(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

2014/05

僕の体は血液すら使えないらしい

ただ生きているだけで他の生命を奪い、ゴミを出し続けていくばかりの人生みたい。甲斐性無しでろくなことできやしないし。

くだらない自分でもこの人生で支払えるものっていったら、昔は血液くらいは使えた。最初のきっかけは学校の教師の手術に大量に必要ということだったと思う。ずいぶん昔の話。どれだけ金があっても人工的にはつくれないというし、ちっとは役にたつだろう。それから若いころに400ccで30回くらいは協力できたんじゃないかな。
最近は献血をする人が減ってきているという。協力したくても今のオレにはできない。もう年くったポンコツでもあり、血液もオンボロだ。

昔は貧乏暮らしでろくに食事もできない数年があった。だからたまには献血しようと思っても、いつも貧血で不適格・・・。数年後なんとか食えるようになったが、今度は体を傷めてしまう。鎮痛剤やら筋弛緩剤などで何年も薬漬けになり、またもや献血すらできなくなった。

少しは調子のよい時期があって、思い立って数週間の薬断ちをしてみたことがある。きれいな血じゃなきゃかえって迷惑かけるし、薬効が完全に抜けてから医師の問診を受けて献血。幸いにして貧血ではなかった。ところが後日、それ以上にショッキングな結果を知らされる。

いや何、エイズではない。だけどB型肝炎ウィルスの抗体が見つかったので、今後は献血を遠慮してほしいということだった。青ざめるほどびっくりした。
すでに完治していてウィルスはみつからない。抗体ができているので、今後また感染することもないし、もちろん人に病気をうつすこともないという。つまり普通の人よりかは安心だということなのか? だったら献血しても差しさわりなさそうだし、それ以前は実際に使われていたらしい。だが基準が変わり厳しくなったということだった。
どっちにしろ、伝染性疾患の経験者だったということなら、自分から身を引いてしまうけど。

その当時は思い当たることは何もなかった。あるとすれば歯科医院くらいかなという程度。恐ろしいことに治療器具を毎回の消毒はしないクリニックも稀にあるとは聞く。だからといって、自分がそこにたまたまめぐりあったと考えるのは無駄なことだ。いつ肝炎にかかったのかが分からない。聞くところによると、日本人はそういうケースが多いそうだ。5人にひとりはこうしていつの間にか感染し、自然治癒しているらしい(はっきり覚えていないが)。
そういえば体がとんでもなくつらい時期がありはした。1週間や2週間はもつけれど、3週間もすれば死ぬんじゃないかと不安でフラフラしながら生きていた。全身が少し麻痺したように動きづらい症状を持っていたので、その影響かもしれないと思っていた。それが1年ほどたっても同じ症状が続き、その後も結局死ななかったわけだけれどね。

いまも体中の痛みや頭痛が続く日々を生きているのはしんどい。めんどくさい血液検査をしても原因が分からない。薬を飲みすぎると胃や肝臓をいためると言われるけれども、薬なしでこの苦痛に耐えることは難しい。以前はあまりにもひどい激痛に連日苦しめられて、発作的に部屋の窓から飛び降りたくなったことが何回もある。今は少しは楽になったが時には泣きたくなる日もある。でもオレはまだ幸せなほうなんだよな。難病の人たちの痛みと比べたら・・・
そして、たとえ がんや難病で闘病中でも、生き生きとしている人たちはいる。その精神の輝きに比べたら自分はどうだよ。もうずいぶん年をくった。さあ、しめくくりに何をしておくべきか?
 


追記
昔の集団予防接種で注射針の使い回しがあって、それでB型肝炎になった人たくさんいるらしい。症状が出ない人もいるというし、日本人に多いと聞いていたし、もしかして自分もそれで感染したのだろうか?

