カテゴリ

カテゴリ:幸福の科学(HS)

カテゴリ:
馬鹿アンチが下記トピックにコメント入れてきた

HS教祖を詐欺という元信者種村修氏も詐欺行為を続けていたんだよ
1. 人間 2017/09/07 21:07
あんたバカなん?
正常な思考回路を有している人間ならば、大川が仏陀ではないことは一目瞭然。
てか、人間としても極めてレベルの低い種類に属してるって気付けよ( ´△`)
私はHS(幸福の科学)の教祖・教義に対して批判的な人間である。その私に向かって、この馬鹿アンチが何をほざいているんだろう? (下らん内容でわざわざコメント入れるほどだからアンチとみなす)
当該記事程度しか読んでいないのだとしても、そこで私はHS教祖が仏陀であるようなことは書いていないし(書くわけ無いが)人間性についても触れていない。ただ元HS職員だった種村修氏もカウンセリング詐欺をしていたと、その方法などを書いただけだ。
こういう理屈の分からない馬鹿アンチが偉そうに口を出して間抜けぶりを発揮する。コメント入れてきた当の本人が「正常な思考回路を有していない」と「一目瞭然」。
  

カテゴリ:

幸福の科学出版リバティ8月15日の記事を今ごろ読んだ。
「終戦の日に幸福実現党党首らが靖国神社を参拝 英霊の御魂が望むこととは?」
https://the-liberty.com/article.php?item_id=13382


旧日本軍は自国の兵卒をも簡単に殺すカルト宗教的侵略軍だった。英霊は「幸福実現党」の間違った戦争認識に怒っているだろう。この記事には、
【大東亜戦争は、祖国の防衛と、欧米列強からアジア・アフリカの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くための"聖戦"だった。】と書いてある。

もちろん詭弁である。幸福の科学教団は認めたくないとしても、実際の日本は侵略国だった。欧米人から植民地を奪って日本帝国の植民地に作り変えていただけだった。八紘一宇というスローガンの元、宗主国を気取った日本帝国の軍隊がアジア各地で行ってきた残虐な仕打ちを見れば分かることだ。日本人優位の人種差別政策をアジアに拡大する戦争だった。アフリカのことなど大東亜戦争とは関係が無い。

ただこれらの国の奪い合いで元の支配層を破壊した日本軍までがほぼ全滅し、植民地国にも独立するチャンスがめぐってきたということなのだ。日本軍は解放した訳ではなく占領に失敗したのであり、新独立国家が自分たちで勝ち取った栄光だ。それを日本が救世主であるかのように自画自賛して正当化するような、恥ずかしい人間になってはならない。

日本の敗戦後も、植民地独立のために現地の人たちと協力する日本兵がいた例はある。それは捕虜になるより玉砕せよと洗脳された軍人たちが戦闘をやめなかったということもある。すでに日本に支配力は無い。それを分かった上でお互いの敵を相手として戦った。
また、日本軍の中にもごく僅かではあるが本当に植民地独立のために働きたいという人が存在したということである。日本の大本営としてやってきたことは始めから無謀な侵略であったが、軍隊には様々な人たちが召集されていたのだから、敗戦後もアジアの未来のためにと戦った人も中にはいた。それは稀有な存在だった。その人たち個人をほめるのなら理解もできるが、傲慢で残虐な侵略行為を繰り広げた旧日本軍そのものを聖戦の名の元で祀り上げてはならない。それでは自国民をも迫害した日本帝国という亡霊の宗徒となるだけだ。

悪しき自国の歴史を反省して更生しなければ、真の愛国精神は育たない。
(一愚人より)
  

カテゴリ:
以前テレビで清水富美加さんの自宅が紹介されたことがあった。「メレンゲの気持ち」という番組で、2015年7月18日の放映だったそうだ。「女優の自宅」なるwebページがあり、画像が貼られていた。jitakukoukai.com/?p=762

