(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

2014/11

じいちゃんなんだけど、昔のセーラームーンを見てしまった

テレビのレコーダーが自動的に新番組を録画してくれる時代。今年の夏、「夏休み子ども劇場」とやらで、アニメ「セーラームーン」が録画されていた。一昔前に流行したらしいが、たぶんテレビ番組を見たことはないから内容は知らなかった。ただ、主人公の女の子がセーラー服姿なのと「月に代わっておしおきよ!」という決めセリフは知っている。相当宣伝されていたのだろう。いつのまにやら脳裏にしみついているのだな。

今年になって、このセーラームーンの新シリーズがアニメ化されたというニュースは見た。それで昔のアニメが再放送されたのだろう。そんなに人気があるって、いったいどういう話なのだろうかと、なんとなく見始めたのだった。夏休みだけやるのかと思ったら、なんとそれが・・・・11月になってもまだ続いているではないか。

変身したセーラームーンたちが「仮面ライダー」の怪人女版みたいなのとしょっちゅう戦っていて、なんだかワンパターンではある。何度か見てもういいやと思ったけれど、最後どうなるのかは関心があった。ところが、やっと終わったと思ったら「セーラームーンR」になり、先日それが終わったと思ったら今度は「セーラームーンS」が始まったぞ、いつまで続くのだ?

自分で「美少女戦士」だとのたまう少女たちのドラマ。まあ、かわいいのは否定しないけど、なんで戦闘に不向きな超ミニスカートで戦うのやら? セクシーさで男を挑発するアニメでもあったのだろうか? そういうところは嫌い。しかし女の子でもこういう戦闘マンガが好きになるというのが意外だった。単純に暴力と殺し合い、そしてたまに敵にも人情がわくと。
ギャグとシリアスの境界が込み入っているところがちょっと不思議。女の子らしくずっと恋の話がからんでいる。だが中学2年生の女の子と大学生の男性のキスシーンが何度かあって、おい、いいのか?と複雑だった。見てる女の子がおませなのか、作家たちが刺激を与えて少女たちの性欲をあおっていったのか。男の子のドラマだったら、女子への恋心があるとはしても、キスシーンなんて入れることは無かったと思うんだが。

ずっと予約録画してあったので、もったいないから孫たちの世代にでも残そうかと思った。でもどうも自分としては、子どもたちにわざわざ見せるのはためらわれる内容だ。仲間同士の信頼はすてきではあるし、笑えるギャグもちりばめられていて可愛さはあるんだけれど・・・。そして、やっぱこれは戦争ものだよなあ。

「靖国」参拝 幸福実現党党首の言いがかり

リバティwebにこんな記事が上がっていた。
2014.11.23  http://the-liberty.com/article.php?item_id=8800

幸福実現党は本格的な宗教政党だが、釈党首は講演の冒頭で、声を震わせながら、こう訴えた。「なぜ安倍首相は、靖国神社の参拝に行かないのか。(安倍首相自身も尊敬する)吉田松陰先生も祀られているのに、なぜ行かないのか。中国の口先一つで、なぜ行かないのか。それは(靖国に魂が祀られているということを)信じてないからでしょう。国会議員に信仰心がないなんて許せません」

幸福実現党党首は、なぜこんな嘘をつくのだろうか? 安倍首相は何度も靖国参拝をしているではないか。
たとえば終戦記念日などに行かなかったとしても、ほかの日に参拝している。それで釈党首の言うような、靖国の魂を信じていないということにはなりはしない。支離滅裂だ。
それに安倍氏は神道系を敬っているではないか。また、日本の憲法では信仰の自由が認められているのに、国会議員に(靖国神社への)信仰心がないのを許せないなどとは、人権侵害ではないだろうか。

当方は安倍首相に疑問を感じる方なので、氏を擁護する気はないけれどね。
それと、新興宗教靖国神社は勝手に故人の名を利用している点では日本最大級のカルト宗教だと思うし。

ヒル 第六感

幸福の科学的「霊言」のネタ元b

c52c4788

続き 「0w」

変更の場合は http://0w.blog.jp/archives/65012060.html
(更新2016/08/16)
続きを読む

「幸福の科学」の「霊言」はこうして生まれた(b)

昭和後期、「成功法則」系の出版が小さな流行となっていた。最初は洋書の翻訳が出て、それをまねた有象無象の国産本が出回ったように思う。若かった自分が何冊か買ってみて、いまだに記憶に残る書名は『成功哲学』。ナポレオン・ヒルの有名な著書だった。400ページほどあるその分厚い本の最後のあたりに、「第六感」という章がある。そこには、すでに亡くなった有名な故人を呼び出して(そのつもりで)会議を開く方法が書かれていたのが異色だった。

