2020.02.07 07:00  女性セブン

 36人が亡くなり、33人が負傷した京都アニメーションの放火殺人事件から半年。現場となった第1スタジオは、高く組まれた足場とグレーの防音シートで覆われ、この1月から解体工事が始まった。
 殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41才)は全身に重度のやけどを負い、大阪府内の病院から京都市内の病院に転院し、治療とリハビリに当たっている。

「犯人には何の感情もありません。考えたり思ったりしても何の意味もありませんから」
 そう話すのは、事件で犠牲となった津田幸恵さん(享年41)の父・伸一さん(69才)。
続き https://www.news-postseven.com/archives/20200207_1540085.html