カテゴリ

カテゴリ:ブックマーク

カテゴリ:
NHKで放送された「告白~満蒙開拓団の女たち~」先日これを見てショックを受けていた。
その黒川開拓団の被害女性を別に取材していた作家さんの記事が掲載された。

満州・黒川開拓団「乙女の碑」は訴える
平井 美帆 ノンフィクション作家
    
敗戦とともに崩壊した「満州国」では、地獄絵図としか表現しようのないほど、飢えと暴力、そして絶望が蔓延した。孤立無援の満洲開拓団は次々と、集団自決に追い込まれていった。

そのとき、ある開拓団の男たちは、ひとつの決断を下した。現地の暴民による襲撃、ソ連兵による強姦や略奪から集団を守り、食料を分け与えてもらう代わりに、ソ連軍将校らに結婚前の乙女たちを「性接待役」として差し出したのだ。

犠牲となった「彼女たち」は、日本への引き揚げ後もこの忌まわしい記憶をずっと胸の内にとどめていたが、70年が経ち、その重い口を開いた――。ノンフィクション作家・平井美帆氏の特別寄稿。


ひどい話だ。若い娘たちに性接待をさせていた日本人のある男は、戦後にはその被害女性に対してまた性的な侮辱をしていたというからおぞましい。そして思うのは、日本軍も侵略した国で女性を強姦して回っていた事実。哀れな女性たちを連れまわして慰安婦にしていた事実。男の性というものが本当にけがらわしく感じる。
  

カテゴリ:
戦慄の記録 インパール
 総合 8月15日(火) 午後 7時30分~8時43分 
樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇
  総合 8月14日(月) 午後 8時00分~8時43分 
731部隊の真実  ~エリート医学者と人体実験~
  総合 8月13日(日) 午後 9時00分~9時49分 
本土空襲 全記録
  総合 8月12日(土) 午後 9時00分~9時49分 
原爆死  ~ヒロシマ 72年目の真実~
  総合 8月6日(日) 午後 9時00分~9時49分 



「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」
8月12日土曜 NHKEテレ1 午後11時00分~ 午前0時00分



8月5日土曜 NHKEテレ1 午後11時00分~ 午前0時00分
「告白~満蒙開拓団の女たち~」




8/21
優れた記録を続々放映してくれている。
まだ一部しか見れていない。家庭で簡単に録画できる時代って本当にありがたい。

  

カテゴリ:
https://twitter.com/hirokoinokuma/status/880385362673115137
  

カテゴリ:

反響多数あり。水溶性のため、メダカ・エビなど全滅した例も。
https://twitter.com/knightofchrome/status/880205063754469376
  

カテゴリ:
  

カテゴリ:
2017年06月30日 16時31分 佐賀新聞
 ミツバチの大量死との関連が指摘される「ネオニコチノイド系」と呼ばれる農薬を、農場周辺で検出されたのと同程度の低い濃度でミツバチに与えると、寿命が2割ほど短くなったり女王蜂の数が減ったりしたとの実験結果を、カナダのチームが30日付米科学誌サイエンスに発表した。
 ネオニコチノイド系農薬は日本を含む世界各地の農地で広く使われている。現実に近い条件の実験で、農作物の受粉を担うミツバチに深刻な影響が確認されたことで、使用規制を求める声が強まりそうだ。
続き http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/442376
  

カテゴリ:
2017年8月20日 9時4分 読売新聞

 親が出生届を出さずに「無戸籍」となっている人が、2014年以降の法務省の調査で1403人確認され、このうち約半数が今年7月時点でも無戸籍のままであることが分かった。

 救済手続きの煩雑さや周知不足が無戸籍解消の足かせになっているようだ。行政が把握できていない例も含めると、無戸籍の人はさらに多数に上るとみられている。
続き http://news.livedoor.com/article/detail/13495776/
  

カテゴリ:
毎日新聞 2017年8月17日 13時06分(最終更新 8月17日 13時20分)

 厚生労働省は17日、2016年度に全国の児童相談所(児相)が対応した児童虐待件数は、前年度比18.7%増の12万2578件(速報値)だったと発表した。1990年度に統計を取り始めて以降、26年連続で増加した。近年、子どもの前で親が配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」が虐待として認知され、警察からの通報が増える傾向が続いている。(中略)

 また厚労省の専門委員会は、15年度に虐待で死亡した子ども(心中を除く)の分析結果も公表した。今回初めて、都道府県などが「虐待による死亡と断定できない」と報告した12人の事例も含め調査した。専門委は12人のうち8人について「虐待死」と判断。虐待死した子どもは計52人で、0歳児が最多の30人(57%)、主な加害者は実母が26人(50%)、実父が12人(23%)などだった。