握手会で襲撃されたAKBメンバー

女性アイドルグループAKB48の握手会で、二人のメンバーが襲われたという事件。二人とも指を骨折と裂傷、うち一人は頭に傷を負った。犯人はAKBのメンバーなら誰でもいいから殺そうと思っていたという。このグループのことはほとんど知らないが、特に罪も無い弱い女性たちに何てことをするんだと怒りがわいた(もちろん普通はそうだろうけど)。

芸能界では、昔からコンサートなどで襲われる事件が発生している。たしか塩酸をかけられた女性もいたのではなかったか? 握手会ともなれば警備はかなり厳しいと思っていたのに、そうではなかった。それでも男性スタッフたちがけがをしながら犯人を取り押さえ、何とか最悪の事態はまぬがれた。

AKB運営側の警備がずさんすぎるとは思う。けれどもだ、そばには男性ファンたちがわんさかいただろうに、女性メンバー二人もがそれほどの傷を負う前に、なぜ身を挺して止められなかったのかと残念でならない。突然だったとはいっても、反応が鈍すぎるのではないだろうか(現場の状況も知らずに書いて申し訳ないが)。そんなことでは自分の現実的なパートナーでさえも守れないよ。

けがをした二人は本当に恐ろしかっただろう、痛かっただろう。凶器のノコギリで顔を切られなかっただけまだよかった方だが、心の傷は相当深いはず。事務所もそうだけど、芸能人の男性ファンたちよ、ちやほやして喜んでるだけでなくて、好きな人ならしっかり守ってやれよって思う。

つらい体験から立ち上がった人。「Invisible」 ハンター ヘイズ

過去にいじめられていた体験があり、そこから生まれた言葉がこめられているというので気になった。

(歌詞は要約した)
自分の場所が見出せず苦しんでいる人たち
投げつけられる言葉に傷ついてきた人たち
目に見えない存在だと感じたことのあるあなた
でも、あなたは一人きりじゃない
あなたを分かってくれる誰かがいる
今の気持ちだけが人生のすべてじゃない
いつかきっと今を振り返るときがくる
そのとき、この苦しみこそが見えないものになっているだろう



ハンター・ヘイズ -- インビジブル (リリック・ビデオ/日本語字幕入りver.)
warnermusicjapan  2014/02/27 に公開
第55回グラミー賞にて、最優秀新人賞を含む3部門にノミネート!
若きスーパー・スター、ハンター・ヘイズのニュー・シングル「インビジブル」。

オフィシャル・サイト
 

犬や猫の命を守ろうとしていた山崎氏、パワーハラスメントを受けて自殺

栃木県が職員自殺でパワハラ 調査
http://www.47news.jp/CN/201405/CN201405 2201001105.html
2014/05/22 13:25 【共同通信】

外部からの指摘で 栃木県動物愛護指導センターに勤務する男 性職員(50)が4月中旬に自殺していたこ とが22日、県への取材で分かった。県は、 男性がパワーハラスメントを受けたことが自 殺の原因とする外部の指摘を受け、近く内部 調査することを決めた。

県によると、男性は4月15日から出勤せず、20日に宇都宮市の河川敷に止めた車内 で、遺体で発見された。県警は練炭を使った 自殺とみている。 男性を知る動物愛護団体がパワハラを受け ていたとインターネットのサイトに書き込む などしているほか、5月21日までに同様の 指摘、意見が電話とメールで県に50件ほど 寄せられていた。


*~ しあわせのかけ橋 ~* より
http://sorakaimama.blog.fc2.com/blog-entry-338.html
 2014-05-14(23:45)
栃木動物愛護指導センターのパワハラ
今日
愛護団体と繋がっていて内部情報を流していると濡れ衣を着せられ
自殺に追いやられたYさんの葬儀に参列してきました・・
参列者はほとんどが栃木動愛センター職員
9:30から火葬のはずがその前に火葬されてしまい会えたのは私だけでした。
ボランティアの私が来たことに驚いていた職員の方々
自殺するまで精神的に追い込んだ張本人も参列していました
涙を流されていたのは数人
あなた達はそこに横たわる遺体を見て何も感じないのですか?
あなた達がYさんの未来を奪ったのですよ!

