アマゾンでは昔ながらの暮らしをしている部族が幾つも確認されている。彼らの生活を乱す者が侵入しないよう、政府から慎重に保護されている。21世紀のいまでも未確認の部族が発見されるというのが驚きだ。


2018年8月23日 17時37分
南米ブラジルのアマゾンで、先住民の保護に当たる政府機関は、これまで確認されていなかった部族の姿を撮影することに成功したと発表しました。
映像は、先住民の保護に当たっているブラジルの政府機関「国立インディオ基金」が21日、公開したものです。
場所はアマゾン奥地の、ペルーとの国境付近で、ドローンを使って撮影されました。
映像では、森の中で弓矢のようなものを持って歩く、複数の人の姿が捉えられています。