2018年5月30日 21時42分(最終更新 5月30日 21時42分) 速報
 静岡県立こども病院(静岡市葵区)は30日、2月に約900グラムで生まれた女児の心臓カテーテル手術に成功したと発表した。同病院によると、1000グラム未満の超低出生体重児への心臓カテーテル手術の成功は国内初。記者会見した坂本喜三郎院長は「リスクの高い手術だったが、成功したことで今後は同じ症状を持つ子供も元気になる可能性が高くなった」と評価した。
続き https://mainichi.jp/articles/20180531/k00/00m/040/144000c