(ΦωΦ) へ(のへの)

ブックマーク・気が向いた時の、ちょいメモ。
たまに新宗教「幸福の科学(HS)」関連メモ=非信者。

宗教等

阿含経典による仏教の根本聖典 [単行本]増谷 文雄大蔵出版1993-10商品説明よりブッダの教えと言行を最も忠実に伝えるとされる阿含経典の中から、仏教学の権威が入念な配慮の下に精選し、定評ある流麗な訳文で、釈尊の姿を一巻の中に美事に再現した座右必備の根本聖典。単行本
『増谷文雄 『阿含経典による 仏教の根本聖典』』の画像

大法輪閣 発行 単行本: 720ページ改訂新版  第1刷昭和51年 手元にあるのは平成3年発行の第12刷で、3500円。たまに中古がネットオークションに出品されているのをみかける。阿含経から多くの題材をとっており、大乗経典まで含めて幅広く編集した聖典。非常にボリュームの
『 木津 無庵 (編) 『新訳仏教聖典』』の画像

『仏教聖典』 講談社学術文庫仏教聖典著者:友松円諦価格:1,350円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る友松氏が『阿含経』をもとにまとめられた旧著が文庫化されたもの。内容が充実している。文字が小さいのが辛いのだが、その分収録量が多いのでお買い得だと思う。文

仏教伝道協会発行の聖典。日本語はもちろん、様々な国の言語で出版されている。下の画像は和英対照版(対訳ではないらしい)。むかし読んだとき、「出家」の英文が「ホームレス」となっていて、なるほどと思った。出家とは正にそういうことなのであって、精舎(寺)は家や家

日本仏教文化協会発行 『現代語仏教聖典 釈尊篇』より第一章 道を求めて 人と生れることは難く、長生きすることも難い。仏陀の出所に出遇うことは一層困難である。 学ばぬ人は、牛の如く老いる。肉は肥えるが、智慧は増さない。 若いときに、修行を積まず、智慧の富を

日本仏教文化協会 発行 『現代語仏教聖典 釈尊篇』初版は 昭和33年。文庫本サイズ。310ページ。自分にとっては、手軽で構成が良く、翻訳も好みに合って親しみやすい。残念ながら絶版になっている。発行元の協会を探してみたが、現在は存在していないらしい。この聖典の昭
『日本仏教文化協会 発行 『現代語仏教聖典 釈尊篇』』の画像

日本語に訳された仏典を何冊か持っているんだけれど、その外函にサブタイトルのミスがあるという珍しい例。下の写真は大蔵経の『阿含部』で、左側の本「増阿含経」(一)と印刷してあるところ。本来は右側のように「増一阿含経」(一)。」 『国訳一切経』は和訳仏典の底本と
『国訳経典の外函 ミスプリント版』の画像

↑このページのトップヘ