『成功哲学―やる気と自信がわいてくる』
ナポレオン・ヒル (著)  産業能率大学出版部 1977/11 発行
 
「幸福の科学」教組・大川隆法氏も、その後「成功法則」系の本を書いていた。既存の様々な同類書籍を読んで自分の意見としてまとめたのだろう。だが浅薄でつまらない内容だった。特色としては、成功法則・自己実現を語る本には、仙人系の著者が書いたものがあり、危険だという釘を刺していたことだったと思う。つまり自分の本の方が価値があるという自慢なわけだ。二番煎じ三番煎じにすぎないのに。
後年、隆法氏の「霊言」なるものが、このナポレオン・ヒルが思いついた手法によって再現できると気付いた。彼なら『成功哲学』を読んでいないはずがない。ナルホドと納得。ずいぶん昔の話だ。
故人となった著名な人たちの意見を述べる方法、その概要を自分なりにまとめて誰かに知らせたかったのだが、思考力がジャンジャン衰えて要約ができなかった。
その後すっかり忘れてしまい、本は捨てたがこの章だけ破って残していたので、コピーを次のスレッドに貼り付けておく。 
>> http://0w.blog.jp/archives/29560019.html
 

実は同じような内容が、これよりはるか以前に「巨富を築く13の条件」 (実業之日本社 1964年) という薄い新書で翻訳されていたような記憶があるんだが、今となっては不明。それと数年前に調べたら、現在の「成功哲学」新版は田中孝顕著と名をかえて、この章を省いてしまっていたような気がするが、どうだったかな? 今はさして興味がないので確認していない。
故人との会話は、昔から霊能者もどきが自己催眠・暗示にかかってそれらしいことを語っていたのと同じこと。ナポレオン・ヒルの発見は、これを霊とは無関係に活用できたことだ。
(一部修整)
 

尊厳死について知らなかったこと

佐藤由美子の音楽療法日記
尊厳死について知らなかったこと

一部抜粋
考えてみてください。あなたがブリタニ―だったらどうしますか?彼女は、神経膠芽腫という悪性の脳腫瘍の診断を受け、余命わずか6か月であるという宣告を受けました。
彼女が恐れていたことは、がんが進行し、自分の意思でなにもできなくなり、苦しみながら最期を迎えることでした。
がんで死ぬということは、自分のコントロールを少しずつ失うということです。そんな時、尊厳死という「選択」が与えられたことで、そのコントロールを少しでも取り戻すことが出来るのかもしれません。
そして、選択があるということだけで、精神的に救われるのです。ブリタニ―自信も、ビデオでそう語っていました。
がんで苦しみたくないなら、なぜホスピスや緩和ケアを利用しないのか、と思うかもしれません。しかし驚くことに、オレゴン州で2013年に尊厳死を選んだ人々の85%は、ホスピスケアを受けていました。
つまり、尊厳死はホスピスの「代わり」ではなく、「補足」と考えられているのです。これは、ホスピスで働く私たちにとって、とても興味深いことです。

子宮頸がんに関心をお持ちのすべての皆様へ

週刊誌がひどい
宋美玄  2014-10-29 17:15:16 
立て続いて男性週刊誌が女性の健康についてむちゃくちゃなことを書く、ということが起こりました。
二つとも、おつきあいのある雑誌、よくお仕事をさせていただく出版社ですが、ここは名指しで書きたいと思います。
・光文社FLASH がんは放置しろと言い続けている近藤誠医師が、子宮がん検診は意味がなくて子宮がんの治療もお金を儲けたいだけだと言っているもの 
・小学館週刊ポスト 産婦人科医の久保田医師が早期母子接触(俗に言うカンガルーケア)と完全母乳のせいで発達障害が増えていると言っているもの
 続き >> http://ameblo.jp/son-mihyon/entry-11945527870.html


FLASHの近藤誠氏の記事への抗議
宋美玄  2014-11-05 17:52:32
先日「週刊誌がひどい」という記事にも書きましたが、光文社FLASHが載せた近藤誠氏の、子宮がん検診は意味がないという記事に対して、大阪大学産婦人科木村正教授が抗議されています。


子宮頸がんに関心をお持ちのすべての皆様へ
大阪大学医学部産婦人科

最近、週刊誌上で「子宮頸がん検診を受けてはいけない」
「上皮内がんは治療しなくてよい」などと書かれた記事が掲載されていることを知り、
腰が抜けるほどびっくりしました。

医療が進歩した今日でも、子宮頸がんは放置すれば死に至る悪性疾患であることに変わりありません。私たちの阪大病院でも多くの患者のみなさんの悲しみの声を聞きながら何とか健康を取り戻していただくよう懸命に治療をしています。子宮頸がんの罹患率と死亡率は、細胞診による子宮頸がん検診を受診すれば、受診しない場合と比べて、減少することが科学的に明らかにされています。わが国においても、厚生労働省研究班が詳細に検討し、「有効性評価に基づく子宮頸がん検診ガイドライン」1)において、「細胞診による子宮頸がん検診が有効である」という結論を公表しています。
続き >> http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/gyne/www/html/cancer.html
最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/