(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」見物メモ=非信者。

幸福の科学アンチのポンキチが信者に成りすましたブログをやっていた https://0w.blog.jp/archives/85173567.html
虚言癖で有名な ポンキチの現在のアカウントは鈴木悟という変名 https://0w.blog.jp/archives/85153853.html

くる病:乳幼児に増える 母乳、日光浴不足、食事が要因

毎日新聞 2014年05月02日 11時00分(最終更新 05月02日 13時04分)

重度のO脚でくる病と診断された男児=北中幸子准教授提供
重度のO脚でくる病と診断された男児=北中幸子准教授提供

 栄養不足の時代に多かった乳幼児の「くる病」が最近、増えている。紫外線対策の普及や母乳栄養の推進などが複合的に関係しているという。専門医は「くる病は母乳で育っている子どもに多く、特に注意してほしい」と呼びかける。

 くる病は、ビタミンDが極端に不足することで血中のカルシウム濃度が下がり、骨の変形や成長障害などを引き起こす。歩き始める1歳以降、足に負荷がかかってO脚になりやすい。



続き>>http://mainichi.jp/select/news/20140502k0000e040190000c.html
 


WHO報告書 抗生物質効かなくなっている

WHO報告書 抗生物質効かなくなっている

WHO報告書 抗生物質効かなくなっている

写真拡大

 WHO(=世界保健機関)は先月30日、これまで有効とされてきた抗生物質が細菌の進化により、世界各地で効かなくなってきているとする報告書を発表した。

 例えば、ある種の肺炎の治療に効果があるとされてきた特定の抗生物質は、今では患者の半数以上について効かないという。WHOは、対応策をとらなければ「これまで治すことができた感染や小さなケガでも死に至るようになる」と警告している。
 http://news.livedoor.com/article/detail/8790443/

小保方さん論文調査委、新たに3人加工疑惑 研究者5人中4人が調べられる側に

 STAP細胞の論文問題で、小保方晴子氏(30)の不正を認定した理化学研究所(理研)調査委員会の委員3人の過去の論文に、画像切り貼りなど加工の疑いが指摘されていることが1日、明らかになった。理研は、所属委員の論文について、本格的な調査が必要かを判断するための予備調査を始めた。同様の論文加工で委員長を辞任した石井俊輔上席研究員(62)を含めると、当初の調査委員の研究者5人のうち4人の論文に疑いが浮上する異常事態となった。

 泥沼状態だ。調査するはずの委員たちが、予備とはいえ調査される立場に。4月25日に委員長が辞任したばかりの“小保方氏調査委”に、新たな論文加工疑惑が浮上した。

続き >>  http://news.livedoor.com/article/detail/8794691/

STAP細胞:辞任の石井委員長「1画像順番変えただけ」

毎日新聞 2014年04月25日 13時39分(最終更新 04月25日 14時05分)

一部抜粋 記事全文 >> http://mainichi.jp/select/news/20140425k0000e040256000c.html

 ◇「小保方氏は2画像を混ぜ、大きさも変え」と釈明

 「調査委員会から身を引くことが賢明と判断した」。新たな万能細胞「STAP細胞」の論文を巡る問題は25日、研究不正を認定した調査委員会トップの石井俊輔・理化学研究所上席研究員が自らの論文への疑義で辞任するという異例の事態に発展した。

(中略)

 石井氏が「不正はない」とコメントした「画像の切り張り」行為は、STAP細胞論文の調査では、小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダーが「きれいに見せたいという目的で行われた加工」をしたとして、改ざんに当たると認定した。小保方氏の「加工」との違いについて、石井氏は「自分(の論文)は1枚の画像の順番を入れ替えただけ。小保方氏は二つの画像を混ぜ、大きさも変えている」と釈明したという。(中略)
【相良美成、大場あい、吉田卓矢】

がん患者:診断後1年以内に自殺…危険性は他の20倍

毎日新聞 2014年04月22日 12時03分(最終更新 04月22日 20時16分)

 病気と自殺の関連に着目した初の大規模疫学調査で、9府県に住む40〜69歳(調査開始当時)の約10万人を、2010年末までの約20年間追跡した。 がんと診断された患者が診断後1年以内に自殺する危険性は、がん患者以外の約20倍に上るとの調査結果を、国立がん研究センターの研究班がまとめた。1年以上たつと差がなくなり、研究班は「診断間もない時期は、患者の心理的ストレスや環境の変化などに特に注意する必要がある」と分析する。

 その結果、追跡期間中に561人が自殺で亡くなり、うち34人はがんと診断されていた。がん患者以外の人が自殺する危険性を1とした場合、診断後1年以内の患者の危険性は23.9に上り、1年以上たつと1.1に減った。自殺が相当数含まれていると考えられている事故などの「外因死」の危険性も、診断後1年以内は18.8、1年以上は1.2と、同じ傾向だった。

続き >>  http://mainichi.jp/select/news/20140422k0000e040208000c.html

最新記事
記事検索
当ブログのなりすましに注意。―外部で (ΦωΦ) へ(のへの)名を使うことはありません。アンチHSで「ぽん吉」「香車椪吉」「心、悠々」「子豚のポッピ」等、多数のハンドル名を用いる醜悪な人物が、当ブログ名・ハンドル名を使ってネット各所で執拗に荒らし行為を継続しています。(2016年11月から)2020年10月現在、5ちゃんねるやブログでまだ成りすまし中。
関連記事リンク
http://0w.blog.jp/archives/75448617.html
http://0w.blog.jp/archives/67323492.html
http://0w.blog.jp/archives/68157554.html
兄弟ブログのトピック https://1cc.weblog.to/