心の汚れた人たちは動物たちだけじゃなくまともな人間さえも殺すんだね・・・

休暇日に呼び出しを受け、上司からのパワハラを受けたYさん
何時間我慢していたのでしょうか・・
一生懸命、動物の為に働いていたYさんにクビを言い渡した
悔しかっただろう
無念だったよねYさん

続き http://sorakaimama.blog.fc2.com/blog-entry-338.html
その他、関連記事あり。

鶴橋安寧 2014.5.22

大阪・鶴橋
レイシスト(差別主義者)たちのヘイト街宣があるということで、
カウンターとして初参戦してきた
と言っても、街宣の対面でプラカード持って立っていただけだけど
以前「朝鮮人を殺せ」と叫んでいた団体だよ。
そんな連中に向かって、そばで女性たちによる反撃のコールが。
ビデオも撮られて怖いだろうに、なんて勇気ある人たちだ。
一帯に集まった多くのカウンターたちの声がレイシストのメガホンを圧倒していた。

ツイッターでは、朝鮮学校の子どもたちも帰宅の時間なのにと、
心配する声も上がっていた。
ほんとに、なんでこんなことが許される世界なのだろう。子どもたちを守れ。


togetter まとめが上がっていた。
【鶴橋安寧】性懲りもなく現れたレイシストに今日もカウンターが集結(2014・5・22)
http://togetter.com/li/670543

鶴橋のヘイト街宣現場で配られていたチラシ

8d4345d5.jpg

 
0ec5383c.jpg


生殖医療は「科学の濫用」か?――「自然」と「不自然」の狭間で 『生殖医療はヒトを幸せにするのか』著者・小林亜津子氏インタビュー

SYNODOS 2014.05.19 Mon
精子・卵子の凍結保存、人工授精、代理出産……生殖医療技術の発展によって「子どもを持ちたい」という願いをかなえる人が急増している。その一方で、そうした技術を使って子どもを産むことを「科学の濫用だ」と批判する声も耳にする。生殖医療の発展で生じた様々な軋轢、価値観や倫理への問い。『生殖医療はヒトを幸せにするのか』で、当事者と非当事者の「温度差」に橋を架けたかったと書く小林亜津子氏にお話を伺った。(聞き手・構成/金子昂)
 
 
生殖医療はどこまで発展しているのか
 
── 生殖医療が発展していることは多くの方がご存知と思いますが、社会や命に関する価値観が根底から揺さぶられるような事態になっているとは思ってもみませんでした。最初に、現代の生殖医療ではどんなことができるようになっているのか、いくつかご紹介ください。
 
そうですね。例えば精子の凍結技術に比べて、卵子の凍結技術はうまくいっていなかった、あるいは凍結できても妊娠率がかなり低かったのですが、培養液の開発などによって、かなりの精度で凍結することができるようになりました。
 
「卵子の老化」によって生殖能力が低下することはよく知られていると思いますが、この技術によって、若いうちに卵子を凍結する女性も増えるでしょうし、精子のように卵子の売買も行われるでしょう。

続き >>  http://synodos.jp/newbook/8330

いじめの加害者、成長後は健康?

Sarah Zielinski 
for National Geographic News
May 14, 2014

 子ども時代のいじめによる影響は、被害者・加害者ともに一生付きまとうことがある。しかし、5月12日付けで発表されたデューク大学の研究報告によると、ある測定方法を用いたところ、子ども時代にいじめを受けていた人が長期的な後遺症に悩まされている一方、いじめた側は同年代と比較して健康的であることが分かったという。

続き >>  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140514001

【天才】15歳の少女が初期ステージにあるHIVウィルスの早期発見検査法を開発

IRORIO

  あきやまさな

いつの世にも天才という称号をほしいままにする少年少女が現れるもの。IRORIOでは様々な天才少年少女をご紹介してきたが、今回のニコール・タシャさんも負けてはいない。カナダ・バンクーバーのヨークハウス高校に通うタシャは、15歳。HIVウィルスを瞬時にして検出できる検査法を開発した、若き科学者なのだ。

一滴の血液でHIVの早期発見が可能に

タシャは、サイモンフレーザー大学の準教授マーク・ブロックマンと大学院生グーセヴ・アンモーレの助力を経て、等温核酸増幅法によるHIVテストを開発。ピンプリック法の、指先を小さな針で刺すことによって得られる少量の血液をチップに通すだけで、HIVに感染して間もない初期ステージでも素早くウィルスを検出できる。

彼女の検査法があれば、医療施設のないアフリカの僻地でも、容易に診断が可能となる。

「ニコールのシンプルで素早く結果が出せる検査方法は、発展途上国でHIVの初期ステージにある大勢の患者たちの命を救うか、そうでなくとも延命するのに役立つはずだ」と、アンモーレは話す。