自宅といっても所属会社(芸能事務所)の寮だ。6畳ほどの部屋に2段ベッドを置いてあり、そこで4人が暮らしていたらしい。番組の動画も探して見た。個人のスペースがかなり狭い。翌年2016年にやっと一人暮らしをはじめたという。所持品はとても質素だったようだ。
清水富美加さんは人気があっても事務所の待遇が悪かったそうだ。私は芸能関係について無知なので、そういう事情は全く知らなかった。仕事を何年もがんばって活躍していてもこういう状況で、個室すら持てなかった。なるほどね。事務所はいろいろとえらそうな事を言っていたが、実際につい最近まで貪欲に使い倒していた事実があるではないか。

彼女の前に同じ事務所から独立をした若い女優も大変だったという。本名を取られて使えず「のん」と改名した人。NHKの連続ドラマ「あまちゃん」の主役で人気があったらしいが、見ないのでちっとも知らなかった。清水富美加さんの件で、はじめて悪徳な面がある事務所だと知ることになった。
のんさんはそのあと事務所の汚い裏工作のために、なかなか仕事につけないできたらしい。近頃になって、戦争時の暮らしを描いたアニメ作品では主役の声優をつとめ、高い評価を得たと聞いた。努力がすべて実るものでは無い。でも頑張って才能を発揮している人たちにはそれなりの待遇を与えてほしいものだ。

フミカさんについては、幸福の科学教団がはじめから「出家」なんて言ったのがまずかった。彼女は激しいストレスで心身を壊して危険だったのだから、まずは仕事をやめ休養させる(実際にそうしたのではあるが)ことのみを主張するべきだったと思う。教団信者であり、仕事の契約終了期間が近づいていたので、芸能事務所も持ち事情の分かる教団側で代理人を立てて退社する。そういう主張だけで良かったろうにと思う。
なまじっか先のことである出家(教団への就職)もあるなんてことを口走るから(里山氏か?)、病気のことは度外視されて叩かれてしまった。「仕事のために自分を犠牲にして自殺しろと言うのか糞どもが」、と思ったもんだ。宗教は嫌だけど、彼女が元気になって本当に良かった。ぜんぜんファンでもなんでもないけど、夜のバラエティドラマで豊かな顔芸?をしてて面白い人だった。まあみんな、楽しくやってくれ。そして今後何かおかしいと思ったら、そのときはゆっくり考えておくれ。
  

カテゴリ:
アルゴラブさんは幸福の科学元職員で、同教団をカルトだとはっきり書いていたような気がする。そのブログ『Algorab archives』に、 日本脱カルト協会「JSCPR」に参加するという告知が上がっていた。
【ご報告】 JSCPRに参加します このたび、私もお誘いをうけうてエントリーをし、つい先日、正式にJSCPRの末席に加えて頂くこととなりました。
続き  http://algorabarchives.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

ブログはよく読んでいないけれど、今までのHS批判組の中ではいちばん落ち着いている人だろう。と言うか別格だと思う。大川教祖からの直筆の指令書みたいな、職員時代の資料を載せて説明してあるのを見たことがある(たぶん)。「アンチ」という種類に入るのかどうかわからないが、アンチ勢ではそう思っているのではなかろうか。

ただアルゴラブ氏も、批判側としてちょっとは偏見があるようだ。それが誰かのように過激になっていかないように、冷静な活動を願いたい。脱カルト協会の人たちとの付き合いで、そのへんも整理されて欲しいと思う。私のようなクズが言うのも何だけど・・w
  

カテゴリ:
幸福の科学職員になった清水富美加さん、どうも千眼美子という名は呼びづらい。
きょうネットで「さしめし」というタイトルで生配信あった。以前のように明るく元気にしゃべれてて良かった。パソコンでは受信状態が悪かったので、スマートフォンに急遽アプリをダウンロードして続きを見た。
ハートマーク50万入ったら物まねすると言ってたらあっという間に達成。小さいころの芦田愛菜ちゃん(やしろゆう風)のジョーク入りモノマネがえらく上手で笑ってしまった。ロケはペットショップ。ハート100万超え(140万)で即興の歌つくって歌い終わったら、それにつられたのか、ヤギさんがひと鳴きしてこれまた面白かったw

