カテゴリ

カテゴリ:資料など

カテゴリ:
「里親家庭の4分の1が不調」という関連記事について検索していたら、ある漫画家さんのブログがあった。
不調による措置解除【里親制度】テーマ:里親制度と虐待
こちらの記事で頂いたコメントの転載です。
以前毎日新聞に「里親家庭:4分の1、不和で解除 専門家「養育支援重要」 なじめぬ里子も多く」という記事が掲載されていました。その4分の1、不和で解除という部分の資料に関するものです。興味深いものなので転載し紹介致します。
その資料はまたの機会に読むとして、それよりもこのブログ記事に寄せられたコメントが驚くべきものだった。ここに改行を加えて無断で記録しておく。


1■里親 shin 2013-03-29 05:50:53 

私たちは里親登録されているものです。乳児(0歳児)の短期養育等を経て今回長期の話が来ました。来月年中で入園する子です。交流する施設は35KM離れた車で1時間の施設です。委託の際には幼稚園は辞めてもらって半年から一年は家庭に馴染むことを優先させてもらうと児相から言われました。

子供に会ってみると友達と一緒に幼稚園に行きたいとはっきり意思表示していました(私達との関係には問題は無い)。私は妻と相談して児相担当に事情を説明したら、その上司が逆上して出てきて、児相は紹介してやったのだから絶対引き取れ、何年かけても引き取れ、それが出来ないのなら里親辞めろとまで強要してくるんですよ。

その時その上司(50代女典型的フェミ、田○陽子を落とした感じの容姿)は「施設の子にまともな子なんかいないんだから、委託された家族は必ず不幸な方向に向かうのだから、私だったら絶対里親なんかしない」とまではっきり言ってのけました。

私は家庭優先は当然だが、この子の場合はその様に切実に訴えているのになぜ子供を不安定にしてまで今、あえてそんなことするのか?と問いたところ「子供のことは児相が決める里親が一々口出しするな」と言われました。

私自身はそれとは別の近くの施設で実子を連れて子供たちに勉強や自転車の乗り方教えたりしているのですが皆言う事聴く良い子(たまには悪いこともするよ、私も怒る時あるし)ですよ。誰が親との交流があって誰が無いのかも把握しているし。その子達の事を先のように言ってのけた児相のそのばあさんが許せません。

後統計の数字は細工されていますよ。例えば委託率は毎年年度末のデータを取るのですが、その次期に一斉に長期、短期、交流に出して、数字だけは上げて成績を残すそうです(なんと児相の部長が里親会で言いました)。不調で返された子の割合もいろいろな人の思惑が絡んで変化していると思います。
一部の児相職員にとっては子供は施設にぶち込めばそれでお終い、意見してくる里親はうざいんでしょうね。
  

カテゴリ:
ストップ・ザ・ドクハラ ―医者のハラスメントに患者はどうすべきか
土屋 繁裕  (著)

内容(「BOOK」データベースより)
医者の暴言&悪態=ドクハラを患者の目線で論じたドクハラ対策マニュアル登場
巷で横行する医者による患者へのハラスメントすなわちドクハラ(ドクターハラスメント)。そのドクハラの名付け親であり現場の一医者である土屋繁裕氏が、新聞やテレビで呼びかけて集まったドクハラ体験談約400例をもとに、その傾向と対策を分析。現役の医者が患者の目線で考えたドクハラ対策マニュアル本が発売

単行本: 257ページ
出版社: 扶桑社 (発売日: 2003/06)

  

李信恵さんVS在特会 大阪高裁・控訴審判決で、民族差別と女性差別の「複合差別」が認定

カテゴリ:
DC4DhmMV0AAnvDt



 李信恵 이(리)신혜‏ @rinda0818
 22日の対「保守速報」本人尋問にも多くの支援者の人がかけつけて下さり、嬉しかったです。いつも本当ににありがとうございます。尋問に備えるため京都に行く度に辛かった。でも、そこには自分以上に私の痛みを受け止めてくれる代理人たちがいました。
 https://twitter.com/rinda0818/status/877907078366470144


 李信恵 이(리)신혜‏ @rinda0818  
 19日に良い判決があったので、22日も頑張りました。ひどいことを云われる覚悟はしてたし、めちゃめちゃ辛かったです。でも、それより今日の裁判の傍聴に来てくれた人がしんどい思いをしないんやろかってことをずっと思ってました。痛みを共有させて申し訳ないな。
https://twitter.com/rinda0818/status/877908972207915008


 李信恵 이(리)신혜‏ @rinda0818
 今日(もう昨日か)裁判の傍聴にかけつけてくれたみんなというか、ずっと裁判を一緒に闘って来てくれたみんなにありがとう。19日のように良い判決が出ることが、支えて来てくれたみんなへのお返しになると思う。必ず勝つね。判決が出る前も、出た後も。また路上で会いましょう。
https://twitter.com/rinda0818/status/877912668346044418

  

カテゴリ:
  

「にっこりーな」と6色レインボーフラッグ

カテゴリ:
このレインボーフラッグって、何で6色なのか初めは分からなかった。虹なら一般的に7色で表現されそうだから。昨年、大阪市の冊子「KOKOROねっと」を見て、それぞれの色に意味が込められていると知った。それが六つだったんだな。人間の多様性を守るという思いが込められていると書かれていた。
「にっこりーな」の 頭、ターバンのように見えたけど髪の色らしい。キャラクター全体の彩り、ここにも6色レインボーが取り入れられているようだ。



KOKOROねっと2016年12月号より
にっこりーな KOKOROねっと
6色レインボーフラッグ
  

このページのトップヘ

見出し画像
×