2020年06月05日
 アメリカが、新型コロナウイルスによるパンデミックを迎えて間もない3月下旬、外出制限を余儀なくされたおばあさんのために一生懸命おつかいをする1匹の犬が、コロラド州にいた。

 犬はおばあさんの隣の家の飼い犬で、10年以上も付き合いがある飼い主がおばあさんの自己隔離中、不便がないようにと犬を使っておつかいを頼むことを思いついたという。

 キュートな犬の賢明な姿に、おばあさんは心がとても癒されたようだ。『KKTV11』などが伝えている。
続き http://karapaia.com/archives/52291491.html