視聴者のコメントもたくさん入って、フミカさんは「荒れるかと思っていたが、皆さんやさしかった」と(だいたい)一言。ネットでは心無いこと書き込む者が多いので、叩かれることを覚悟してはじめていたんだな。ずっと笑顔でよくやっていた。自分は宗教活動をすることは残念だと思うけれど、持ち前のタレント性で活躍する場があるのなら、それは一人の芸能人としてがんばって欲しいと思う。

録画残してあった
  

カテゴリ:
幸福の科学信者と脱会した元信者とのやりとり①
「なぜ幸福の科学は脱会した元信者にお布施を返さないのか」という議題で長い討論が行われた後、英 @thothsk2さんが参加してきたところから始まります。

『英 @thothsk2』という人物、このtoggetterまとめで初めて見た。ぜんぜん知らんけど、以前にほんブログ村にサイト登録していた「英」と同一人物かな? ブログはたぶん一度も読んだことないけれど、どこかのコメント欄で2、3回見た。その人格とよく似ている気がするんだが、どうかなあ。まとめをざっと眺めたところでは、こりゃひどい信者に見える。

なんだよ、いつも「ざっと」しか見ない私w・・これじゃあ役に立たんなw だけど、ちょっとだけウォッチャーに逆戻りしつつある。



追記
このまとめへのコメントで
「どちらも低レベルなことがすぐにわかったので私は考えるのをやめた」(かんきち@shin_kaaan )というのがあって、妙に面白かった。

  

カテゴリ:
(06/30更新)

アンチHS=反幸福の科学。

ポンキチが投稿している「幸福の科学被害者の会」という、実は会としての実体がないアンチの掲示板を探すために検索していた。すると、あるブログ記事が目にとまった。やはりアンチのサイトから下記の引用がなされている。引用元のサイトへ飛んでその部分だけ見た(他の項目は読んでないので知らない)。こんなんだった。

幸福の科学は、カルトである
http://seek-truth.clique.jp/religion/happy_science/hs_sect_evaluation.html

ウィキペディア『カルト』より
ヨーロッパにおいては「カルト」という言葉は用いられず、社会的に警戒を要する団体を、「セクト」と呼ぶ。
1995年12月、フランス下院で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。
この報告書は、調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』ともよばれている。

幸福の科学は、『アラン・ジュスト報告書』の中でカルトとして記載されている。("Kofuku no kagaku"で検索すると、"The Cult Followers"の中に記載されていることが分かる。)
英文で分かりにくいという方は、『政府の文書によってカルトと分類された団体一覧』を見ると、フランスの中に「幸福の科学」が記載されているのが分かる。
幸福の科学の信者の中には、『現在は、カルト指定から外されている』と主張する者もいるが、その証拠はどこにも無い。したがって、証拠を示すことができない。


以上、Truth というアンチの嘘である。なぜならばフランスで「幸福の科学」がカルト指定されたことは一度も無いからだ。紹介されている『アラン・ジュスト報告書』を読んでみるといい。
上の記事はいくつかの文書を組み合わせて、あたかもフランスでそのようなことがあったかのように捏造されているだけなのだ。実際はフランスにある各種団体を「調べるため」にリストが作られたというだけだった。

Truthは「幸福の科学の信者の中には、『現在は、カルト指定から外されている』と主張する者もいるが、その証拠はどこにも無い。したがって、証拠を示すことができない。」
・・と書いている。だが元々そんな主張をする信者はいない。フランス政府からカルト指定されたことは一度も無いのだから。
本当はどうなのかと、私が調べたのはもう何年もずっとずっと前のことなので、どんなだったか記憶があいまい。ただカルト指定なんてされてなかったという事は覚えている。当時のHSフランス支部にはたった5人しか所属がなかった。そういう私の方が嘘をついていると言うのなら、証拠を挙げてみるといい。そうすると、もう一人の別のアンチが嘘をついていたという証明になってしまうんだがね。

