香取啓介 2019年6月8日16時00分

 米ニューヨーク・マンハッタンの北東イーストハーレムに面したセントラルパークに、空っぽの台座がぽつんとたたずむ。昨年4月、騒然とする中、台座に立っていたブロンズ像は、ロープがかけられ、撤去された。
 ジェームズ・マリオン・シムズ(1813-83)。南部サウスカロライナ州生まれの医師で、「現代産婦人科の父」と呼ばれる。

 当時の女性は、低年齢や栄養不足が原因で、出産で膣(ちつ)に穴が開く「膣瘻(ちつろう)」(フィスチュラ)という症状に悩まされていた。便や尿が漏れるほか、感染症にもかかりやすくなり、働くこともままならない。

 女性の尊厳や生活の質に関わる症状で、アフリカなど途上国では現在でも数百万人の女性が苦しんでいるが、当時は治療法がなかった。シムズは器具を開発し、フィスチュラの手術を確立した。〔中略〕

ところが彼の功績には、像では語られない負の面があった。
続き https://www.asahi.com/articles/ASM5T224XM5TUHBI002.html