  

カテゴリ:
HuffPost Japan  |  執筆者: 中野渉
投稿日: 2017年08月18日 21時14分 JST 更新: 2017年08月18日 21時28分 JST

ロックバンド「爆風スランプ」のドラマー、ファンキー末吉さん(58)が8月18日、日本音楽著作権協会(JASRAC)がライブハウスから徴収した著作権料の作曲者らへの分配を適正にしていないなどとして、調査と業務改善命令を出すよう求める上申書を文化庁に提出した。
続き http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/17/sueyoshi-comdenns-jasrac_n_17773358.html
  

カテゴリ:
近頃見たニュース4件

対馬にカワウソが生息していた! テレビでビデオを見た。何十年か前に四国で観察されたのが最後だったと思う。それが長崎県の対馬で発見されたというから嬉しい。ネットにもニュース上がっていたので見ると、38年ぶりに観察されたのだとか。ニホンカワウソかどうか、確実なデータをとるための調査をされているらしい。大陸系であっても、自力で海を渡ってきたのならそれでも良いと思う。捨てられたペットでないように願う。
その他の地域でも目撃証言は何件かあるが、糞などが発見されていないため証明はできなかったという。もっと各地に生き残ってくれてたら良いのにな。

ニホンカワウソか 長崎・対馬で撮影 野生下で38年ぶり
毎日新聞2017年8月17日 11時15分(最終更新 8月17日 20時30分)

 長崎県・対馬で野生のカワウソを撮影したと、琉球大の伊沢雅子教授(動物生態学)が17日、発表した。絶滅したニホンカワウソの生き残りであることも否定できないが、伊沢教授は「大陸に分布するユーラシアカワウソが約50キロ離れた朝鮮半島から海を渡ってきた可能性も高い」と指摘。野生下での撮影は、1979年に高知県須崎市でニホンカワウソが撮られて以来38年ぶり。環境省は調査を始めた。


国内にカワウソ、38年ぶり 対馬で…絶滅種と別か
[2017年8月17日12時17分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/news/1873447.html


長崎・対馬にカワウソ=国内で38年ぶり確認-琉球大
(2017/08/17-12:31)時事通信


絶滅種の生き残り? カワウソの生息 長崎 対馬で確認
8月17日 19時39分 NHKニュース
ことし2月、長崎県の対馬にカワウソが生息しているのを専門家の研究グループが確認していたことがわかりました。5年前に絶滅種に指定された「ニホンカワウソ」の生き残りの可能性がある一方、韓国から海をわたって住み着いた可能性があると指摘していて、今後、環境省がさらに詳しい調査と分析を進める予定です。


コウノトリ全国の空に
時事通信 / 2017年8月12日 17時43分
国の特別天然記念物コウノトリが今月、秋田県仙北市に飛来したことが分かった。2005年に放鳥を始めて12年。これで全国47都道府県で飛来が確認された=11日午前、同市(遠藤英之さん提供)
国内のコウノトリ、野生は絶滅。人工飼育して地道に環境整備を行ったのち放鳥。その後日本各地で観察されるようになっていた。頼もしいことだ。動物園での飼育はかわいそうだという意見もあるが、こうして種の絶滅をふせぐ役割も持っている。


あとは残念なニュース
天然記念物“奈良のシカ” 1頭目を捕獲し殺処分
8/17(木) 19:16配信 毎日放送

 食害対策として天然記念物「奈良のシカ」の捕獲に乗り出した奈良県が17日、1頭目を捕獲したと発表しました。
 奈良市一円に生息するシカは天然記念物「奈良のシカ」としてこれまで保護されてきましたが、市の郊外では田畑を荒らすなどの問題が出ています。そこで奈良県は特定の区域に限りシカを捕獲・殺処分することを決め、先月31日に罠を設置しました。
狼が絶滅せず生き残ってくれていたら、また違うんだが・・・

2017.8.14 11:12 産経ニュース【動画あり】
中学校に白いヒグマ 色素欠乏の「アルビノ」の個体か 北海道下川町
   北海道北部の下川町で「白いヒグマ」が目撃された。同町役場によると、目撃された9日から6日目の朝となった14日午前も逃走中という。同町は「猟友会や研究者の方とも話したが、突然変異で色素が欠乏した『アルビノ』の個体とみられる」(森林総合産業推進課)と話している。

熊は町中に出てきたら殺される。かわいそうなんで捕獲して山奥に放されることもあるが、県境を越えて別の自治体に入り、抗議を受けた例もある。狭い日本。どうにかならんものか。



  

このページのトップヘ

見出し画像
×