カテゴリ

カテゴリ:あとで見る

カテゴリ:
 
 日本を覆うヘイトスピーチの嵐は、年々その強さを増している。「女性が輝く社会」を横目に「JKビジネス」も横行。いつまでもこんなことを許していてはいけない。暴力、性暴力、貧困などさまざまな理由で家に帰れない少女らに食事や居場所を提供する一般社団法人Colaboの仁藤夢乃(にとう・ゆめの)さんと、政治家の言動や、サッカーの試合会場での差別発言や差別的行為を監視・記録し、情報発信するヘイトウォッチ団体、反レイシズム情報センター(ARIC)の梁英聖(リャン・ヨンソン)さん。それぞれの分野で闘う二人が語り合った。
  

カテゴリ:
毎日新聞2017年12月25日 08時00分(最終更新 12月25日 10時16分)
 
「やらせだ」や「自作自演」まで のぞく沖縄差別
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校への米軍ヘリの窓落下事故で、同校などに「学校を後から建てたくせに文句を言うな」といった抗議電話が続いている。第二小の歴史を踏まえ、差別意識ものぞく抗議の背景を考えた。【遠藤孝康、中村かさね】
続き https://mainichi.jp/articles/20171225/k00/00m/040/109000c
  

カテゴリ:
続き https://twitter.com/ikinariTenjiku/status/888730428005171200
  

カテゴリ:
2015年6月27日 11:56サクッとニュース報道圧力問題百田尚樹人気記事

9秒でまるわかり!
・1925年当時、普天間飛行場の土地は村役場もあり、住民は約9千人
・沖縄戦中、住民が収容所に入っているうちに米軍が占領し建設した
  

カテゴリ:
  

カテゴリ:
  

カテゴリ:
後藤 和智「後藤和智事務所OffLine」代表
2017.06.23

いまだに肯定的に語られる「ヤンキー先生」像
2017年6月、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」への利益供与問題で、それを内部告発した文部科学省の職員に対し、義家弘介・文部科学副大臣が国家公務員法(守秘義務違反)での告発を考えていると答弁したことが報道されました。
(中略)

ただこれらの批判の中で私が引っかかったのは、義家がいまだに「教育を変えるために政治家になった熱血教師」的な認識をされているということです。

義家が政治家になったのは2007年の参議院議員選挙ですが、当時から義家が本当にそういった「熱血」な動機で政治家になったとは思えませんでした。

私は2008年と2009年に他の同人サークルと共同で義家を批判する同人誌を刊行しましたが、義家は政治家になる前からいろいろと問題を起こしてきたと言えるのです。
  

カテゴリ:
  

このページのトップヘ

見出し画像
×