(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

2014/02

iPSでパーキンソン病治療へ、京大が臨床申請

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病治療の臨床研究に向け、京都大が今年6月にも、再生医療安全性確保法(昨年11月成立)に基づく第三者審査委員会の設置を厚生労働省に申請することがわかった。

 新法に沿った初の臨床研究の手続きで、再生医療のモデルとなる。

 パーキンソン病は、脳の「黒質」と呼ばれる部分で、神経伝達物質のドーパミンを放出する神経細胞が減少することで発症する。手足の震えや歩行障害などの症状が出る。・・・・・

続き >>  http://news.livedoor.com/article/detail/8577806/

なんやかやとデマわっている画像があるらしい


https://twitter.com/kumikokatase/status/434982537702555650/photo/1


私が作成した画像が、無断で別の説明を付けてネットで拡散されていますので、説明を付けたものを新たに作りました。もし、「コピーペーストの証拠」等と間違った使われ方をしているのを見かけましたら、この図を提示して下さい。ご協力をお願いします。

暴力やアルコールなどの問題は親から子へ遺伝的に受け継がれる

ストーリー by hylom 2014年02月20日 7時00分
記憶は遺伝するのか 部門より

eggy 曰く、

暴力やアルコール依存症といった社会問題について、生物学的に解明することを目指した研究が行われているという。こうした研究によれば、親の体験したトラウマは遺伝子レベルでその子供に、そして孫にも受け継がれていくのだそうだ(Mediumslashdot)。

様々な方法で実験用マウスに過度なストレスを与え、その後子供を生ませたところ、親マウス同様にその子供も普通のマウスに比べてストレスに弱くなることが分かったとのこと。例えば、・・・・・ 


記事全文 >>http://science.slashdot.jp/story/14/02/19/0622255/

免疫細胞を「再教育」、新療法で白血病患者88%の症状消失

【AFP=時事】患者の免疫系を利用してがん細胞を殺す「がん免疫療法」の新手法で、症状が一時的に全て消失する「完全寛解」状態が成人の白血病患者の88%に確認されたと、米研究チームが19日発表した。

 がん免疫療法は科学誌サイエンス(Science)が2013年の画期的成果だと称賛した治療法で、「リビングドラッグ(living drug、生きた薬剤)」とも呼ばれる。

記事全文 >> http://news.livedoor.com/article/detail/8557632/?http://news.livedoor.com/article/detail/8557632/

中国でエイズ発症までの期間が短縮、ウイルスのタイプ変化が原因か

 北京市協和医院(病院)の李太生教授はこのほど、中国において性行為によりHIVに感染した人がエイズを発症までの期間が短くなっていることを明らかにした。これまでの欧米の研究では、平均で8年程度とされていたが、中国では5年程度で発症しているという。中国新聞社が報じた。

続き >>  
http://news.livedoor.com/article/detail/8548231/

日本人の血液からH5N1ウィルスへの抗体見つかる

The Voice of Russia  7.02.2014, 10:13

  日本の研究グループが、ヒトの血液からH5N1ウィルスへの抗体を発見した。NHKが報じた。愛知県にある藤田保健衛生大学の黒澤良和教授らによれば、抗体は地元住人の血液から発見されたという。
   その男性は60歳。ワクチン接種のあと、反応をみると、H5N1に強い抵抗を示す抗体が見つかった。この男性は21歳以降インフルエンザへの感染がなく、ワクチンも一切受けていなかったという。黒澤教授は、人体が自ら鳥インフルエンザウィルスへの抗体を作りだせるという説を補強するものだ、と強調している。

山中教授、小保方さん称賛…「日本挙げ研究を」

(2014年2月6日08時21分  読売新聞)
 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製し、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥・京都大教授(51)が5日、読売新聞の単独インタビューに応じた。

 iPS細胞のように、さまざまな組織の細胞に変化する能力を持つSTAP(スタップ)細胞について、「ストレスをかけると万能細胞になるのは、画期的な成果。オールジャパンで研究を進めるべきで、いくらでも協力する」と話し、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)と連携する意向を示した。

 同センターの小保方おぼかた晴子ユニットリーダー(30)を称賛し、「京大iPS細胞研究所の若い研究者と小保方さんが協力すれば、細胞が受精卵のような状態に戻る『初期化』の謎について、大発見ができるかもしれない」と期待を寄せた。

佳那晃子「脳死」宣告されていた…くも膜下出血から手足動くまで回復  スポニチ 2013年9月17日

スポニチ [ 2013年9月17日 15:23 ]
 

佳那晃子
今年1月にくも膜下出血で倒れていたことが分かった佳那晃子 
Photo By スポニチ

 女優の佳那晃子(57)が今年1月にくも膜下出血で倒れ「脳死」を宣告されていたことが17日、分かった。所属事務所がファクスで発表した。 

 発表によると、佳那は今年1月10日午後10時ごろ、静岡県熱海市内の自宅で突然、倒れた。緊急搬送され「重度5のくも膜下出血」と診断。「脳死」または「良くてもフラットな植物状態」と宣告された。

 大学講師の夫・源高志氏(65)は「『奇跡が起きない限り、良くて植物状態でしょう。期待を持たないで、明日、体を取りに来てください』と。倒れる直前まで普通の会話をしていたので、訳が分からない、人ごとみたいでした」と振り返る。

 クリスチャンの源氏は帰宅し「結婚して20年、借金(4億円)を返すばかりの生活だった。いい生活をさせてやりたい。(妻に)あと20年(時間を)下さい」と朝まで祈った。

 翌日、手術が可能な状態になり、10時間のオペ。しかし3月になっても「フラットな植物状態」から回復の見込みはないと診断された。

 それでも懸命な治療の結果、4月になって、手を握ると握り返すなどの反応が見られるようになった。6月、静岡県内のリハビリ病院に転院。現在は命の危機からは脱し、源氏によると「声を掛けると、目を開ける」「足をくすぐると、動かす」までに回復。「先日は『自分で右手を動かしてください』と言われ、右手を動かした」と意識障害も減少してきた。

 源氏らがかける言葉も理解している。まだ話すことはできないが、次のリハビリの段階は「自分の意識で何かをすること」になる。

 源氏は「医者に言わせると、3つも4つも奇跡が起きた」と語り「最終的に歩いて(家に)帰らせるのが目標。1年かかると言われています。お金がない状態で、こうなってしまったが(妻には)オレしかいない」と週5日の献身的な看病を続ける。

 佳那はネフローゼ症候群で4年間の闘病生活を続けていたが、2009年に女優復帰。現在の所属事務所に移籍して1年半。またも“悲劇”に見舞われたが、今度も病気を克服する。


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/17/kiji/K20130917006635240.html 

最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/