カテゴリ

カテゴリ:どうぶつ

カテゴリ:
うらやましい。

  

カテゴリ:
2018年06月18日 
 
 カスピ海と黒海にはさまれた国・ジョージア(グルジア)のマルネウリ市郊外で、生命の力強さを感じさせるハプニングが起こったようだ。
 舞台となったのは、太陽がさんさんと照りつけるゴミ処理場。地元の養鶏業者がここに腐った卵を何百個も捨てた。
 ところが、実はそれらの卵は腐っていなかったのだ。いい感じで温められた卵はどうなったのかというと・・・?
続き http://karapaia.com/archives/52261106.html
  

獲物を掠め取るワシと子キツネの空中戦

カテゴリ:
自分が勝ち取ったウサギを、ハクトウワシから奪われた子キツネ。必死で戦って生還。キツネくん、すごい。ウサギかわいそうだけど。

Fox Kit and Eagle
Zachary Hartje 2018/05/21 に公開
Eagle swoops in an picks up a fox kit with a rabbit in its mouth.



カラパイア 
ウサギを捕獲した子キツネを瞬時につかみ去るハクトウワシの狩りの瞬間を撮影した動画と写真
  

「帰りました。開けてください」きちんとドアをノックする猫の個体が確認される(イギリス) ーカラパイア

カテゴリ:
2018年05月17日
お外遊びができるようにしている猫の帰宅をどう迎え入れるかの対応は様々だ。猫用ドアを設置している家もあれば、猫にドンドンと窓を叩かれて家に入れるお宅もあるだろう。

 だがそれもすべては猫次第。猫は自分が好む帰宅スタイルを貫くのである。さてそんな中、イギリスで、人間のようにきちんとドアをノックする猫の個体が確認された。
267b48b3


  

カテゴリ:
2018年01月16日 08時33分
全国各地で、猫の多頭飼育による問題が発生している。2017年4月には、神戸市東灘区の市営住宅を、猫の多頭飼育による悪臭を理由として強制退去処分となったことが大きく報じられた。住人の40代女性の部屋には猫が53匹放置され、部屋には大量の糞尿、猫の死骸などが散乱していたという。部屋の窓から何匹もの猫が顔を出す様子が報じられ、日本中に衝撃を与えた。
  

カテゴリ:
3/7(水) 10:04配信 
人気のペット犬など、約400匹の犬猫を過密状態で飼育し、繁殖させていたとして、福井県坂井市の繁殖業者(ブリーダー)が3月1日、動物愛護法違反などの疑いで、福井県警に刑事告発された。
工場で大量生産するように、ペット犬などを繁殖させる繁殖業者は「パピーミル(子犬工場)」と呼ばれている。このパピーミルをめぐっては、母犬の健康面への悪影響などがあるため、専門家から厳しく規制すべきという声があがっている。はたして、どんな規制が必要なのか。(弁護士ドットコムニュース・山下真史)
  

カテゴリ:
2018年2月12日 9時39分 弁護士ドットコム
昨年12月に東京地裁で判決が下された、元税理士による「猫虐待事件」以降、動物愛護法の改正をもとめる声が強まっている。動物を虐待したり、遺棄したりする人に対する罰則を強化することを訴えるネット署名活動がおこなわれ、現在まで5万7000筆以上もあつまっている。
前東京都議の塩村文夏さんは「ペット業者の規制を強めるべき」と訴えている。業者規制をしない限り、数字上「殺処分ゼロ」になっても、行政による監視の届かない「闇」での処分がおこなわれてしまうからだという。
続き http://news.livedoor.com/article/detail/14289514/



猫虐待で執行猶予付き判決…傍聴した杉本彩さん「すごく悔しい」「現行法では限界」
2017年12月12日 弁護士ドットコム
 野良猫13匹を虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた元税理士に対して、東京地裁は12月12日、懲役1年10月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。この判決を受けて、動物愛護の啓発活動をしているタレントの杉本彩さんは、都内で記者会見を開いて「すごく悔しい。納得できない」と怒りを口にした。
続き https://www.bengo4.com/c_1009/n_7096/



リテラ 2014.11.20
『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(太田匡彦/朝日新聞出版)には、犬をめぐる悲しい現実が生々しく描かれている。
・・・専門学校の研修で別の大手ペットショップチェーンで働いた男性の証言は、さらにショッキングだ。
 研修開始から3、4日後のこと。彼は店長が生後約6か月のビーグルの子犬を〈生きたままポリ袋に入れている〉のを目撃してしまう。店長は、この研修生にこう言ったという。「このコはもう売れないから、そこの冷蔵庫に入れておいて。死んだら、明日のゴミと一緒に出すから」
続き http://lite-ra.com/i/2014/11/post-644-entry.html
  

このページのトップヘ

見出し画像
×