10日間救急治療室で患者を診た医師の見解
The New York Times 2020/04/24 16:10
肺炎症状が出ているのに、息切れ感じない ー 患者が「息苦しさ」を感じて病院を訪れる時には、肺炎がかなり進行している可能性がある。

私は30年間救急医療に携わっている。1994年には、挿管法を指導する画像システムを考案した。呼吸を助けるための管を挿入するプロセスを指導するものだ。これを契機に私は挿管法のリサーチを行うようになり、その後、過去20年は世界各地の医師たちに向けて気管処置の講座を行っている。

3月末、新型コロナウイルス感染患者がニューヨークの病院にあふれ返るようになり、ベルビュー病院で10日間、ボランティアで支援にあたった。この間私は、このウイルスによって致命的となる肺炎の早期発見ができていないこと、そして患者を、人工呼吸器を使わずに回復させるための方法がもっとあるはずだと考えるようになった。
続き https://toyokeizai.net/articles/-/346423