(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

2014/03

南海トラフ巨大地震、想定死者30万人を10年で8割減に 基本計画決定

産経新聞 3月28日(金)10時22分配信

 政府は28日、南海トラフ巨大地震対策の基本計画を決定した。最悪で30万人以上と想定した死者数を今後10年間で8割減らす目標を新たに掲げ、津波防災や耐震化を推進。対策を進める防災対策推進地域として29都府県の707市町村を指定し、このうち深刻な津波被害が懸念される14都県の139市町村を特別強化地域とした。首都直下地震でも基本計画を決定し、10都県の310市区町村を緊急対策区域に指定した。

 東日本大震災を受け国が策定を急いできた2つの地震対策の基本方針がまとまったことで、甚大な被害を避けるための防災対策が本格的に動き出す。

続き >>  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000508-san-soci

全国平均「30.1歳で初産」 2011年

【インタビュー】

女性が妊娠できるのは「42歳まで」と判明

  [2013/03/13]

「30.1歳で初産」という現実


厚生労働省の人口動態調査を見ていると、衝撃的な発表内容があった。「出生順位別にみた父母の平均年齢の年次推移」で、母の第1子出生時平均年齢が1975年(昭和50年)に25.7歳だったものが、2011年(平成23年)には初めて30歳を超え、30.1歳となった。これは、東京に限った話ではなく、全国平均のデータである。

続き >>  http://news.mynavi.jp/articles/2013/03/13/ninkatsu/

東大病院の不正は患者情報流出だけではない ノバルティス白血病薬の臨床研究で患者に虚偽の説明

東京大学医学部附属病院が中心となり22の医療機関が実施した慢性骨髄性白血病(CML)治療薬を用いた医師主導臨床研究「SIGN研究」で、254人分の患者情報が大手製薬ノバルティスファーマの手にわたっていたことが明らかになった。不正に流出した患者情報の中には、性別や生年月、イニシャル、副作用情報などのほかに、個人が特定できる患者IDも203人分が含まれていた。・・・・・

続き >>  
http://news.livedoor.com/article/detail/8637308/

STAP論文、共著者が撤回提案「疑問点多い」

 理化学研究所の小保方晴子・ユニットリーダー(30)らが発表した新しい万能細胞「STAPスタップ※細胞」の論文に、不自然な画像の使用や文章の引用などが複数指摘されている問題で、共著者の1人である若山照彦・山梨大教授(46)は10日、「論文に疑問点が多い」として、理研などに所属する論文著者に、論文の撤回を提案したことを明らかにした。・・・・・

続き >>  
http://news.livedoor.com/article/detail/8617782/

富士山いつ噴火してもおかしくない…予知連会長

 国の火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣としつぐ会長(東京大名誉教授)が3日、BS日テレの「深層NEWS」に出演した。

 「富士山はいつ噴火してもおかしくない状態。(パニックを起こさないためには)避難計画を作り、それに沿った訓練が重要だ」と述べた。・・・・・

続き >>  http://news.livedoor.com/article/detail/8593962/

STAP細胞論文に他論文と酷似箇所…実験手順

読売新聞



 新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」について、理化学研究所などが1月に英科学誌ネイチャーで発表した2本の論文のうちの1本で、実験方法を記した文章の一部が、2005年に発表された別の論文とほぼ同じであることが1日、わかった。
 理研は「似ているという指摘は、把握している」と話している。

続き >> http://news.livedoor.com/article/detail/8588593/

遺伝子組み換えマウスが別室に iPS研「管理ずさん」 山中氏謝罪

 京都大iPS細胞研究所で、実験用の遺伝子組み換えマウスの取り扱いが不適切だったとして、文部科学省が京大を口頭注意していたことが1日、分かった。

 遺伝子組み換えマウスが管理区域外の所内の洗浄室で見つかっていた。同日、記者会見した山中伸弥所長は「生きた遺伝子組み換えマウスが屋外に出た事実はないが、私たちの研究に大きな期待を持っておられる皆さんに、研究所を代表して謝罪する」と話した。
続き >>  http://news.livedoor.com/article/detail/8587143/

エイズ感染者と発症者、過去2番目の多さ…昨年

 厚生労働省のエイズ動向委員会は2月28日、昨年末までの1年間に新たに確認されたエイズウイルス感染者と発症した患者の合計が過去2番目に多い1546人だったと発表した。・・・・・


続き >>  http://news.livedoor.com/article/detail/8586140/

最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/