続き >>  http://irorio.jp/sakiyama/20140513/134539/

アルツハイマー病のマウスで記憶回復に成功、研究

アルツハイマー病のマウスで記憶回復に成功、研究

AFP  2014年04月24日 16:13 発信地:マドリード/スペイン
http://www.afpbb.com/articles/-/3013462


 
【4月24日 AFP】アルツハイマー病のマウスを使った実験で失われた記憶を遺伝子治療で回復することに成功したとの研究結果が、23日の米専門誌「神経科学ジャーナル(Journal of Neuroscience)」に掲載された。

 スペインのバルセロナ自治大学(Autonomous University of Barcelona)の研究チームは遺伝子組み換えマウスを使った実験で、記憶に関係する脳の海馬に、アルツハイマー病の患者で阻害されるタンパク質を生成する遺伝子を注入した。

「遺伝子治療により注入されたタンパク質は、長期記憶の固定に関与する遺伝子の活性化に必要な信号を動作させる」と同大は声明で述べた。

「今回の研究が、人間でもこれらの遺伝子を活性化させ、記憶を回復させる薬剤の開発につながることを期待している」と研究チームを率いるカルロス・サウラ(Carlos Saura)氏はAFPの取材に語った。(c)AFP

一人親家庭の子どもも両親揃っている子どもと幸福度は変わらないとの調査結果

IRORIO  
  


 さまざまな事情で父親、もしくは母親のいない一人親の家庭で育つ子どもが増えているが、こういった子どもは一般的に“かわいそうな子”というレッテルを貼られがちだ。

ところが新たな調査によれば、例え親が1人欠けていたとしても、子どもたちが感じる幸福度は両親揃っている家庭の子となんら変わりがないことが明らかになった。

続き >>  http://irorio.jp/asteroid-b-612/20140425/130361/

くる病:乳幼児に増える 母乳、日光浴不足、食事が要因

毎日新聞 2014年05月02日 11時00分(最終更新 05月02日 13時04分)

重度のO脚でくる病と診断された男児=北中幸子准教授提供
重度のO脚でくる病と診断された男児=北中幸子准教授提供

 栄養不足の時代に多かった乳幼児の「くる病」が最近、増えている。紫外線対策の普及や母乳栄養の推進などが複合的に関係しているという。専門医は「くる病は母乳で育っている子どもに多く、特に注意してほしい」と呼びかける。

 くる病は、ビタミンDが極端に不足することで血中のカルシウム濃度が下がり、骨の変形や成長障害などを引き起こす。歩き始める1歳以降、足に負荷がかかってO脚になりやすい。



続き>>http://mainichi.jp/select/news/20140502k0000e040190000c.html
 


WHO報告書 抗生物質効かなくなっている

WHO報告書 抗生物質効かなくなっている

WHO報告書 抗生物質効かなくなっている

写真拡大

 WHO(=世界保健機関)は先月30日、これまで有効とされてきた抗生物質が細菌の進化により、世界各地で効かなくなってきているとする報告書を発表した。

 例えば、ある種の肺炎の治療に効果があるとされてきた特定の抗生物質は、今では患者の半数以上について効かないという。WHOは、対応策をとらなければ「これまで治すことができた感染や小さなケガでも死に至るようになる」と警告している。
 http://news.livedoor.com/article/detail/8790443/

小保方さん論文調査委、新たに3人加工疑惑 研究者5人中4人が調べられる側に

 STAP細胞の論文問題で、小保方晴子氏(30)の不正を認定した理化学研究所(理研)調査委員会の委員3人の過去の論文に、画像切り貼りなど加工の疑いが指摘されていることが1日、明らかになった。理研は、所属委員の論文について、本格的な調査が必要かを判断するための予備調査を始めた。同様の論文加工で委員長を辞任した石井俊輔上席研究員(62)を含めると、当初の調査委員の研究者5人のうち4人の論文に疑いが浮上する異常事態となった。

 泥沼状態だ。調査するはずの委員たちが、予備とはいえ調査される立場に。4月25日に委員長が辞任したばかりの“小保方氏調査委”に、新たな論文加工疑惑が浮上した。

続き >>  http://news.livedoor.com/article/detail/8794691/

最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/