これ、原文が外国語なので、アホな私には詳しく説明するのが難しい。それ以前にもう面倒で仕方ない。文句のある人はとにかくコメント欄に証拠を書き込んでくれるだけで良いんですよ。私の方が間違っているのなら認識を改めることになる。IPを抜かれるなんて馬鹿げた妄想する人もいるが、匿名で投稿してくれりゃあ、それが誰やら全く調べようが無いのに何を怖がっているのだろう。


あとこれも重要。フランスもある意味カルトみたいなもんで、自国の文化に馴染みのないものはカルトであるように危険視する排他的な面がある。たとえばイスラムのスカーフや水着を禁止するとか、私から見ればそういう政府の弾圧のほうがキチガイ沙汰だ。




※更新 06/18 数行修正し、途中に本題とは無関係で無駄な話題を長々とはさんでいたのを削除。コンピューターウイルスや、上のサイトからリンクをたどろうとすると別のサイトにつながった等の話など。今日確認すると一部状況が変わっていた。こちらのネット状況にもよるのかも知れないなぁ。

※更新 06/30
 宗教学者島田裕己氏の本に触れていたのを数行削除した。フランスでカルト認定された日本の宗教団体名がいくつか書かれていたこと。記憶に自信がないから保留にしておくと書いておいて良かった。私の記憶違いだった。その本を見つけたので近いうちに書き直す必要がある。島田氏が紹介していたのは「ギヤール報告書」とされていた。上に書かれている「アランジュスト報告書」と同じなのか別なのか、はじめから調べ直さないといけない。また面倒なのを引っ張り出してしまったわ。さて、このボケた頭でまとめられるかな?
  

例の一件で『幸福の科学』関係ブログへのアクセスが増えているそうだ

カテゴリ:
(02/21 更新)

[1]
HS(幸福の科学)信者さんのブログ二つ、新記事あたりを見た。フミカさんの一件があってから急にアクセスが増えているようだ。どこかに10倍になったとか書いてあった。ほかの信者さんやアンチのブログも似たような状況だろうな。掲示板『2ちゃんねる』では芸能・ニュースなどの板でスレッドがじゃかすか立っていた。ひょえー、すごい影響力だな、フミカさん。

このブログは主にブックマークとメモ用で、訪問者は手で数えられるくらい微々たるものw しかもHS関連の記事は少ししかない。それでもやはり突然アクセス増えた日があった。


アクセス   livedoor 20170219


フミカさんの話とは別に、このブログへのアクセスはどこが多いか。HS関連記事では検索で来られるらしく、種村修氏のペテンを扱ったトピックへ集まっている。・・・と言っても、うちはくずブログなので訪問者全体は少ないんだがw  
ともあれ、種村氏のペテンがちょっとは知られる効果があったかもしれない。
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

アクセス   livedoor 20170219 トップ10




[2]
何度か書いたが、掲示板『2ちゃんねる』その他で、アンチの蛇ぽん吉が私になりすまして種村ブログのいんちき記事や気持ち悪い画像を連続コピペしまくっている。それとともに、こちらのブログURLを貼って「オレは(ΦωΦ) へ(のへの)だぞー」などと必死で嘘の本人アピールを続けているようだ。面倒だから所々しか見ないけどそれも繰り返しているのだろう。
続きは『ぽん吉害』へ → http://1cc.blog.jp/archives/18178410.html

  

私の持っている真実、消されたくないので・・・清水富美加

カテゴリ:
https://twitter.com/sengen777/status/832226136788656129

C4ypOwhUMAIde2w 
  

このページのトップヘ

見出し画像
×