構いませんが、できれば所属支部程度はお知らせいただき、私を誹謗中傷して迷惑をかけたことをブログ上で謝罪するようにお計らいいただきたいのです。(あとでこの続きを送信します)


信者ブロガーの迷惑行為について(3)
信者ブロガーの迷惑行為について(2)の続きです


私のへたな文章ではお分かりにならないようでしたら、何度でもわかる範囲でお答えするつもりですので、お返事お願いいたします。
この程度のことで個人情報を出すつもりはありませんので、当方も仮名で失礼します。


●にほんブログ村「幸福の科学」カテゴリ
http://philosophy.blogmura.com/kofukunokagaku/

●へ(のへの)ブログ(私のブログ)
「七の日日記」による誹謗中傷を幸福の科学教団本部に連絡しようかと思案中
http://0w.blog.jp/archives/54210542.html

関連トピックのリンク集
http://0w.blog.jp/archives/53972312.html

●私を誹謗中傷したトンヌラ氏の
七の日日記ブログ(現在はブログ名を隠して「ブログタイトル」としてあります)
http://bloggon.muragon.com/

以上です

  

カテゴリ:
宗教法人「幸福の科学」の公式サイト http://happy-science.jp/
いつの間にかまたリニューアルされていた。
トップページが邪魔で重い画像だらけになってしまっていて、情報が大変見えにくい。

こんなに見づらくなると、ニュース探すのもげんなりする。
これでどんな人たちが喜ぶのだろう。誰の得になるのだろう。

  

このページのトップヘ

見出し画像
×